もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

腹筋運動は腰痛の原因ということで、バスケ協会が「推奨できない」と発表

f:id:shimoshi-kentaro:20171216063253j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

今回はYahooNEWSに気になる記事があったので紹介をしていきます。

 

「腹筋運動」は腰痛の原因 バスケ協会「推奨できない」 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

腹筋運動が腰痛の原因としてバスケ協会が推奨しないトレーニングとして取り上げられる

 腹筋を鍛える運動としてよく知られる「上体起こし」。一般的に「腹筋運動」と呼ばれるこの動作を何度も繰り返すことが、腰痛の原因になるとして、やめさせる動きが、バスケットボール界などで広がってきている。

これは、上体起こし、シットアップと言われるトレーニングのことですね。

体力テストとして行われたりする種目ですね。

こんなやつ↓


大阪体育大学 上体おこし

 

誰でも一度はやったことのある腹筋運動ですよね。

学生の部活なんかだとよく行われていると思います。

ただ、腰を痛めやすい種目のひとつとされています。

一概に悪い種目というわけではなく、体力テストとしては結構優秀という報告もあります。*1

 

椎間板に大きな負担がかかる

協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究だ。ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表した。何度も繰り返すことで、背骨の間の椎間板(ついかんばん)を痛めるという。

バスケ協会が参考にした研究というのは恐らくこれのことでしょう。 

The mechanics of torso flexion: situps and standing dynamic flexion manoeuvres. - PubMed - NCBI

上体起こし運動で腰に物凄く負担がかかっていますよって報告です。

 

よく腰の負担を減らすために膝を曲げた状態で行いましょうと言われるんですが、

「膝を曲げようが伸ばそうが腰に負担がかかるから止めておけ」

ってことのようです。

実際私の指導でも上体起こしはほぼ行いません。

他の研究でもいくつかの腹筋の種目を調べたところ、シットアップは一部の人には腰に問題が出る可能性があるという報告もあります。*2

人にもよるかと思いますが、上体起こしは止めておいた方が無難ということになります。

 

腹筋は大切だけど腹筋単独で鍛える必要あるの?

腹筋は大切なんですが、腹筋のトレーニングはあまり意味ないよーってことで、最近流行っているのが”コアトレ”ですよね。

うつ伏せの姿勢で肘とつま先で身体を支えて耐えるトレーニングとか。

学生の部活でも結構取り入れられているそうですね。

 

ただし、コアトレするよりバーベル持つほうが体幹が鍛えられる の記事のように、コアトレと言われるようなトレーニングを行うよりも、スクワット、デッドリフト、ショルダープレスを行うほうがコアを鍛えるには効果的です。

単純な筋活動を調べてもコアトレより効果的ですし、競技動作を考えてもスクワットやデッドリフトを行うほうが良いですね。

バスケに限らずほとんどの競技でうつ伏せで肘とつま先で身体を支える姿勢なんてしませんからね。

 

バスケ協会さんは上体起こしの替わりにカールアップという肩甲骨が浮くところまで持ち上げる種目を勧めていますが、ぜひフリーウェイトの筋トレを勧めてください。

このブログをご覧の学生さんは、腹筋運動とかコアトレとかしている暇があるならスクワットをしましょう。

もちろん正しいフォームで。

 

まとめ

上体起こし(シットアップ)は腰に悪いので止めておきましょうってことですね。

で、コアを鍛えたいならバーベル担いでスクワット、デッドリフト、ショルダープレスを行いましょう。

この種目でヘタなコアトレよりも体幹を鍛えるのに効果があります。

 

参考文献