もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

誰でもできる最高のアンチエイジング方法とは?

 

f:id:shimoshi-kentaro:20180420051957j:plain

アンチエイジング

美容の大敵である「加齢」。

加齢を止めることはできませんが、身体の年齢はコントロールすることができます。

身体の年齢をできるだけ若い状態で保つようにすることをアンチエイジングと言います。

 

巷には様々なアンチエイジングの方法があります。

アンチエイジングのためにそれらを日々行っているって方もいることでしょう。

 

さて、そんなアンチエイジングを気にしている方に質問です。

「運動」はしていますか?

運動をしていないということであれば今すぐ行いましょう。

運動は最高のアンチエイジング術なのですから。

 

運動とアンチエイジングの関係を調査

英国バーミンガム大学のDuggalらの研究グループは、定期的な運動と健康状態の関係について調べました。*1

 

55~79歳のアマチュアサイクリスト125人(男性84人、女性41人)を対象に調査を実施。

定期的に運動をして一定以上の体力以上ある人が対象になっています。

男性は6.5時間以内に100km走れる体力レベル、女性で5.5時間以内に60km走れるという若者と同程度の体力のある中高年の方々です。

 

ちなみに定期的に運動をしていない人として57~80歳の健常者75人と20~36歳の健康な若者55人を比較対象として調査しています。

運動をしていない人が年を取るとどうなるかという比較のためのグループです。 

 

さて調査の結果、定期的に運動している人は筋肉と筋力の低下が見られませんでした。

さらに体脂肪やコレステロール値の増加も見られなかったとのこと。

さらにさらに男性のテストステロン濃度も高いレベルでキープされていたとのこと。

おまけに免疫にも老化が見られなかったとのこと。

 

運動は最高のアンチエイジング術である

素晴らしい結果ですね。

運動でこれだけの効果が得られるというのは驚きです。

 

筋肉や筋力の低下を予防できるのはこれまで通りですね。

定期的に運動をしていると筋肉の老化を防げるということですね。

筋肉年齢のアンチエイジングですね。

 

体脂肪が増えなかったというのも運動の効果ですね。

体脂肪が増えるとやっぱり老けて見えたりします。

見た目年齢のアンチエイジングと言えそうでしょう。

 

あわせてコレステロール値の上昇も防げるというのは血管の老化を防げると言えますね。

老化は血管からと言われますので、血管年齢を若く保つことは大切です。

 

さらに男性ホルモンレベルも維持されたとのこと。

男性ホルモンであるテストステロン濃度が低下してしまうと、お腹周りに脂肪が付きやすくなったり、気力が低下したりしてしまいます。

男性にとってテストステロン濃度をキープすることは非常に重要と言えます。

 

おまけに免疫も若い頃と同じようにキープできたということ。

免疫が低下すると様々な病気に罹りやすくなります。

病気に罹ると安静にすることになりますが、その間に筋肉や体力が低下してしまいさらに免疫が低下するという悪循環に陥ります。

高い免疫力をキープするということも非常に重要です。

 

さすがに若い頃と肌ツヤまで同じという魔法のような効果とまではいきませんが、巷に転がっているようなアンチエイジング術よりも運動の方が効果的であると言えます。

アンチエイジングが気になる方は定期的な運動を行うようにしましょう。

10年後、20年後に周りよりも若く見えるという嬉しい結果になること間違いありません。

 

参考文献