もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

甘酒は別に栄養豊富ではありません。

f:id:shimoshi-kentaro:20170425052342j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

 

巷では甘酒が流行っているようですね。

スーパーでやたらと甘酒が置かれていたんで気にはなっていたんですが、甘酒ダイエットに関する記事を見て知りました

流行っていると書いていましたが、あんまり耳にはしないので一部の人に流行っているのかもしれません。

 

甘酒ダイエットとは?

よくある1食置き換えダイエットのひとつのようですね。

1食を甘酒に置き換えるようです。

 

甘酒だけでなく、豆乳と混ぜて飲んだりする方法もあるようです。

またおやつの替わりに甘酒を飲むって方法もあるようです。

 

甘酒は栄養価が高くて腹持ちも良いダイエット方法とのこと。

甘酒は「飲む点滴」とも言われているとかいないとか。

 

本当に栄養価が高いの?

・ビタミンB群が豊富

・アミノ酸も含まれている

・食物繊維も含まれている

とのこと。

 

では実際に見てみましょう。

 

ビタミンB群が豊富

まずは甘酒のビタミンB群の量を見てみましょう。

調べるの面倒くさいのでおなじみウィキペディアの情報。

 

甘酒100gあたりに含まれるビタミンB群の量は*1

チアミン(B1) 0.01 mg

リボフラビン(B2) 0.03 mg

ナイアシン 0.2 mg

ビタミンB6 0.02 mg

葉酸 8 μg

 

となっています。

 

比べるのはこのブログでもおなじみ卵です。*2

卵100gあたりに含まれるビタミンB群の量は、

チアミン(B1) 0.06 mg

リボフラビン(B2) 0.43 mg

ナイアシン 0.1 mg

ビタミンB6 0.08 mg

葉酸 43 μg

 

卵の方にはビタミンAとかビタミンB12とかいろいろ含まれているですが、甘酒と同じビタミンだけを取り出してみました。

ナイアシンこそ負けてはいるものの、その他は卵の圧勝ですね。

卵にはそれ以外のビタミンもたくさん含まれていますので、ビタミンに関しては甘酒が卵に勝つ要素が見当たらないと言えます。

残念!!

 

アミノ酸も含まれている

甘酒にはアミノ酸も含まれているとのこと。

グーグル先生で調べてみると、甘酒のアミノ酸は凄いんだ-って情報がいっぱい。*3

アミノ酸の量はたんぱく質量で表示されているので、たんぱく質量で見てみましょう。

 

甘酒に含まれているたんぱく質量は1.7g

甘酒の主原料であるお米のアミノ酸スコアが65です。*4

わーすごーい(棒)

 

対するは先ほどと同じ卵。

卵に含まれるたんぱく質量は12.3g

アミノ酸スコアは100です。

 

比べるまでもなく卵の圧勝ですね。

どう見ても甘酒に含まれるアミノ酸が凄いなんて言えませんね。

 

食物繊維も含まれている

甘酒は食物繊維も豊富だとか。

 

スーパーでよく売られている甘酒は森永が販売しているので、同じ森永から出ているココアと比べてみましょう。

 

甘酒(100gあたり)

水溶性食物繊維 0.1 g

不溶性食物繊維 0.3 g

 

ミルクココア(100gあたり)*5

水溶性食物繊維 1.3 g
不溶性食物繊維 4.2 g

 

ミルクココアは粉の100gなので、ココアドリンク1杯あたりに直しましょう。

ココアドリンク1杯はココア20gくらいとのことなので、

水溶性食物繊維 0.26g

不溶性食物繊維 0.84g

 

となります。

同じ森永のミルクココアの方が食物繊維は摂れそうです。

便秘解消には甘酒よりもココアの方が良さそうです

 

個人的考察

どこが栄養豊富やねん。

 

卵を食べるほうが良いでしょうね。

1食をゆで卵3個に置き換えるゆで卵ダイエットはいかがでしょうか。

たんぱく質はもちろん、ビタミンとミネラルは物凄く豊富です。

 

食物繊維がちょっと不足していますので、食物繊維の不足分はココアを飲めば十分でしょう。

 

もちろん野菜を食べても構いません。

野菜はもちろん食物繊維が含まれていますので、不足分を補うことができます。

ゆで卵を乗せた野菜サラダを食べてダイエットはいかがでしょうか。

 

流行っているからとなんでもかんでも取り入れるだけではいけません。

深く調べるまではしなくとも、ちょろっと調べるだけでそれなりのことはわかりますので、気をつけるようにしてください。

 

甘酒に関しても飲む点滴という謳い文句のような栄養素はないと言えます。

まあ点滴自体が水とブドウ糖とナトリウムとカリウムくらいなので栄養豊富とは言えませんので、飲む点滴というのはある意味正しいのかもしれません。

 

ただ、ジュースなどの清涼飲料水を飲むくらいなら甘酒を飲むほうがよっぽど良いので、ジュースの代替品として考えると良いかもしれません。

甘酒は栄養補給のためではなく、嗜好品として美味しくお召し上がりくださいね。