もしもししもしです。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエットの豆知識を紹介

下司の指導内容・料金について

仕事の依頼・お問い合わせ

加圧トレーニングとは?加圧の効果・デメリット・よくある質問など

健康とダイエットの味方!栄養豊富な「米ぬか」に注目!

f:id:shimoshi-kentaro:20170614050602j:plain

こんにちは。

奈良の加圧トレーニング下司健太郎です。

  

米ぬかって食べますか?

もしくは使ったりしますか?

今回は米ぬかに関するお話しです。

 

米ぬか? 

米ぬかという言葉自体は知ってはいるものの、実はあんまり知らないって方もいらっしゃるかもしれません。

米ぬかは玄米の表面部分のことです。*1

ほとんどの家庭ではお米も精白しているので、米ぬかを食べることは少ないかと思います。

 

ただ最近はダイエットや健康ブーム関係で玄米なんかも見直されていますよね。

精白米に玄米を混ぜているって方や、5分づきや3分づきのお米を食べているって方もいるかもしれません。

 

他にも米ぬかには油がたくさん含まれるので、集めて絞ったら米ぬか油ができます。

米ぬか油は大豆油に比べると高いのでそれほど使われてはいないようですが、血中コレステロールを下げる作用が強いとのこと。*2

 

他にもぬか漬けを作るのに使っている方や、あとはタケノコのアク抜きに使いますよね。

ただ、米ぬか自体を食べることは少なく、動物の餌になることが多いでしょうか。

 

さて、近年は完全に脇役と化している「米ぬか」ですが、見直され始めています。

 

米ぬかを取り除いた精白米で病気が流行した

日本人としては玄米が白米よりも栄養豊富ってことは大抵の方が知っていますよね。

白米の方が美味しいんですが、栄養価は玄米の方が高いんです。

 

江戸時代、地方から江戸に来た人が次々と病気になり、地元に帰ると治るという病気「江戸患い」。

これも地元では玄米を食べており、江戸では美味しい白米ばかり食べていたら栄養失調で脚気になってしまったということですね。

 

また大正に入ってからは一般人に精白米が普及、しかも安いということでそればっかり食べて、国民病と言われるほど流行したようですね。*3

 

こんな感じで日本人には栄養豊富ってことは知っていましたが、お米が主食ではないアメリカなんかではそんなに知られていませんでした。

 

米ぬかは栄養豊富

ということで、米国のコロラド州立大学がライスブラン(米ぬか)を調べたら

「栄養豊富やないかー!」

という結果が出たと報告しています。*4

 

たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンが豊富でめっちゃええやんって感じです。

あとはご存知の通り食物繊維なんかも豊富ですよね。

ついでに抗炎症作用、抗菌作用、抗高血圧作用なんかもあるとのこと。

 

アジアを中心に多くの国でコメを主食にしているから、米ぬかはたくさん摂れるよね。

それを使えばいろいろ良いんじゃないの?って感じです。

 

米ぬかを食べよう

ということで、栄養豊富な米ぬかを食べれば健康やダイエットにも役立つかもしれません。

手軽なのが玄米を食べるってことですよね。

白米を止めて全て玄米にする、なんて極端なことをする必要はありませんので、いくらか玄米を混ぜて炊くようにすれば良いのではないでしょうか。

歯ごたえが加わるので咀嚼回数も増え、ダイエットに役立つかと思います。

ダイエットなら玄米を食べろ!玄米食≒30分の運動 - もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

 

またふすま粉を使ったパンなんかも流行っていますが、ふすまを米ぬかに変えるのも良いかもしれません。

ふすまは小麦の表皮部分なので玄米の表皮部分と同じようなもんでしょう。

ということで、米ぬかパンっていうのができるかもしれません。

 

多分ネーミングが悪いので、「ライスブランパン」とかになるのではないでしょうか。

この方が良い感じですね。

その方が流行に敏感な若いピチピチギャルが食いつきそうな気がします。

 

たぶん美味しいような気がしないでもないような気がします。*5

ご自宅でパンを作っている方もいるかと思いますので、ぜひ試しにライスブランパンを作って感想をお聞かせください。

 

またメインとして使うのではなく、何かに添加するのも良いのではないでしょうか。

ハンバーグにおからを混ぜる要領で米ぬかを少々加えてみたり、うどんやパスタを作る時に少し混ぜたり。

カレーなんかに混ぜたら味が濃いので米ぬかの味がわかりにくくなって良いかもしれません。

 

米ぬかは価格も安く、下手すると

「ご自由にお持ちください」

と置いてあったりもします。

これを活用しない手はありません。

 

ただ、米ぬかにはフィチン酸が含まれているので、ガバガバ摂りすぎると多分ミネラル不足になってしまいますのでご注意ください。

あくまで適度に使うようにしましょう。

 

まとめ

  • 米ぬかはたんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなど栄養豊富!
  • 米ぬかを摂ってみよう!
  • 玄米を混ぜてご飯を炊くのは手軽
  • ふすま粉の替わりに米ぬかを使うと良いかも
  • 何かの料理に添加すると食べやすいかも
  • 摂りすぎにも注意!

 

ぜひ栄養豊富な米ぬかにご注目くださいね。

*1:正確には玄米からいつも食べている真っ白のお米部分を除いたものです

*2:

こめ油 - Wikipedia

*3:

脚気 - Wikipedia

*4:

Rice Bran Metabolome Contains Amino Acids, Vitamins & Cofactors, and Phytochemicals with Medicinal and Nutritional Properties | Rice | Full Text

*5:まあ現時点では味の保証はできません。ふすまパンも固くてイマイチだったりしますしね…。