もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

美尻のためには足幅を広げたスクワットを!

f:id:shimoshi-kentaro:20171204134000j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事ではスクワットの足幅の違いによるお尻の使われ具合について書いています。

 

下半身の代表種目スクワット

最近は美尻ブームで”お尻”を鍛えることに注目が置かれています。

スクワットもお尻を鍛えるのに有効な種目です。

ただ、何気なく行ってもお尻には効果は出ません。

美尻を目指すならスクワットは深くしゃがめ!の記事のように、お尻を鍛えるためにはしっかりと深くしゃがまなければなりません。

 

また、スクワットのしゃがむ深さだけでなく、足幅によってもお尻の使われ具合が変わるとされています。

お尻を鍛えたいという方は、足幅は広くしてスクワットを行う方が良さそうです。

 

スクワットの足幅を広げるとお尻が効きやすくなる

スクワットの時には足幅を変えることで太ももの特定の筋肉が使われやすくなるとされています。

そこで、イタリアのパドヴァ大学の研究グループは、スクワットの足幅と筋肉の使われ方について実験を行いました。*1

十分な筋トレ経験のある6人を対象に、

  • 狭い足幅でのスクワット
  • 足幅を肩幅に広げたスクワット
  • 足幅を最大に広げたスクワット

以上3つの足幅のスクワットを、

  • 負荷なし
  • 30%の負荷(30%1RM)
  • 70%の負荷(70%1RM)

以上の3種類の負荷で行ってもらいました。

 

その結果、足幅を広げて行うとお尻の筋肉が明らかに使われやすくなることがわかりました。

ちなみに太ももの前、後ろ、内側の筋肉に大きな差は見られませんでした。

 

スクワットの足幅を広げるとお尻と内ももに効きやすくなる

別の研究でもスクワットの際の足幅が股関節周りの筋肉の使われ方にどう影響を及ぼすのかを調べています。

アメリカのイリノイ州立大学の研究グループはパラレルスクワット(太ももが床と平行になるまでしゃがむスクワット)を行う際の足幅の変化と筋肉の使われ方について実験を行いました。*2

 

十分な筋トレ経験のある9人の男性を対象に、

  • 肩幅の75%の足幅で行うスクワット
  • 肩幅で行うスクワット
  • 肩幅の140%の足幅で行うスクワット

以上の3つのスクワットを、

  • 軽めの負荷(60%1RM)
  • 重めの負荷(75%1RM)

以上の2種類の負荷で行ってもらいました。

 

その結果、足幅を広げて行うことでお尻と内ももの筋肉が使われやすくなったとのことです。

 

お尻のためには足幅を広げると良さそう

2つの実験の結果を見てみましたが、どちらもスクワットの足幅を広げることでお尻に効きやすくなるということでした。

お尻を鍛えるためにスクワットを行うのであれば、足幅を広げて行うと良さそうです。

 

美尻を目指してスクワットを行う方は、ぜひ足幅を広げて行うようにしてみましょう。

きっと素敵なお尻が手に入るはずです。

 

ちなみにお尻を鍛えるにはスクワット?ヒップスラスト?美尻のためにはどちらが良いのか比較 の記事で紹介しているように、スクワットよりもヒップスラストの方がお尻に効きやすいという報告もあります。

スクワットと併せてヒップスラストを行うとより綺麗なヒップラインが手に入る事間違いありません。

 

参考文献