もしもししもしです。

エビデンスに基づいた筋トレ・ダイエット情報

ダイエットは休憩期間を挟みながら行うと体重が減りやすい&リバウンド予防効果

f:id:shimoshi-kentaro:20190221045927j:plain
日々ダイエットに励んでいる方も多いことでしょう。

真面目にずっと食事を制限したり、コツコツと運動したり…。

 

そんな真面目な性格の方は個人的には好きなんですが、ダイエットの場合、ずーっとダイエットを頑張るよりも、定期的に休憩期間を入れる方が効果的なんです。

 

この記事では、ダイエット中に休憩期間を入れることによる効果についてご紹介しています。

ダイエットに対して真面目な方の参考になれば幸いです。

 

休憩を挟むダイエットの効果について

ダイエットのためにはカロリーを減らす必要があります。

カロリーを減らせば基本的には体重は減っていき、ダイエットに成功することになります。

 

ところが、カロリーを制限を続けていると身体が適応してしまい、代謝が下がって消費カロリーが少なくなってしまいます。

それによって体重の減少が止まってしまうことがあります。

俗に言う「停滞期」というものですね。

 

そんな停滞期対策として一度摂取カロリーを増やすという方法があります。

ただ、一度カロリーを増やせばダイエットは完全にストップしてしまいます。

  • 停滞期が来てもそのままダイエットした方が良いのか?
  • 休憩期間を挟みながらダイエットした方が良いのか?

そんな疑問に対してオーストラリア・タスマニア大学の研究者らは、ダイエットを続けた場合と休憩期間を挟んだ場合のダイエット効果の違いについて調べています。*1

 

実験では肥満の男性51人を

  • 16週間ずっとカロリーを制限するグループ
  • 2週間ごとにダイエット期間と体重維持期間とを30週間繰り返すグループ(カロリー制限期間は同じ16週)

以上の2つのグループに分けて体重や体組成の変化を調べました。

2つ目のグループは2週間ダイエットしたら2週間維持するというのを8回繰り返したわけです。

ダイエット期間は同じ16週間として、体重の変化を比較したわけですね。

  

体重の変化

さて、ダイエットの結果を見てみましょう。

まずは体重の変化です。

  • ずっとダイエットを続けるグループは:9.1kg減少
  • 交互に繰り返すグループは:14.1kg減少

ということで、カロリー制限をする期間は同じ16週間であるにもかかわらず、体重の減少は休憩期間を挟んでダイエットをしたグループの方が体重がたくさん落ちるという結果になりました。

 

やはりダイエット中の停滞期対策として一度休憩を挟むと効果的なようです。

 

 

体脂肪の変化

ダイエット中に休憩期間を挟む方が体重がよく落ちるということでしたが、肝心の体脂肪に関してはどうでしょうか?

体重が落ちても体脂肪が落ちていなければ意味ありませんからね。

 

そんな体脂肪に関しても

  • ずっとダイエットを続けるグループ:8.0kg減少
  • 交互に繰り返すグループ:12.3kg減少

ということで、体脂肪に関してもダイエット中に休憩期間を挟むグループの方がたくさん落ちていたという結果になっています。

16週間のダイエットでかなり体脂肪が減っていますね。

体脂肪が12キロも落ちたらウエストもサイズも10センチ以上小さくなっているでしょうから、服は全て買い換えでしょうね。

 

体脂肪の観点から見てもダイエット中に休憩期間を挟むと効果的なようです。

 

筋肉の減少

体重が減っても筋肉ばかりが減っていると引き締まった身体にはなりません。

できるだけ筋肉は落とさずにダイエットすることが大切です。

 

そんな筋肉量の減少については

  • ずっとダイエットを続けるグループ:1.2kg減少
  • 交互に繰り返すグループ:1.8kg減少

という結果になっています。

筋肉量に関してはどちらも同程度の筋肉減少という結果になっています。

若干減っていますが許容範囲内です。
 
14キロも体重を落として筋肉を全く落とさないというのはまず不可能です。
14キロも体重が減ったにもかかわらずこれくらいの筋肉量の減少で済んでいると見るべきですね。 
 
ということで、筋肉量の減少についてはどちらのダイエットでも同じくらいということになります。
 

リバウンドの予防

ダイエットが終わってから体重が戻ってしまうというケースが良く見られます。

俗に言うリバウンドですね。

ダイエットが終わった後に体重が元に戻ってしまってはダイエットを頑張った意味がなくなってしまいます。
 
この研究でもダイエット実験終了後半年間でどちらのグループも体重が増えたものの
  • ずっとダイエットを続けるグループ:5.9kg増加
  • 交互に繰り返すグループ:3.5kg増加

