もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

【簡単暗記力向上方法】暗記後に運動を行えば記憶が定着しやすくなる。

f:id:shimoshi-kentaro:20170830131903j:plain

暗記って得意ですか?

高校受験や大学受験、資格試験といった試験には必ず暗記が大切になってきます。

「受験は暗記が全て」と言い切る先生もいるくらい重要な要素です。

私も受験や資格試験の時には必死に暗記したのを覚えております。

 

少しでも効率よく暗記したいということで、様々な記憶術なんかも考案されていますね。

そんな暗記力を少しでも高めたいって方は、勉強の後に運動を行ってみてはいかがでしょうか。

 

顔と名前を覚える実験

社会に出てから最も暗記力を必要とする内容として、「顔」と「名前」を覚えることではないでしょうか。

社内の先輩や上司、取引先の担当者、合コンで出会った人達、子供の保育園のママ友などなど。

顔や名前を覚えなくてはいけないシチュエーションは非常に多いと思います。

一発で顔と名前を覚えることができればコミュニケーションもスムーズになり、社会生活にも大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

そんな顔と名前を暗記する実験が行われました。*1

研究の方法

平均年齢20才の男女265人を被験者とする試験を行いました。 試験では、男性の顔と名前の組み合わせを暗記した直後に5分間の軽い有酸素運動を行ったり行わなかったりし、その後に暗記した内容を覚えているかどうかテストしました。

結果

女性に限り、運動を行ったときのほうが暗記した内容をよく覚えていました。

勉強をした直後に運動すると学習内容が頭に残りやすい。 でも女性だけ? | 最新健康ニュース

パソコンモニターに男性の顔と名前が4秒間ずつ合計15名の顔と名前を表示され、それを覚えるという実験ですね。

 

ちなみに名前はアメリカ国内では一般的な名前ということで、日本だと「一郎」とか「次郎」とか「三郎」とかですね。※あくまでイメージです。

「あくま」とか「じばにゃん」とか「みゅうつー」とか「あーす」とかのいわゆるキラキラネームみたいなインパクトのある名前だと憶えやすくなってしまうので、あくまで目立たない普通の名前で実験が行われました。

 

15名の顔と名前を見てもらった後、半数には階段の上り下り運動をしてもらい、もう半分には安静におとなしくしてもらいました。

その結果、運動を行った方が顔と名前をよく覚えているという結果が見られました。

 

暗記直後の運動で覚えやすくなる

暗記した直後に運動を行うと暗記した内容が定着しやすくなるようですね。

軽い有酸素運動ということで実験ではステップ台を使って階段上り下り運動を行いましたが、ウォーキングなどでも良いでしょう。

勉強した後に気分転換としてジョギングを行っても良さそうです。

 

ただ、今回の実験では大きな問題がありまして、 

女性に限る

とのこと。

 

今回の実験に関しては女性限定で効果が見られたようです。

男女の脳の違いであったりとか、男女の体力差の関係で男性にとっては運動と言えないような有酸素運動だった可能性などが考えられます。

男性ももう少し強度を高くすれば男性の結果も変わったかもしれません。

階段の上り下りではなくジョギングをするとか。 

 

あっ、あとは暗記の対象が「男性の顔と名前」だったということも関係しているのではないかと思います。

何が嬉しくて男の顔と名前を覚えなくてはいけないのか同性である男の顔と名前では本能的に覚える気になれなかった可能性も考えられます。

コレが「美人の顔と名前」ということであれば恐らく結果は変わったでしょう。

私が被験者であれば絶対変わります。

美人の顔と名前は忘れたくありません。覚えやすいですよね。

 

勉強だけでなく多少は運動を行いましょう

ということで、実験の内容が「男性の顔と名前を覚える」というものだったので男女で結果に差がついてはいますが、勉強後に軽い運動を行うことで暗記力・記憶力が高まる可能性は高いでしょう。

勉強以外に余計な時間を使いたくないって場合もあるかもしれませんが、適度に運動を行うことで血流が良くなり、脳の疲労の回復や体調の改善なんかが期待できます。

体調管理も重要な要素のひとつですね。

 

また適度な運動により睡眠の質も上がります。

睡眠の質が高まれば同じ時間寝たとしても疲労の回復具合に差が出てきます。

もちろん日中の眠気にも関係してきますので、長い目で見ると運動が学力向上に役立つことでしょう。

 

ちなみに直後の運動というのは机に座っての勉強だけではなく、スキル的な練習の直後に運動をしても覚えるのが早くなるようです。*2

技術職の方は仕事の後に運動を行うと技術の習得が早くなったり、ゴルフの練習の後に軽い運動を行えばスイングが早く上手になってスコアにも良い影響が表れるでしょう。

 

ぜひ、「直後の運動」を取り入れるようにしてみてください。

きっと仕事・勉強・趣味の役に立つはずです。

 

お酒を飲むと暗記力が上がるかも

余談になりますが、お酒を飲むと記憶が定着しやすくなるという報告もあります。

学生の試験勉強に役立てることはできませんが、仕事が終わってから家で資格の勉強をしているって方なら、勉強後に少々お酒を飲むのも良いかもしれません。

少なくとも、試験勉強のために完全にお酒を止めて勉強だけに集中するってことはしなくても良いでしょう。

飲酒前に行なった勉強の内容が記憶として定着しやすくなることに加え、適度なストレス解消が翌日以降の勉強への意欲に繋がるかもしれません。

 

お酒が飲める年齢の方はお酒も上手く活用してみてください。 

 

参考文献