もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

栄養

チーズ・ヨーグルト等の乳製品が身体に悪いというのは嘘だった

世界中の食卓に並ぶチーズ・ヨーグルト・牛乳などの乳製品。 これら乳製品は「身体に良い」と言われたり、「身体に悪い」と言われたり意見の分かれやすい食材です。 さて、そんな乳製品ですが、心臓や血管に関しては良い働きがありそうです。 乳製品の摂取と…

チョコレートの健康に効果的な量は1週間で45g!?

みんな大好きチョコレート。 チョコレート、特にビターチョコレートにはカカオ由来ポリフェノールなどの健康に良い成分が豊富に含まれており、様々な健康効果が報告されています。 ただ、どれくらいの量のチョコレートを食べるのがベストなのかまでははっき…

ダイエットのためには玄米・ライ麦・オートミールを食べると効果的

ダイエットのためには玄米とかライ麦パンが良いとか言われますよね。 マニアックな方であればオートミールを食べたりすることもあるでしょう。 これら全粒穀物がダイエットに良いことは広く知られています。 ではそれら全粒穀物のうちどれを食べれば良いので…

褐色脂肪を増やすには糖質豊富な和食が効果的!?

近年テレビなどでも紹介されるようになった褐色脂肪。 大人は体温の維持のために筋肉が使われるのですが、筋肉の少ない赤ちゃんはそれでは体温を維持することができません。 そんな赤ちゃんに備わっているのが「褐色脂肪細胞」です。 この褐色脂肪細胞が筋肉…

有名大学が推奨する子供の野菜嫌いを克服する簡単な方法とは?

子供が野菜を食べてくれない。 子供の野菜嫌いを何とかしたい。 そんなお父さんお母さんは多いことでしょう。 我が家の三歳の息子も野菜は嫌いなようでなかなか食べてくれません。 見向きもせずに白ご飯オンリーです。 そんなお子さんの野菜嫌いを何とかした…

肌のシミ・シワの予防には身体の糖化を防ぎなさい

女性なら誰もが気になるお肌の「シミ」や「シワ」。 加齢とともに増えるのはある程度仕方がないことではありますが、年齢よりも多いと感じることはありませんか? もしかしたらそれはお肌の「コゲ」が原因かもしれません。 肌のシミ・シワの原因は糖化 お肌…

運動×ヨーグルトで幸せホルモンが増加する

現代人は幸せホルモン不足 ストレスの多い現代社会において、多くの人は「セロトニン」が不足していると言われています。 セロトニンは別名「幸せホルモン」と言われており、このセロトニンが不足してしまうと 疲れやすい イライラしやすい 落ち込みやすい …

じゃがいもはやっぱりダイエットのNG食材だった

みんな大好きじゃがいも。 蒸して良し。 焼いて良し。 煮て良し。 揚げて良し。 どんな調理方法でも美味しく食べられる万能食材です。 ただ、最近は糖質制限ダイエットが流行っていることもあり、じゃがいもは太る食材という悪役になりつつあります。 その逆…

グルテンフリー食・低FODMAP食の過敏性腸症候群への効果は?

グルテンフリーダイエットや低FODMAP食という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃることでしょう。 グルテンフリーダイエットは小麦などに含まれている「グルテン」を摂らないようにする食事方法です。 有名スポーツ選手やハリウッドセレブが取り入れたこ…

軽い糖質制限は健康に最も良いかもしれないという研究

近年糖質制限ダイエットが流行っており、多くの人がダイエットに成功しています。 ダイエットだけでなく糖質制限食の健康効果も注目されており、糖尿病やてんかんを持つ人の食事としても取り入れられるようになりました。 一方、極端な糖質制限は健康を害す…

女性は大豆を食べると骨が強くなり健康になれる

女性に多い病気の代表として挙げられるのが「骨粗しょう症」ではないでしょうか。 骨が脆くなって折れやすくなってしまう病気です。 特に閉経後女性はホルモン量の関係もあり、骨粗しょう症になる人が多くなります。 もし骨が折れてしまうと生活に大きな支障…

朝牛乳を飲むと一日を通して血糖値が下がってダイエットに効果的かも

朝食はシリアルで軽く済ませるという方も多いのではないでしょうか。 シリアルを食べる際にヨーグルトや豆乳をかけて食べるという方もいらっしゃるかと思いますが、一番人気はやっぱり牛乳ではないでしょうか。 最近の研究によると、朝食時に牛乳を摂ること…

麦飯、雑穀米に替えるとダイエットできるのか?

ヤフー知恵袋にあったダイエットに関する質問にお答えします。 麦飯、雑穀米とはダイエットに、本当に最適でしょうか?基本情報として、アラ50.身長1.7. 体重 65 骨格筋率38% 労働は肉体労働中、朝飯は納豆、卵、白米200グラム、昼飯 野菜を含んだ割子弁当会…

秋の味覚「さつまいも」で美味しくダイエット

秋の味覚のひとつ「さつまいも」 ホクホクとした食感と優しい甘みが美味しい秋の味覚の王様と言えるでしょう。 ただ、ダイエット中の方にとってはさつまいもは太る原因として敬遠されがち。 安心して下さい。 さつまいもは食べ方ひとつで立派なダイエット食…

美味しい新米を食べながらダイエットする方法

食欲の秋。 実りの秋。 秋は新米が美味しい季節です。 ふっくらと美味しい白ご飯は秋の楽しみのひとつと言えるのではないでしょうか。 ただ悩みがあるとすれば 「ご飯が美味しくてダイエットできない」 ということではないでしょうか。 ダイエットはしたいけ…

ビーツ(ビートルート)で疲れにくくなる効果が

最近チラホラと耳にするようになった「ビーツ」という野菜。 スーパーフードと言われ、美容や健康に良いとされています。 とても栄養があるということで、「飲む天然輸血」と言われているとのこと。 日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、中欧や東欧では人…

秋さんまダイエット 秋の味覚で美味しく体重減!

