健康

フライドポテトを週2回以上食べると早死にする

マックフライドポテトを週2回食べると早死する

時々食べたくなるマクドナルドのポテト。

ダイエット中はNG食材ですが、ダイエット中でなければたまに食べる程度なら良いかもしれません。

 

さて、今日はそんなフライドポテトに関するお話です。

フライドポテトを週2回以上食べるのは控えた方が良さそうです。

週2回フライドポテトを食べると死亡リスクが1.95倍

イタリアNational Research CouncilのVeronese らの研究グループはジャガイモの消費量と早期死亡との関係を調べました。*2

調査は、45~79歳の男女4400人を8年間追跡しました。

 

その結果、フライドポテトとかハッシュドポテトとかポテトチップスといった油で揚げたジャガイモ料理を

  • 週に2~3回食べる人はほとんど食べない人より死亡リスクが1.95
  • 週3回以上食べる人はほとんど食べない人より死亡リスクが2.26

になったとのこと。

揚げたジャガイモで死亡リスクが高くなる理由?

なぜ揚げたジャガイモを食べると死亡リスクが高くなるのかはよく分からないみたいです。

ちなみに揚げていないジャガイモの摂取量に関しては死亡リスクに関係が無かったので、ジャガイモ自体が問題なのではなく、油で揚げたジャガイモが問題ということになります。

 

単純に摂取カロリーの問題?

単純に摂取カロリーの増加の影響もあるかもしれません。

マックフライポテトの場合、Lサイズのカロリーが534kcalあります。*3

週2回で1,068kcal、8年間にもなると445,356kcalと膨大な摂取カロリーになります。

 

しかもアメリカで調査したということで、日本のLサイズよりも大きい可能性もあります。

そうなれば摂取カロリーはさらに増えることになります。

摂取カロリーが増えれば体脂肪の増加、肥満にもなればもちろん死亡リスクは高まります。

 

高温で加熱の問題

じゃがいもを油で揚げると美味しそうなきつね色になりますが、この様に加熱によって色が変わるのを糖化反応、メイラード反応って言います。

この糖化が起きるときにアクリルアミドという物質ができてしまいます。

 

このアクリルアミドはガンなど健康へのリスクを高めてしまいます。

週2回フライポテトを食べ続けるとなると、それなりのアクリルアミドを取ることになります。

 

それによって死亡リスクが高まった可能性がありますね。

糖化は老化。糖化を防ぐのがアンチエイジングに重要 の記事にもあるように、糖化に気をつけることは非常に重要です。

 

ジャガイモが生活習慣病の元になる?

ジャガイモ自体が健康に良くない可能性も考えられます。

  • ジャガイモ、特にフライドポテトが糖尿病のリスクを19%高めるという報告*4
  • フライドポテトが女性の2型糖尿病リスクを高めるという報告*5
  • 他にもジャガイモが高血圧のリスクを高めるという報告*6
  • フライドポテトが肥満・心血管疾患・糖尿病リスクを高めるという報告*7
  • ジャガイモが結腸直腸がんのリスクを高めるという報告*8

などの報告もあります。

中にはゆでたジャガイモは別に良いけど、

「フライドポテト」お前は別だ!

といった報告もあるので、ジャガイモというより「油で揚げたジャガイモ」が身体に良くないようです。

フライドポテトの食べ過ぎには十分に気を付けましょう。

まとめ

週2回以上、揚げたじゃがいもを食べることで死亡リスクが高まります。

フライドポテトやポテトチップスなんかがダメってことになります。

ということは、マックに週2回以上行ったら早死するってことですね。

 

時々マックフライドポテトが全サイズ150円といった感じのキャンペーンが行われますが、安いからと言って頻繁に行かないようにしましょう。

キャンペーン中に1回程度ならそれほど問題もないでしょう。

 

たまに食べる程度なら問題ありません。

フライドポテト以外にもじゃがいもを揚げる料理はいくつもあります。

健康を考えるのであれば揚げ物を頻繁に行うのは控えましょう。

調理方法にも気をつけて健康な身体を手に入れましょう。

参考文献

関連記事