もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

「ゼロコーラで太る」は嘘!水を飲むよりもゼロコーラを飲む方が痩せる!

f:id:shimoshi-kentaro:20170410053502j:plain

この記事では、人工甘味料と体重の関係について書いています。

 

巷には様々なゼロカロリー飲料が

最近カロリーゼロのソフトドリンクって増えましたよね。

私もよくコカ・コーラゼロのお世話になっております。

普通のコーラだと結構カロリーあるんですよね。

 

「こんなに甘いのにカロリーがゼロのはずがない!」

っておっしゃる方も中にはいらっしゃいます。

甘いのにカロリーゼロなのは人工甘味料を使っているからです。

 

スクラロースとかアセスルファムKとかアスパルテームとかってラベルに書かれていると思います。

ちなみにアスパルテームは最近減っていますね。

ゼロコーラも以前は使われていましたが、今はスクラロースとアセスルファムKが使われています。

 

他にもキシリトールとかエリスリトールとかソルビトールとか聞いたことがあるかと思います。

キシリトールなんかはガムに使われていて有名ですよね。

これらも人工甘味料に分類されるんですが、その中でも糖アルコールと言われるもので、狭義の人工甘味料(合成甘味料)には分類されません。

ちなみに「●●ール」って名前は糖アルコールです。

 

さて、人工甘味料て「人工」って書いてあるのでなんとなく身体に悪いって思う方が多いようです。

また、「人工甘味料を摂ると太る」ってネットやTVで言われたりしています。

決してそんなことはありません。

 

むしろ水を飲むよりもコカ・コーラZEROを飲むほうが痩せるかもしれません。

 

人工甘味料に関する研究をまとめてみたら… 

人工甘味料は世界中で消費されており、砂糖を人工甘味料に替えることで摂取エネルギーの減少が期待されています。

その一方、人工甘味料が体重増加・肥満のリスクを高めるという声もありました。

 

そこで、英国ブリストル大学のRogersらの研究グループは、これまで行われた人工甘味料に関する研究をまとめました。*1

人工甘味料に関する様々な研究結果をまとめたところ

  • 人工甘味料を摂っても、摂取エネルギーや体重の増加は見られなかった
  • 砂糖と比較すると摂取エネルギーと体重の減少が見られた
  • 水と比べてもたぶん体重は減少する。
  • 大人も子供も関係ない

といった結果が見られました。

 

巷でいわれる「人工甘味料で太る」というのは嘘!

今回の発表はものすごく大量の論文をまとめて調べた結果なので、結構信頼できる結果です。

少なくともネットやテレビで持論を得意げに話している偉い先生っぽい人よりかは信頼できます。

 

やはり、人工甘味料を摂ってもそれが原因で太るということはなさそうです。

巷で言われている「人工甘味料で太る」というのは嘘ということになります。

 

また、砂糖を摂った場合と人工甘味料を摂った場合を比べても、人工甘味料に軍配が上がります。

普通のコーラよりもゼロコーラの方が太らないということですね。

 

水と比較してもゼロカロリー飲料の方がたぶんダイエットに役立つというのはちょっと驚きですね。

「たぶん」とつけていますが、水と人工甘味料を比べた研究が3件のみだったので、他の結果に比べると若干信憑性が落ちるといった感じです。

一応3件の研究をまとめると、水に比べてゼロカロリー飲料を飲んだ方が平均1.24kg落ちているので、十分な変化と言えそうです。

 

水よりもゼロカロリー飲料が痩せるという報告は他にもある

ただの水よりもゼロコーラのようにゼロカロリー飲料の方が痩せるという報告は他にもあります。

コロラド大学のPetersらの研グループが水とゼロカロリー飲料とのダイエット効果について比較しています。*2

実験では、水を飲むグループは12週間で4.09kg体重が落ちたのに対し、ゼロカロリー飲料を飲んだグループは5.95kg落ちたという結果になりました。

おまけに水を飲むグループに比べてゼロカロリー飲料を飲んだグループは空腹感が大幅に減少したとのこと。

 

研究の結論として、ダイエット中においては水がゼロカロリー飲料よりも優れているわけではないことがわかったとしています。

ゼロカロリー飲料がダメで水はオッケーと単純には言えないようですね。

 

