もしもししもしです。奈良の加圧トレーニング下司健太郎

奈良橿原・斑鳩の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎が健康・ダイエット情報をお届け!

糖尿病予防のためには長崎県に住め!

f:id:shimoshi-kentaro:20170512054327j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

糖尿病って怖いですよね。

日本の糖尿病患者数は平成26年の調査で316万6,000人にものぼるとのこと。*1

糖尿病からの合併症も非常に危険で、失明したり、脚を切ることになったり、腎臓が壊れてしまったり…。

ただ糖が尿に出るだけという病気ではなく、物凄く恐ろしい病気です。

 

そんな怖い糖尿病ですが、予防したいという方は長崎県に住めば予防できるかもしれませんよ。

 

坂道を歩けば重度糖尿病リスク低下

東京医科歯科大学の研究グループは、高齢者の自宅周辺の坂道と糖尿病との関連を調査。

介護の必要のない65歳以上の高齢者8,904人を対象に調査を実施。

 

自宅周辺の平均傾斜角度が1.48度上がると、ひどい糖尿病(HbA1c7.5%以上)になるリスクが18%減少したという調査結果が出ました。

 

個人的見解

自宅周辺の生活圏内に坂道が多ければ嫌でも坂道を歩くことも多く、運動量の増加につながるであろうと考えられます。

また坂道を普段から歩くことで脚の筋肉が鍛えられます。

筋肉が増えると糖の取り込み能力が高まるので、それらによって糖尿病が予防できるかどうかって調査ですね。

軽い糖尿病予防には効果がなかったみたいなんですが、ひどい糖尿病予防に効果があったみたいですね。

ついでに肥満予防にも効果がありそうです。

 

さて、坂道の多い県と言えば長崎県です。

斜面市街地が市街地全体の43%を占めているとのこと。*2

 

そんな長崎県に住めば嫌でも坂道を歩き回ることになります。

ということは、長崎県に住めば糖尿病が予防できるってことですね!

 

長崎県のみなさーん、糖尿病予防都市として 長崎県を売り出してみてはいかがでしょうか。

ちなみに

永住希望!将来住みたい都道府県ランキング

によると長崎県は24位とのこと。

ぜひ糖尿病患者及び予備群が住みたい都市第1位を目指してください。 

 

ちなみに長崎県は海だらけでも有名です。

島の数が971もあることに加え*3、リアス式海岸で海岸線が入り組んでいるからですね。

海岸線の長さは北海道に次いで2位とのこと。*4

それだけ海があれば魚もたくさん食べることができるでしょう。

 

魚を食べることでも糖尿病予防に繋がります。

魚に含まれるEPAがインスリン抵抗性を改善してくれるので、糖尿病予防につながります。

長崎県に住めば魚を食べる機会が増え、糖尿病予防に繋がるはずです。

 

糖尿病が気になるって方は、ぜひ坂道と魚で糖尿病が予防できる長崎県に引っ越しましょう。

おまけにハウステンボスも近いということでレジャーに関しても問題なしです。

広いハウステンボスを歩き回ることで足腰強化と共に心肺機能の向上にも繋がるでしょう。

糖尿病予防にぜひ長崎県に引っ越しましょう!

 

ちなみに私は海に縁のない奈良県民です。

奈良も山だらけなのでぜひ奈良県にもお越しください。

奈良盆地は結構平坦ですが、吉野や十津川といった山の方に住めば坂道はたくさんありますので、糖尿病予防に効果があること間違いありません。

山の方はちょっと不便ですけどね。

 

ちなみに奈良県は 永住希望!将来住みたい都道府県ランキングによると27位ということで長崎県に負けております。

ぜひ糖尿病予防のために古都奈良にもお越しください。

 

参考文献

Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study. - PubMed - NCBI

 

永住希望!将来住みたい都道府県ランキング - gooランキング