もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

腰痛の原因は”歪み”ではなく”ストレス”です。

f:id:shimoshi-kentaro:20180113062104j:plain

 

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

この記事では、姿勢と腰痛の関係について書いています。

 

国民病である腰痛

日本人の国民病とも言える腰痛。

日本だけでなく世界的に見ても、25%近くの人が過去一ヶ月間に腰痛を経験しており、今後高齢化が進むことでさらに増えることが予想されています。*1

私も先日腰痛に見舞われ、初めて腰が痛くて眠れないという経験を致しました。

 

ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、腰椎圧迫骨折などは原因がはっきりとしている腰痛ですが、腰痛の8割以上は原因がはっきりとわからない腰痛です。

原因が分からないので治しようがないのが現状です。

 

整形外科であれば、とりあえず湿布を出したり、電気治療したりしますね。

接骨院や整体であれば、身体の歪みが原因で腰痛が起きていると言われたりします。

私も歪みと腰痛が関係していると思っておりました。

 

ところが、身体の歪みと腰痛って実はそれほど関係ないのかもしれません。

 

身体の歪みと腰痛の関係について

腰痛などの身体の不調を診る人たちの間だけでなく、一般の方たちの間でも姿勢の悪さや身体の歪みが腰痛などの痛みに繋がるというのが当たり前となっています。

そこで、南デンマーク大学のChristensenらの研究グループは、背骨の歪みと健康・腰痛の関連性を調べた過去の研究についてまとめました。*2

研究は、過去に行われた背骨の形や筋肉のバランス、健康・腰痛に関する質の高い研究54件をまとめて分析を行いました。

 

その結果、

背骨の歪みと腰痛・健康に関連性がある強い証拠は見られなかった

ということです。

 

姿勢が悪いから腰痛が起きると言われますが、過去の論文をまとめてみると関係なかったということですね。

"歪みで身体の不調が〜"なんて話がよく行われますが、ただの都合の良い言葉だったということです。

身体が歪んでいても歪んでいなくても、腰痛になる人は腰痛になり、腰痛にならない人はならないってことですね。

 

腰痛の原因は?

では、腰痛の原因って何やねんってことになります。

英国マンチェスター大学のPapageorgiouらの研究によると心理的な健康状態が腰痛と関係しているとのこと。*3

仕事に不満を持っていたり、収入に満足していなかったりすると、腰痛のリスクが倍増したとのことです。

 

心理的なストレスによって腰痛が起きているということですね。

腰痛は姿勢が原因というより、ストレスが原因ということになります。

 

私もたまに腰痛が出たりするんですが、大抵は体調の悪い時です。

体調不良というストレスによって腰痛を感じてしまっていたのでしょう。

 

ストレス対策

ストレス対策に関しては過去にも紹介しており、風邪の諸症状である せき・のど・はなに”ハグ”が効く の記事のようにハグをするとストレスが軽減します。

記事では風邪に対する効果を書いていますが、ストレスが軽減するなら腰痛にも効果があるのではないでしょうか。

 

空港も新幹線の駅もない奈良県に住めば乳がんになりにくい! の記事のように住環境の騒音もストレスの大きな原因です。

 記事では騒音ストレスが乳がんリスクを高めると書いていますが、静かで自然に囲まれた環境であれば腰痛も出にくいのではないでしょうか。

奈良県の山奥に住めば腰痛は少なくなるでしょう。

 

運動もストレス対策におすすめです。

女性のストレス対策にオススメなのがヨガやZUMBAです。

の記事のようにヨガやZUMBAがストレス対策に役立ちそうです。

 

ストレス対策に関しては人それぞれあるかと思いますので、上手くストレス対策を行っていただければと思います。

腰痛がある方はストレスの原因を特定し、対策をすることで慢性的な腰痛から開放されるのではないでしょうか。

 

腰痛改善のためにストレス対策を行いましょう!

 

 

参考文献