もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届けします。

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

プロテインとペプチドとアミノ酸サプリメントの効果の違い・比較

f:id:shimoshi-kentaro:20171211160906j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事では、プロテインとペプチドとアミノ酸の違いについて書いています。

 

プロテイン・ペプチド・アミノ酸

最近はいろいろなメーカーから様々なサプリメントが販売されています。

中でも代表的なものが”プロテイン”ではないでしょうか。

また、最近は”アミノ酸”のサプリメントの飲んでいるという方も多いようです。

少しマニアックな方であれば”ペプチド”のサプリメントを使っている方もいるのではないでしょうか。

中にはプロテインにペプチドやアミノ酸を配合した物もあったりします。

 

さて、そんなプロテイン・アミノ酸・ペプチドのサプリメントですが、イマイチ違いが分からないって方も多いようです。

そんな方のために、今回はプロテインとペプチドとアミノ酸の違いについて、化学とか生化学的な難しいものではなく簡単にご説明致します。

 

アミノ酸とは?

f:id:shimoshi-kentaro:20171211161047j:plain

化学的に言うと、アミノ基とカルボキシル基を持つ有機化合物の総称です。

もうこの時点は意味がわかりませんね。

今回はサプリメントとしてのプロテイン・ペプチド・アミノ酸の違いということで、もっと簡単に説明をしていきます。

 

アミノ酸はプロテインをこれ以上分解できないところまでバラバラに分解したものです。

大抵のアミノ酸サプリメントはさらに特定のアミノ酸だけを抽出して売られています。

”BCAA”とか”グルタミン”とか”アルギニン”とかって名前のサプリメントのことです。

アミノ酸サプリメントの良い点

消化の必要がなく吸収されやすい

先程説明したとおり、アミノ酸はプロテインをこれ以上分解できないところまでバラバラにした状態の物なので、消化する必要がありません。

運動中は筋肉に血液がたくさん送り込まれ、逆に内蔵への血液が減ります。

なので、運動中に消化に悪い物を食べるとお腹が痛くなったり気持ち悪くなったりします。

アミノ酸は消化の必要がないので、運動直前や運動中に飲んでもお腹に溜まることなくスムーズに吸収されます。

スポーツドリンクや運動中に飲むサプリメントとして”アミノ酸”が重宝されているのも消化が必要なく吸収が速いことが理由です。

 

特定のタイミングで特定のアミノ酸を摂ることができる

特定のアミノ酸を特定のタイミングで摂ることで、そのアミノ酸特有の効果が得られます。

例えば、BCAAの飲むタイミング・量・効果のまとめ の記事に書いてあるように、バリン・ロイシン・イソロイシンがミックスされたBCAAサプリメントは、運動直前に摂ることで疲労が軽減され、持久力が向上します。

BCAAのように特定のタイミングで特定のアミノ酸を摂ることでそのアミノ酸特有の効果が得られるのがメリットです。

 

アミノ酸サプリメントの悪い点

一度に大量に摂ると下痢になりやすい

アミノ酸を大量に摂ると、浸透圧の関係で下痢になりやすくなります。

具体的に何グラム以上というのは個人差があるので試してみないことにはわかりません。

私の場合、BCAAを一度に20グラム程摂ったら下痢になりました。

お腹の弱いタイプの方はもう少し量を減らしても下痢になる可能性があります。

 

トレーニング中に下痢になるならまだ大して問題はありませんが、もし試合前にアミノ酸をたくさん摂ることで下痢にでもなってしまっては大変です。

とは言え、あまり少ない量では効果は得られません。

ぶっつけ本番でアミノ酸を飲むのではなく、事前にどれくらいの量を摂ると下痢になるのかを確認しておく必要があります。

ある程度大量に飲む場合は時間をズラして分割して飲むことで下痢を防ぐことができます。

 

比較的価格が高い

アミノ酸サプリメントはプロテインに比べると比較的値段が高くなります。

プロテインの場合1キロ5,000円とかですが、アミノ酸の場合は1キロ10,000円を超えてしまいます。

原材料を発酵させてアミノ酸を作ったり、酵素を加えて分解したり、原材料から抽出したりと手がかかる分どうしても価格が高めになってしまいます。

 

ペプチドとは?

f:id:shimoshi-kentaro:20171211161127j:plain

アミノ酸が数個から数十個くっついた状態の物をペプチドと言います。

基本的にはアミノ酸とプロテイン足してニで割ったような物と思ってください。

ただし、2〜3個くっついたような小さいペプチドの場合、アミノ酸以上に吸収が早い場合があります。

エレベーターに一人ずつ乗るか、2〜3人ずつ乗るかを比べたら、2〜3人ずつ乗る方が早いのと同じようなイメージです。 

ペプチドサプリメントの良い点

プロテインよりも吸収が速い

プロテインよりも消化された形なので、プロテインよりも吸収が速いのが特徴です。

特に2〜3個くっついたような小さいペプチドの場合、アミノ酸以上に吸収が早い場合があります。

エレベーターに一人ずつ乗るか、2〜3人ずつ乗るかを比べたら、2〜3人ずつ乗る方が早いのと同じようなイメージです。

 

ペプチドによっては特有の効果がある

ペプチドの種類によっては特有の効果がある場合があります。

例えばラクトフェリシンが挙げられます。

母乳に含まれるラクトフェリンという言葉は聞いたことのある方が多いと思いますが、ラクトフェリシンはラクトフェリシンをある程度分解した物です。

ラクトフェリンには抗菌作用があるんですが、ラクトフェリシンはラクトフェリンの10倍もの抗菌作用があるとされています。

 

