ダイエット

朝食と一緒にプロテインを飲むと体脂肪が落ちてダイエットできる

朝食時にプロテインを飲むと 体脂肪が落ちてダイエットできる

プロテイン。

以前は筋肉マンが飲んでいるイメージでしたが、最近は女性や高齢者も飲んでいたりと一般の人にも受け入れられるようになってきたように思います。

 

ただ、やっぱり筋肉を付けたい人が飲む物ってイメージはまだまだあるようですがそれは間違いです。

実は、プロテインは筋肉をつけるだけでなく、ダイエットを助ける飲み物なんです。

特に朝食と一緒にプロテインを飲むことでダイエット効果が高まります。

 

この記事ではそんな朝食+プロテインのダイエット効果についてご紹介致します。

 

朝食でホエイプロテインを飲むと痩せる

では、朝食と一緒にプロテインを飲んだらどうなるか見ていきましょう。

イスラエル・テルアビブ大学のJakubowiczらは、2型糖尿病患者を対象に、朝食にホエイプロテインを飲ませたらどうなるかって調べています。*1

対象となったのは平均年齢58.9歳、平均BMI32.1の糖尿病患者56人。

 

56人の患者を

  1. 総たんぱく質42グラムの朝食(そのうちホエイプロテイン28グラム)
  2. 総たんぱく質42グラムの朝食(いろんなたんぱく質源から摂取)
  3. 総たんぱく質17グラムの普通の朝食(いろんなたんぱく質源から摂取)

以上の3つのグループに分けて生活を行なってもらい、12週間後に体重を調べてみました。

たんぱく質が多い食事と少ない食事とに分け、たんぱく質が多い食事も普通の食べ物だけでたんぱく質を摂った場合と、食事+プロテインでたんぱく質を摂った場合とで比べたわけですね。

 

さて12週間後の体重の変化は

  1. 普通の食事+プロテイン:平均7.6kg減少
  2. 高たんぱく質の食事:平均6.1kg減少
  3. 普通の食事:平均3.5kg減少

という結果になりました。

 

3番のたんぱく質17gの普通の朝食を摂ったグループより、1と2のたんぱく質を42g摂るたんぱく質が豊富に含まれた朝食を摂るグループの方が明らかに体重が減っています。

これでまず朝食ではしっかりとたんぱく質を摂ることが重要であることがわかりました。

 

さらに同じ高タンパク質の朝食であっても、たんぱく質の内容によっても違いが出るようです。

いろんな食材からたんぱく質を42g摂ったグループよりも、普通の食事+ホエイプロテインでたんぱく質を42g摂ったグループの方がさらに体重を多く落とすことができています。

朝食でたんぱく質豊富な食事を摂るとダイエットが捗るということですが、ホエイプロテインを摂ることでさらに体重が落ちやすくなるということですね。

 

ポイント

朝食でホエイプロテインを含む高タンパク質の食事を摂るとダイエット効果が高まる

朝食+ホエイプロテインでダイエット

朝食でホエイプロテインを含む高タンパクの食事をすると痩せやすくなるということですね。

 

朝食はどうしてもたんぱく質が少なくなりがちです。

シリアルに牛乳をかけるような内容だとたんぱく質が少ないというのはもちろんのこと、和食・洋食どちらの場合であっても不足しがちです。

 

和食ならご飯・焼鮭・味噌汁・小鉢・味噌汁といった感じが多いでしょうか。

焼鮭が卵焼きになったり他の焼き魚になったりといった違いはあるかと思いますが、そこまで差はないでしょう。

 

焼き魚が入っていればそこそこたんぱく質は摂れますが、今回の実験のように40gを超えるほどのたんぱく質を摂ることは難しいでしょう。

多く見積もってもせいぜい30gといったところです。

 

洋食の場合はパン・ハムエッグ・サラダ・コーヒーといった感じでしょうか。

ハムエッグがベーコンエッグになったり、ハムステーキが付いたりといった差はあるかと思いますが、この場合でも40gを超えることはないでしょう。

 

和食も洋食もある3品程度揃った状態であってもたんぱく質は少ないってことになります。

朝からガッツリとステーキでも食べるならたんぱく質は十分摂れますが、そこまでの食欲はないでしょうし、朝からそんなに食べていたらエンゲル係数が跳ね上がりそうです。

 

むしろ朝食は簡単に済ませる人の方が多いでしょう。

卵かけご飯と味噌汁・パンとコーヒー・シリアルに牛乳といった簡単な朝食で済ませるといった方は多いでしょう。

短時間で済ませることができるので忙しい朝でも用意しやすいんですが、間違いなくたんぱく質は足りていません。

私も最近はパスタにオリーブオイルをかけるだけという手抜き朝食にハマっているのですが、明らかにたんぱく質は不足です。

 

そんなたんぱく質が不足しがちな朝食ですが、プロテインを飲めば簡単に解決することができます。

私がハマっているパスタにオリーブオイルだけという朝食では15gくらいしかたんぱく質を摂ることができません。

そこでプロテインを飲むことでたんぱく質摂取量を簡単に40g程度まで増やすことができます。

 

準備もシェーカーに水を入れてからプロテインを適当に入れ、シャカシャカと振って溶かしたらグイッと飲むだけです。

お手入れも溶かしたシェーカーと蓋を洗剤をつけたスポンジでサッと洗えばOK!

忙しい朝でもあっという間にたんぱく質を摂ることができます。

通販番組みたいな紹介の仕方やな

 

 

ちなみに、プロテインと言えばトレーニング後に飲むイメージを持っている方も多いかと思います。

トレーニング直後はゴールデンタイムとも言われ、このタイミングでたんぱく質を摂る方が筋肉が増えやすいと言われています。

 

ところが、最近の研究によればプロテインを摂るタイミングと筋肉量の増加はそこまで関係がないとのこと。*2

筋トレ直後にプロテインを摂っても間を空けてプロテインを摂っても筋肉量の増加には差が見られないようです。

ということで、朝食の際にプロテインを摂ってもちゃんと筋肉量の増加に役立ちます。

 

しかも、トレーニング直後にプロテインを摂る場合に比べて食事と一緒にプロテインを摂る方が体脂肪が減りやすいという報告もあります。*3

体重を増やすにはトレーニング直後にプロテインを飲む方が良いようですが、今回はダイエットが目的ということなので食事と一緒にプロテインを摂る方が良いということになります。

そんな食事の中でも特に朝食と一緒に摂ると体重の減少が大きくなるということで、ダイエットをするなら朝食と一緒にプロテインを飲むというのは必須と言っても良いかもしれません。

 

まとめ

少しでも効率良くダイエットしたい。

そんな方はぜひ朝食時にホエイプロテインを飲みましょう。

朝食と一緒にホエイプロテインを摂ることでダイエット効果は高まります。

 

脂肪を燃焼させると謳ったサプリメントは数多く存在します。

ところが、ほとんどのサプリメントはその効果が十分に検証されていません。

なんとなくダイエットサプリメントを買うのであれば、まずはホエイプロテインを買いましょう。

朝食と一緒に摂れば痩せやすくなるのに加え、筋肉も増えて代謝も上がり、身体のラインもキレイになるでしょう。

 

朝食と一緒にホエイプロテインをぜひお試しください。

 

参考文献

関連記事
no image ダイエット

打倒食欲の秋 秋がダイエットにむいている理由

2018年8月22日
もしもししもしです。
天高く馬肥ゆる秋 馬も食べ過ぎて太ってしまう秋、食欲の秋ということでダイエットには全く向いていない季節と思われがちですがそんなことありません。 少し気をつけるだけで秋は …