もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

定期的な運動で脳がデカくなる!!

f:id:shimoshi-kentaro:20171201134457j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

人間が生きる上で最も重要な組織である”脳”

非常に重要な組織であるものの、加齢とともに脳の健康状態も低下していきます。

40歳以降は10年間で5%程大きさが小さくなっていくとも言われています。

 

脳が小さくなってしまってはもちろん記憶などに影響が出てきてしまいます。

歳のせいで記憶が曖昧に…なんて方は、脳が小さくなっているのかもしれません。

 

そんな脳の大きさに関してですが、運動を行うことで脳が大きくなりそうです。

 

運動で脳がどう変わるのか調査

これまで行われた動物実験では、運動によって脳の記憶に関係する海馬の大きさが大きくなることが報告されてきました。

そこでオーストラリアの研究者らは、有酸素運動によって”ヒト”の脳の大きさにどの様な影響を及ぼすのかを調べました。*1

 

過去に行われた14件の研究を元に解析を行いました。

対象者は24~76歳(平均66歳)の男女737人。

中にはうつ病や統合失調症などの精神疾患の患者も含まれました。

 

運動内容はエアロバイクやランニングマシンを使った有酸素運動など。

実験の期間は3~24ヶ月で、週に2~5回の有酸素運動を行いました。

普通の有酸素運動を定期的に、ある程度長期的に継続した状態ってことですね。

 

この様な運動を行なったあとに、脳をスキャンして脳の大きさに影響があるのかを調べました。

 

運動で海馬の左側のサイズが大きくなる

さて、脳をスキャンした結果、海馬全体の大きさは変わらなかったようですが、

海馬の左側の大きさが大きくなった

という結果が見られました。

 

海馬は記憶に関係する部分なので、物忘れが減ったり…なんて効果が期待できるかもしれません。

まだまだ研究が必要ではありますが、現時点でも運動が脳に良いということは言えそうです。

運動は加齢とともに弱っていく海馬の機能・大きさを維持し、脳・神経の健康にも役立つ可能性がありそうです。

 

今後の研究で、

  • 筋トレを行なった場合はどうなのか?
  • どれくらい運動を行えば良いのか?
  • どれ位の期間運動をしないと元に戻るのか?

などに関する研究が行われるのではないかと思われます。

また、それらの研究が認知症やアルツハイマー病の予防や改善に役立つかもしれません。

今後の研究にも注目です。

 

脳のために運動をしましょう

以前、暗記をしたあとに運動を行うと記憶が定着しやすくなるという記事も書きましたが、やっぱり運動は脳の健康に良さそうです。

とりあえず、

脳が老化する40歳前くらいからは運動をしましょう

ってことですね。

 

他にも運動で脳が大きくなるという報告が

他にも脳と運動については報告があり、米国ニュージャージー州で行われた研究の場合、多発性硬化症患者を対象に週3回30分の有酸素運動を3ヶ月間継続したところ、海馬の体積が16.5%増加し、記憶能力が53.7%改善したという報告もあります。*2

 

また、オランダの大学などで行われた研究によると、軽度認知障害の人に有酸素運動を行なったところ、海馬の体積が明らかに増加したという報告があります。*3

 

さらに、高齢者を対象に行なった研究によると、日々の有酸素運動によって海馬の体積が増えたという報告もあります。*4*5

 

これらの研究を見ても、有酸素運動が脳に良い影響を与えるというのは間違いなさそうです。

私もそろそろ30代半ばに差し掛かろうとしていますので、脳の健康の為に筋トレばかりでなく有酸素運動でも始めようかしら。

 

参考文献

運動で脳容量が増加する:世界の最新健康・栄養ニュース