ゼロカロリーで太る説

この研究で人工甘味料が太るというのは否定されたわけですが、そもそも人工甘味料で太るという理由として、

「人工甘味料でもインスリンが分泌され、血糖値が低下することで空腹を感じ、余計に食べてしまうから」

とのことでした。

人工甘味料の中にはインスリンが分泌されるものもありますが、空腹を感じて余計に食べてしまうというところまではいかないことが多いのかと思います。

 

先述の研究では人工甘味料を使っても摂取エネルギーは増えなかっただけでなく、砂糖と比較したらむしろ摂取エネルギーは減ったということで、人工甘味料で太るという説はまったく気にする必要はなさそうです。

 

「人工甘味料を摂ると太るんだよー」

って言う方がいらっしゃったら、

「水よりもコカ・コーラゼロを飲む方が痩せるんだよー!」

って教えてあげてください。

 

ただ、痩せるからと馬鹿みたいに大量に飲むのは控えましょう。 

多少とは言えインスリンが分泌される場合があります。

大量に飲んでいるとインスリンをたくさん分泌してしまい、体重の増加に繋がる可能性があります。

 

ダイエット中の選択肢が増える

人工甘味料が問題ないからと積極的に摂りましょうとは言いません。

今回の研究はあくまで体重と人工甘味料に関する問題が解決しただけです。

人工甘味料を大量にかつ長期的に摂った場合の健康に対する影響が考えられるからです。

 

実際に人工甘味料を使ったゼロカロリー飲料で脳卒中や認知症のリスクが高まったという報告もあります。

ただし、これに関しても確実とは言えない内容なので、今後の研究を待ちたいところ。

 

個人的には人工甘味料を摂る害よりも、ソフトドリンクに含まれている砂糖や異性化糖を摂る害の方が圧倒的に大きいと思っています。

これらの糖には「果糖」が大量に含まれているんですが、この果糖の摂り過ぎが健康に物凄く悪影響を及ぼすからです。

だからと言ってがぶ飲みして良いというわけではありませんが、普通のコーラを飲むよりゼロコーラを飲む方がメリットは大きいでしょう。

 

とりあえず、ダイエット中に甘い物が欲しくなった場合、「ゼロカロリー飲料を飲む」という選択肢が増えることになるので、ダイエットには役立つかと思います。

1日にゼロコーラをペットボトル1本(500ml)程度であれば健康に対する害も気にしなくて良いでしょうから、ダイエット中に甘いものが欲しくなったらゼロコーラを飲んで気分転換してみてはいかがでしょうか。 

 

過去の人工甘味料に関する研究をまとめた研究でも、普通の砂糖を人工甘味料に置き換えることは適度なダイエットとなり、体重減少や体重維持の計画を守るために有用なオプションであると発表しています。*3 

また、人工甘味料の利用が他の甘味料(砂糖など)の摂取量の低下につながっているという報告もあります。*4

結論を出すにはまだまだ研究が必要とのことですが、体重の管理に人工甘味料は効果的なようです。

 

上手に人工甘味料を利用すればダイエット中の苦痛も軽減されるとともに、体重・体脂肪の減少という良い結果もついてくるでしょう。

ぜひ活用してみてください。

 

人工甘味料はダイエットの力強いサポーター

人工甘味料はほぼ間違いなくダイエットに役立ちます。

人工甘味料を摂ると太るという説は間違いです。

 

ただし、ダイエットに関して役立つことはわかりましたが、健康に対してどのような影響を与えるかまではまだハッキリと分かっていません。

そのため、むやみやたらに摂るのは控えたほうが良いでしょう。

ゼロコーラなら500mlのペットボトル1本程度に抑えておくと良いでしょう。

 

ダイエット中なのに甘いものが欲しくなったらゼロカロリー飲料を飲むといった感じで活用すれば良いのではないでしょうか。

少し甘みを味わうことができれば精神的なストレスも多少解消され、その後のダイエットも捗るかと思います。

ぜひダイエット中はゼロコーラを飲んで頑張ってください。

【500ml増量デザイン】コカ・コーラ ゼロ 2Lx6本

【500ml増量デザイン】コカ・コーラ ゼロ 2Lx6本

 

www.moshimoshishimoshi.com

参考文献