もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

青魚の油(オメガ3脂肪酸)で筋肉痛が楽になる

f:id:shimoshi-kentaro:20170604064951j:plain

この記事では筋肉痛の緩和方法として青魚を食べることを紹介しています。

 

時に苦しめられる筋肉痛  

誰でも一度は経験があるであろう筋肉痛。

スポーツクラブに通っている方なんかだといつもどこか筋肉痛になっているって方もいらっしゃることでしょう。

 

軽い筋肉痛であれば「トレーニングを頑張った感」があって良いかもしれません。

しかし激しい筋肉痛は日常生活にも支障をきたし、運動を行うのが嫌になってしまうかもしれません。

特に運動を始めて間もない頃にはひどい筋肉痛になりやすく、階段を下りたり、トイレに座るのも苦痛だったという経験をされる方も多いようです。

 

ちょっとでも筋肉痛を和らげようとストレッチをしたりすることもあるでしょうけど、ストレッチをしても筋肉痛の予防にはなりません。

ということで、他の手段を探すことになります。

そんな筋肉痛の緩和方法として、「青魚を食べる」という方法はいかがでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸と筋トレ後の炎症の関係を調査

青魚が健康に良いことは周知の事実です。

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸という油が身体に良いんです。

この青魚の油が身体の余計な炎症を抑えてくれることで、様々な生活習慣病の予防に効果があるというわけです。

 

という感じで身体の炎症を抑えて健康にしてくれるってことは分かっているんですが、運動によって起きる炎症≒筋肉痛が青魚の油によって軽減するかどうかは分かっていませんでした。

そこで米国ミズーリ州セントルイス大学のジョイスらの研究グループは、青魚の油が筋肉痛を軽減するかを調べました。*1

 

実験は健康な成人男女11人(平均年齢35歳)を対象に行われました。

  • オメガ3脂肪酸を摂らないように14日間生活した状態
  • オメガ3脂肪酸を1日3,000mg摂る生活を7日間した状態

以上の条件でエキセントリックのアームカールを行ってもらいました。

 

筋肉痛になりやすい運動を思いっきり行なってもらったわけですね。

Mっ気のある方に良さげな実験です。

当然翌日はひどい筋肉痛になるので、青魚の油を摂った場合と摂らなかった場合とで痛みとか腫れとか熱感などを比べたわけです。

 

青魚の油で筋肉痛が15%軽減

さて、そんな実験の結果を見てみましょう。

実験の結果、青魚の油(オメガ3脂肪酸)を摂ったばあい、痛みの強さは15%軽減されました。

単純に痛みが楽になるというのはありがたいことですね。

痛みのせいで日常生活に支障が出るので、痛みが軽減されるのは大きな効果です。

 

また、トレーニングを行なった筋肉の腫れ具合に関しても差が出ています。

青魚の油を摂らなかったばあいは筋肉が腫れたんですが、青魚の油を摂った場合は筋肉は腫れなかったということです。

 

強い炎症が起きた時は患部が腫れたりします。

足首の捻挫とかした後に腫れたりしますが、あれも炎症が起きているからですね。

その腫れ具合も青魚の油で抑えることができるようです。

 

普段から青魚を食べたら筋肉痛になりにくくなる

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸が筋肉痛を和らげるという結果でした。

まあ予想通りの結果かなと思います。

 

青魚の油は炎症を抑える働きがあるので、冒頭でちょっと説明したように筋肉痛だけでなく健康にも役立ちます。 

ぜひ積極的に青魚を摂りましょう。

 

ただ、青魚が苦手って方もいらっしゃるでしょう。

そんな方はサプリメントで摂っても良いかと思います。

サプリメントであれば青魚独特の臭みを感じることは少なく、手軽にオメガ3脂肪酸を摂ることができます。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

 

  

また、エゴマ油や亜麻仁油を摂るのも同じような効果があります。

最近はスーパーで目にすることが増えましたので、そちらも併せてとるようにすれば万全かと思います。

 

摂取のタイミングですが、夜ご飯の時に摂るのがベストです。

炎症反応と体内時計は関係しており、睡眠の質なんかにも影響が出てきます。

特に睡眠中の炎症を抑えることが大切なので、その直前の食事である夕食でオメガ3脂肪酸を摂るのが大切でしょう。

 

逆に夜にポテトチップスなどを食べると体内時計が乱れて炎症が酷くなります。

ご注意ください。

 

参考文献