もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届けします。

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

カレーを食べることで記憶力向上効果が得られるかも

f:id:shimoshi-kentaro:20180126161144j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事では、カレーに含まれる香辛料ターメリックの色素成分であるクルクミンの記憶力向上効果について書いています。

 

カレーに含まれるクルクミン

みんな大好きなカレー。

カレーの黄色い色はスパイスのひとつターメリックに含まれる色素成分であるクルクミンによるものです。

 

クルクミンを多く含むターメリック(ウコン)は、昔からインドや中国で生薬として重宝されてきた食べ物です。

ターメリックは近年非常に注目の成分であり、ウコンがガンを予防するかもしれない の記事のように、ガンの予防効果も報告されています。

 

さて、そんなウコン・ターメリックに含まれる”クルクミン”という成分ですが、記憶を改善し、精神的健康も高めてくれるかもしれません。

 

クルクミンが記憶力を向上

米国カリフォルニア大学のSmallらの研究グループはクルクミンの摂取と記憶力や精神的な健康との関係を調べました。*1

実験は、軽い物忘れがあるという50~90歳の男女40人を対象に行われました。

  • 1回90mgのクルクミンを1日2回飲むグループ
  • 偽薬を飲むプラセボグループ

以上の2つのグループに分け、18ヶ月間調査を行いました。

 

その結果、

18ヶ月間クルクミンを摂ったグループは記憶力が28%向上しました。

さらに、幸福感が向上し、うつ病を緩和させる可能性が見られました。

という結果が見られました。

 

クルクミンといえばカレー!

クルクミンと言えばウコン・ターメリックです。

ウコン・ターメリックと言えばカレーです。

カレーを食べれば記憶力が向上し、ついでに幸福感も増すということですね。

 

受験生や資格試験の為に勉強をしているって方は、カレーを食べたら合格できるかもしれません。

一時期流行った(?)朝カレーを食べれば、合格間違いありません。

 

ただカレーに含まれるクルクミンの量は…

ただ問題なのがクルクミンの「量」です。

実験では1回90mgを2回摂ったということで1日に180mgです。

 

カレーに含まれるクルクミンの量も見てみましょう。

カレー5人前作るのに使うターメリックの量は小さじ2分の1程度。

だいたい1.5グラム程度でしょうか。

そのターメリックには3%程度のクルクミンが含まれています。

 

となると、カレー5人前に含まれているクルクミンの量は45mgになります。

カレー1人前だと約9mg程度となります。

 

180mgのクルクミンを摂るにはカレーライスを1日に20杯食べる必要があります。

これは恐らくカレー大好きインド人でも厳しいのではないでしょうか。

 

よってクルクミンを摂るならカレーを食べるよりサプリメントを飲むのが現実的と言えそうです。

記事のタイトルである"カレーを食べることで記憶力向上効果が!?"というのは誇大表現と言わざるを得ません。

残念ながらカレーで記憶力が向上することはないでしょう。

 

記憶力の高まる過去記事紹介

ちなみに子供を東大生に育てたいなら朝食を食べさせなさい! の記事のように、朝食を食べることで記録能力はわずかとは言え確実に上がるので、朝食としてカレーを食べれば一石二鳥です。

しかもカレーに含まれる各種スパイスは体温を上げてくれます。

起床後の低い体温を上げることで午前中から活発に動くことができるのではないでしょうか。

 

お酒を飲むだけで簡単に暗記力が高まる!? の記事のように、お酒を飲むことで記憶が高まるという報告もあるので、朝はカレーを食べ、夜はお酒を飲めば記憶力が上がりまくることでしょう。

 

ついでにモーツァルトの曲を聞きながら作業や勉強を行うことで記憶力などが高まり作業効率もアップします。

併せてお試しください。

 

参考文献