このようにペプチド特有の効果がある場合があります。

 

ペプチドサプリメントの悪い点

プロテインよりも高い

ペプチドもプロテインよりも作るときの手間がかかる分価格も高めです。

原材料を酵素で分解したり、酸やアルカリでpHの調整をしたりといった手間がかかるのでどうしても価格が高くなります。

 

苦味が強く不味い

ペプチドは苦味が強く不味い場合があります。

例えられる味として、"ゲロの味"と言われたりします。

誰もが一度は経験のある味だと思います。

ゲロも食べ物が胃の中で胃酸によりペプチドまで分解されたものです。

 

最近は苦味が無いよう加工された物も多いのですが、余計な加工をしていないペプチドサプリは強い苦味を感じる場合があります。

 

 

プロテインとは?

f:id:shimoshi-kentaro:20171211161214j:plain

プロテインを直訳すると"たんぱく質"という意味になります。

肉、魚、卵、大豆などに多く含まれている栄養素ですね。

サプリメントとしてのプロテインは、原材料から糖質や脂質など余計な物を取り除き、主にたんぱく質だけを取り出したものです。

主にたんぱく質だけを摂取するためのサプリメントです。

 

体内で一度アミノ酸まで分解して吸収し、必要に応じて必要な形に組み替えて利用されます。

肌や髪、筋肉や内臓、酵素など、体内のあらゆる物がたんぱく質でできています。

人間が生きる上で絶対に必要な栄養素です。

ただ、このたんぱく質は身体の中で作ることができないので、口から摂る必要があります。

口から摂るにしても、肉や魚だと他の栄養素である糖質や脂質が含まれているので、カロリーが高くなったり、消化吸収が遅かったりします。

 

特にたんぱく質を摂りたいタイミングとして運動直後が挙げられます。

このタイミングでたんぱく質を摂ることで、プロテイン効果はどれくらい?プロテインを飲んだ場合の効果の差を紹介 の記事やインターバル速歩と乳製品で足腰と体力が強化できます の記事のように筋肉が作られやすくなるわけです。

 

しかし、運動直後に消化吸収の悪い物を食べるのは胃腸への負担が大きくなります。

さらに、少しでも早く筋肉に栄養を送り届けたいのに、消化吸収が遅いとそのタイミングを逃してしまします。

そんなことのないように脂質や糖質を取り除き、主にたんぱく質だけの摂取を目的としたサプリメントがプロテインサプリメントです。 

 

プロテインサプリメントの良い点

アミノ酸やペプチドと比べて安い

アミノ酸やペプチドサプリメントと比べると手間がかからず、安く手に入れることができます。

また、最近よく飲まれているプロテインはホエイプロテインというプロテインサプリメントなんですが、チーズを作る時の残った部分を使って作られるので、原材料も安く手に入るから安く作れるという面もあります。

 

アミノ酸やペプチドに比べて味が良い

アミノ酸やペプチドは苦味が強い場合が多いのですが、プロテインの場合は苦味はなく、フレーバーによっては美味しく飲むことができます。

プロテインはある程度の量を摂ることが多いのですが、味が悪いと飲むのが苦痛となってしまいます。

味が良いとそのような苦痛を感じることなく、美味しく飲みながら必要な栄養素であるたんぱく質を摂ることができます。 

 

プロテインサプリメントの悪い点

アミノ酸やペプチドよりも消化吸収に時間がかかる

肉や魚に比べると余計な脂質や糖質が含まれていない分消化吸収は速いのですが、アミノ酸やペプチドサプリメントに比べるとかなり遅くなります。

運動中や運動中にプロテインを飲むと胃腸の負担が大きくなってしまう場合があります。

 

アレルギーの原因になる場合がある

アレルギーは外から入ってきた物を異物と判断して過剰に免疫が反応してしまう状態のことです。

アミノ酸までバラバラになっていればアレルギーは起こりませんが、プロテインの場合は人によってはアレルギー反応を引き起こしてしまう場合があります。

ひどいアレルギー反応が起こると命に関わることもあるので注意が必要です。

 

アミノ酸・ペプチド・プロテインまとめ

アミノ酸・ペプチド・プロテインそれぞれに特徴があります。

アミノ酸は特定のタイミングで特定のアミノ酸を摂ることで特有の効果が期待できます。

また、消化の必要がないので運動中などにも摂ることができます。

 

ペプチドは物によってはアミノ酸以上に素早く吸収することができます。

1秒でも早く筋肉に栄養を送り届けたいというストイックな方にもってこいなサプリメントです。

少し上級者向けのサプリメントと言えます。

 

プロテインは安くてたくさん摂ることができます。

特にトレーニングやスポーツをしている人の身体は修復のために多くのたんぱく質を必要とします。

肉や魚のように余計な糖質や脂質は極力取り除かれているため、たくさん摂ってもカロリーは控えめというサプリメントです。

サプリメントを始めるならまずはプロテインと言うくらい基本となるサプリメントです。

プロテインの選び方は失敗しない初心者のためのプロテインの選び方 の記事をご覧ください。

 

参考文献

アミノ酸とは?|アミノ酸を詳しく学ぼう!|アミノ酸大百科|味の素株式会社

アミノ酸 - Wikipedia

ペプチド - Wikipedia

プロテインの基礎知識 | PROTEIN | DNS ZONE

プロテイン - Wikipedia

アレルギーってなあに?|アレルギーとアナフィラキシー|アナフィラキシーってなあに.jp