もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

加圧トレーニングはダイエット目的でなく筋肥大にも効果はあるの?

f:id:shimoshi-kentaro:20180419060043j:plain

この記事ではヤフー知恵袋内の加圧トレーニングに関する質問について答えています。

 

加圧トレーニングについて質問です。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

加圧トレーニングについて質問です。

いわゆるダイエット(痩せる目的)ではなく、バンプアップ(筋肥大)が目的の場合、加圧トレーニングで効果は望めるでしょうか。
一ヶ月3万円程度で手

頃なので検討しているのですが、元々スポーツをしていた私も加圧トレーニングについて無知なのでこちらでお聞きしてみたいと思いました。
ちなみに私は、胸筋、体幹を鍛えたいと思っております。
よろしくお願い致します。

 

加圧トレーニングに関する質問ですね。

ダイエット目的ではなく筋肉を付けたいとのこと。

 

細かいことですが、「パンプアップ」は筋肉をつけることではありません。

筋トレ後の筋肉がパンパンに張った状態をパンプアップと言います。

筋肉をつけることを「バルクアップ」って言います。

 

加圧トレーニングで筋肉は付くが普通の筋トレがおすすめ

さて、加圧トレーニングで筋肥大効果は望めるのかという質問でした。

この答えは

加圧トレーニングで筋肥大は可能

です。

 

元々加圧トレーニングは筋肥大のために開発されたトレーニング方法なので、筋肥大に関する研究は数多く行われています。

その結果、筋肥大に関しては通常の筋トレと同じくらい筋肥大効果があるという結論が出ています。

ということで、筋肉をつけたいということであれば加圧トレーニングは効果的と言えます。

 

ただ、質問者様は怪我をしているわけでもなさそうですし、目的が胸の筋肉や体幹を鍛えたいということでした。

加圧トレーニングでも効果はあるのですが、個人的にはまずは普通の筋トレをおすすめしたいところ。

 

このような質問をするということは恐らく筋トレに関してはそれほど経験がないと思われます。

筋トレ経験のない方であれば加圧でも普通の筋トレでもどっちを行っても効果がでます。

となればどちらが続けやすいかという問題になります。

 

理由1.使用重量が伸びる楽しさ

男性の場合、身体の変化が見えたり、使用重量が上がっていくと楽しくて続けやすくなります。

身体の変化に関してはどちらの場合も変化があるので、今回の場合は使用重量が上がっていくことが大切です。

 

加圧の場合は軽い負荷で行うので使用重量が増えていくという楽しさを感じることができません。

対する通常の筋トレであれば間違いなく使用重量の増加が見込めるでしょう。

 

特に胸の筋肉を鍛えるベンチプレスは男性が好む種目です。

ベンチプレスの重量が増えていったら楽しくなって継続できるのではないでしょうか。

 

理由2.体幹を鍛えるため

目的に「体幹」を鍛えたいとあります。

これは普通の筋トレと加圧トレーニングを直接比べたら圧倒的に普通の筋トレに分があります。

ダンベルやバーベルを上げ下げするだけで体幹が鍛えられますからね。

 

本当ならスクワットやデッドリフトをすると一番効果的ですが、質問者様はおそらく上半身を中心に鍛えたいもよう。

上半身の筋トレであっても肩を鍛えるショルダープレスは体幹を鍛えるのに効果的な種目と言えます。

上半身のトレーニングを行いながら体幹も鍛えることができるという一石二鳥効果が得られます。

 

ということもあり、今回の質問者様には加圧トレーニングよりもまずは普通の筋トレをおすすめします。

 

加圧トレーニングへのよくある批判

さて、ヤフー知恵袋では質問に対してこのような回答がされています。

止めとけ
体質によっては、血栓が出来て、
それが心臓なら心筋梗塞、
脳なら脳梗塞になる。
特にがんばり屋が陥りやすい。
普通に筋トレした方が良い。

 

まあよくある批判ですね。

これが起きないようにトレーナーがいるわけなんですけどね。

 

確かに血栓を元から持っている人が加圧トレーニングを行うと血栓が飛ぶ可能性はあります。

そのため、最初に血栓のリスクチェックなんかを行ったりするわけですね。

ちなみに血栓が飛ぶのは加圧に限らず運動をすれば飛びますので、あまり加圧は関係ありません。

 

血栓のできやすさも加圧中でもそれほど変わりません。

血液を調べても血栓のできやすさを示す数値は微増、血栓を溶かす数値は上昇、血栓を溶かす働きを邪魔する数値は変わらないという結果が出ています。

正しく行えばまあ大丈夫ってことです。

加圧トレーニングよりも飛行機に乗るほうが血栓ができやすくなりますからね。

 

 

あと、加圧は血圧が上がるから危険なんて声もあったりします。

これに関しても、血圧の上昇、心臓に対する負担に関しては普通の筋トレよりも明らかに加圧トレーニングの方が安全であることが報告されています。

高重量のスクワットなんか普通に血圧200mmHgを超えたりしますからね。

血管や心臓の負担は普通の筋トレよりも加圧トレーニングのほうが明らかに優しいと言えるでしょう。

 

まとめ

加圧トレーニングは筋肥大に効果はあるけど、人によっては普通の筋トレの方がおすすめできる場合もある。

という感じです。

 

加圧トレーニングは非常に有効なトレーニング方法ですが決して万能というわけではありません。

目的に合わせて上手く使い分ける必要があります。

ぜひ参考にしてみてください。