もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

ゆっくり食べることで肥満リスクを4分の1に抑えられる

f:id:shimoshi-kentaro:20180216155132j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

よく噛むと消費エネルギーが増える

以前よく噛むだけで消費エネルギーが増え、ダイエットできるという記事を書いています。

www.moshimoshishimoshi.com

ゆっくり食べた方が良いという記事でした。

ただ、被験者数も少なくまだまだ研究が必要という感じでしたが、最近発表された九州大学の大勢の人を対象にした研究によると、ゆっくり食べるとやはり肥満予防に効果的なようです。

 

ゆっくり食べる人は肥満リスクが42%低い

九州大学のFukudaらの研究グループは、2型糖尿病と診断された40歳以上の日本人59,717人の6年間の健康診断データを利用し、食べる速さと肥満の関係等を調べました。*1

その結果

  • 食べるのが速いと答えた人は44.8%が肥満
  • 食べる速度は普通と答えた人の29.6%が肥満
  • 食べるのがゆっくりと答えた人の21.5%が肥満

という結果が見られました。

 

統計学的な数字で言うと、食べるのが速い人に比べて

  • 食べる速度が普通の人は肥満リスクが29%低い
  • 食べる速度がゆっくりな人は肥満リスクが42%低い

という結果となりました。

 

それ以外の食習慣についても調べており、

  • 週に3回以上、就寝2時間以内に夕食を食べる人は肥満リスク10%高い
  • 夕食後、就寝までに間食と摂る人は肥満リスクが15%高い
  • 朝食を食べる人は肥満リスクが若干低い

ということも分かりました。

 

ゆっくりと食べましょう

ゆっくりと食べた方が太りにくいということですね。

アンケート調査によって行われたものなので、具体的に何分以上かけて食べるといったことまでは明らかになっていませんが、専門家曰く

「主食は20分、間食は10分以上かけるように努力するべし」

とのことです。

Twitterで見つけたダイエット10か条という記事にも「ゆっくりと食べる」ということを書きましたが、 やっぱりゆっくりと食べることは大切なようです。

www.moshimoshishimoshi.com

 

ちなみに私は5分で食べ終わっております。

もう少しゆっくり食べることを目指します。

噛む回数を増やし、噛んでいる間は一度箸を置くと良さそうです。

 

今回の研究では”肥満の予防”という効果でしたが、ダイエットにも恐らく効果的でしょう。

太りたくない、ダイエットしたいという方は、できるだけゆっくりと食事を摂るように意識してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献