というように休憩を挟んでダイエットしたグループは体重が大きく落ちたにもかかわらずダイエットを終えた後の体重増加は少なく済みました。

ずっとダイエットを続けたグループにいたっては、ダイエット終了後半年間で体脂肪の量はほぼ元通りになってしまったとのこと。

 

ダイエットは休憩期間を挟みながら行う方がリバウンドもしにくいということですね。

 

ダイエットは休憩期間を挟みながら行うと効果的

研究の結果を見ると、ダイエット期間と体重維持期間を交互に繰り返す方が良いようです。

継続してダイエットを行うよりも明らかに体重・体脂肪が減っています。 

 

ちなみに体重維持期間にも体重が減ったんじゃないかと思いましたが、体重維持期間の体重の変化は0.0±0.3kgということなのでほとんど変化なしです。

単純にダイエット期間の16週間でよりたくさん体重が落ちたということになります。

 

ずーっとダイエット食を続けるのって大変なんですが、2週間ごとに切り替えることができるのであれば精神的にもかなり楽に感じるのではないでしょうか。

16週間、約4ヶ月間も好きな食べ物を我慢してダイエットを続けるより、ある程度気をつける必要はあるとは言え、2週間ごとに好きな物を食べながらダイエットを行う方が気分的にはかなり楽でしょう。

 

ダイエットって長く続けるほど代謝が下がります。

身体がダイエットに適応して、省エネモードの身体に切り替わるからです。

 

2週間ごとに体重維持期間を設けることで、下がった代謝が元に戻ります。

そこでまたダイエット期間に入ることで効果的に痩せることが出来るってことですね。

ダイエットは継続して行うのではなく、定期的に休憩期間を挟みながら行うようにしましょう。

 

ダイエット休憩期間に体重が増えないように注意

ダイエットは休憩期間を挟む方がいいわけですが、注意すべきこともあります。

ダイエットはサボりながらが良いからと言って、ダイエット休止中に体重が増えるようではサボり過ぎです。

ダイエット休止期間中はあくまで体重のキープです。

 

逆に体重維持期間なのに体重が減ってしまっていては代謝が元に戻ってくれません。

体重は増えもせず、減りもせずの状態で2週間キープしましょう。

もちろん日々の変動は多少ありますので、平均で体重がキープできていれば良いでしょう。

 

ダイエット期間の2週間はしっかりとカロリーを制限して体重を落とし、維持期間はダイエット期間中よりも多めにカロリーを摂り、体重が減らないようにキープする。

そうすればきっとダイエットも成功しやすくなるでしょう。

 

長期間のダイエットには休憩期間が効果的

ダイエットには休憩期間を挟むと効果的であることがわかりましたが、惜しいところもあります。

今回紹介した実験では、2週間のダイエットと2週間の休憩期間を繰り返して行っています。

ダイエット期間自体は同じ16週間はあるものの、トータルの期間は30週間にも及びます。

 

期間として7ヶ月以上もかかっているので、早くダイエットしたいという場合には休憩期間を挟むダイエットは時間が掛かって向いていないということになります。

トータルの期間を同じ16週間として見ると体重の減少はほとんど変わりません。

 

体重の減少がほとんど変わらないなら休憩を挟みながら行う方が楽ですし、リバウンド幅も小さいのでどっちみち休憩を挟みながらダイエットした方が良いわけではあります。

ただ、とにかく短期間で早くダイエットしたいという場合に関しては継続してダイエットした方が効果が高い可能性があります。

 

短期間でダイエットしたいわけではなく、長い目で見てダイエットしたいという場合に関しては休憩期間を挟みながらダイエットを行うと良いでしょう。

 

長期的なダイエットは休憩期間を挟みながら行うと効果的

休憩期間を挟みながらダイエットをすることで、体重や体脂肪が落ちやすくなるとともに、リバウンドを予防することもできます。

ある程度長い期間かけてダイエットを考えている場合は休憩期間を挟みながらダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

ずっとダイエットを続けるより精神的にも楽に感じるでしょうし、体重もしっかりと落ちることで満足できるダイエットになるでしょう。

 

今回の研究では2週間ダイエットと2週間の維持期間を繰り返して良い結果が現れていますので、まずは同じように2週間ごとにダイエットと休憩期間を繰り返すダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの体重は大きく落ちることでしょう。

 

休憩を挟みながらのダイエットをぜひお試しください。

 

参考文献