秋の味覚の代表と言えばやっぱり 「さんま」 ですよね。 秋が旬の脂がたっぷり乗ったさんまはとても美味しい食べ物です。 ですが、ダイエット中の方にとっては脂がのったさんまはカロリーが気になるところ。 でも安心してください。 さんまはダイエットにも…

はちみつダイエット!?蜂蜜が体重増加とメタボを予防

メタボリックシンドローム、通称メタボ。 内臓脂肪型肥満+糖尿病・高血圧・脂質異常症が組み合わさった症状のことです。 団体によって診断基準が若干違ったりはするのですが、お腹が出ていて持病があればメタボと思えばだいたいOKです。 メタボ状態だとぽっ…

コーヒーをたくさん飲む人は長生きできる

コーヒーが健康に良いことは周知の事実ですが、あくまで適度な量を飲んだ場合でのことです。 ここでの「適度な量」というのはコーヒー3~4杯という量です。 ただ、 コーヒーを5杯以上飲んだら健康に悪いのか? カフェイン代謝に関する遺伝的な影響はどうなの…

きのこを1日1g食べると乳がんリスクが3%低下する

きのこ。 しいたけ・しめじ・えのき・エリンギ・舞茸・松茸・トリュフ・マッシュルームなどなど…日本人の食生活にも馴染み深いきのこ類。 いくつかの研究ではきのこを食べることが乳がん予防に効果あると報告されており、美味しいだけでなく健康にも良いのが…

痩せる食べ方?鶏肉VS牛肉 果物は食前or食後 ダイエットに良いのは?

ネット上には様々なダイエット情報が流れていますが、面白い記事を見つけたのでご紹介しましょう。 記事の内容を紹介しながら本当かどうかも見ていきましょう。 www.msn.com Q.脂肪を燃やすのは鶏肉?牛肉? Q:脂肪を燃やすのは、鶏肉or牛肉?●正解は……牛肉…

カツ丼VS天丼 どちらがダイエットに良いの?

さて皆さん、もしダイエット中にカツ丼と天丼のどちらかを選ぶのであればどちらを選びますか? 「どちらもあかんがな」 って意見はごもっともなんですが、2択を迫られた時にどちらを選んだ方が影響が少ないかで考えてみてください。 ちなみに私はカツ丼一択…

筋力トレーニングの痛み・辛さを軽減するにはカフェインが効果的

私は普段加圧トレーニングを指導しています。 加圧トレーニングって楽なイメージを持っている方もいらっしゃるんですが、実際はとても辛いトレーニングです。 私のお客様も毎回苦しそうな顔をしながらトレーニングをなさっています。 私は苦しそうな顔を楽し…

たんぱく質の摂取が睡眠状態を改善する

たんぱく質摂っていますか? たんぱく質は非常に大切な栄養素であり、筋肉をつけるのに大切な栄養として知られていますよね。 筋肉を付けたい人だけではなく、ダイエット時にもたんぱく質をしっかりとることでダイエットが促進されることが知られています。 …

葉野菜を1日1.3人前食べると脳機能の低下が11年遅くなる

近年の「健康ブーム」により、健康に良い食べ物を食べたり、健康のために運動をしたり、健康に良いサプリメントを摂ったりといった健康志向の方が増えているようです。 そんな健康対策のひとつに 「野菜をしっかり食べる」 ということが挙げられるのではない…

お風呂上がりのアイスクリームで体内時差ボケが起きる

暑い夏。 お風呂に入った後には火照った冷やすためにアイスクリームを食べるって方も多いことでしょう。 お風呂上がりのアイスは至福の時間です。 ただ、そのお風呂上がりのアイスクリームが体内時計の乱れに繋がっているかもしれません。 概日リズムと炎症…

【危険】夏にポカリをがぶ飲みすると腎臓が壊れるかも

暑い日が続いており、テレビなどでも熱中症に関する情報がしきりに報道されています。 特に小さな子どもやお年寄りなどは熱中症になるリスクも高く、酷い場合は命を落とすことにも繋がります。 そんな熱中症予防方法のひとつとして「水分補給」が挙げられま…

過敏性腸症候群の方必見!ブルーベリーでお腹の調子が改善

眼に良いということで有名なブルーベリー。 ブルーベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。 ブルーベリーの青い色はアントシアニンの色です。 さて、そんなブルーベリーに含まれるアントシアニンですが、腸内環境の改善…

【危険!】真夏の炎天下でガリガリ君を食べると熱中症に!?

暑い季節になると冷たい物を食べたくなりますよね。 アイスや氷菓など冷たいものを食べれば暑さも多少我慢できるのではないでしょうか。 私も夏はついガリガリ君が食べたくなります。 また暑い時期に気をつけなければいけないのがご存知「熱中症」ですね。 …

サラダチキンが苦手な人は、ファミマのチキンステーキを食べろ

今やダイエット食の定番とも言えるようになったサラダチキン。 各コンビニやスーパーがこぞって販売し始め、今では様々な味のサラダチキンが売られています。 皮をはがした鶏むね肉が使われており、糖質も脂質も少なくたんぱく質は豊富というダイエットには…