もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

黄砂やPM2.5など環境汚染から身体を守るビタミンとは?

f:id:shimoshi-kentaro:20180129044716j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

PM2.5の危険性 

近年何かと話題のPM2.5。

PM2.5とは微小粒子状物質のことで、2.5マイクロメートル以下の大きさの大気中に飛んでいる物質のことです。

 

このPM2.5などの粒子物質は【九州・中国地方にお住まいの方必見!】黄砂の影響でポックリ逝く可能性の高い人の特徴とその対策 の記事のように急性心筋梗塞など心血管系疾患を引き起こすことが知られています。

また、PM2.5は日本だけの問題ではありません。

世界中の多くの都市でPM濃度が上昇しており、全世界で年間370万人の早死に関係しているとされています。

 

そんなPM2.5よる健康被害ですが、ビタミンBを摂ることで悪影響を抑えることができそうです。

 

ビタミンBがPM2.5の影響を抑えるのか?

コロンビア大学のJiaらの研究グループは、ビタミンBの補給によって心臓の自律神経機能不全及び炎症に対するPM2.5の影響を緩和するかを調べました。*1

難しく書いていますが、ビタミンBでPM2.5の悪影響を抑えるかどうかを調べたわけですね。

 

実験は19~49歳の健康な男女10名(男性4名、女性6名)を対象に、PM2.5に2時間曝されるという内容です。

しかも4立方メートルの部屋に座った状態で酸素吸入器みたいなマスクを着けて、直接PM2.5を送り込むという素敵な装置も使って。

酸素カプセルのPM2.5版みたいなもんですね。

実験とはいえあまりやりたくはない内容ですね。

 

まず最初にPM2.5ではなく普通の酸素を送りこんだ状態で2時間過ごしてもらい、普通の状態を調べました。

普通の酸素カプセルと一緒ですね。

 

そしてここからが本番。

4週間プラセボサプリメントを飲んでもらい、その後PM2.5を2時間吸い続けてもらいました。

続いて4週間ビタミンBサプリメント(葉酸:2.5mg、ビタミンB6:50mg、ビタミンB12:1mg)を1日1錠ずつ飲んでもらい、その後PM2.5を2時間吸い続けてもらいました。

 

その結果、ビタミンBサプリメントを摂った場合は心拍数、心拍変動、免疫に対するPM2.5の影響を抑えてくれることがわかりました。

 

PM2.5対策にビタミンBサプリメントを!

PM2.5対策にビタミンBが良いということですね。

日本の場合、お隣の国から黄砂なんかと一緒に飛んでくることも多いので、

「余計な物をこっちに飛ばすんじゃねえ!」

なんて文句言いたくもなりますが、残念ながらその文句は届かなさそうです。

 

となると、個人でPM2.5対策を行う必要があります。

一番良いのは出歩かず家に引っ込んでいることなんですが、ニートでもない限りなかなか難しいのが現状です。

PM2.5対策用のマスクや空気清浄機を使うという対策もありますが、それ以外でも何か対策があれば打っておきたいですよね。

その対策のひとつとして、ビタミンBを摂ると良さそうです。

 

ビタミンBが摂れる食べ物

今回紹介した実験ではビタミンBのサプリメントを摂取して行われました。

サプリメントを使えば簡単にしっかりとビタミンBを摂ることができるので個人的にもオススメです。

 

ただ、サプリメントは使いたくないって方も多いかと思います。

安心してください。

ビタミンBは食べ物から摂ることもできます。

PM2.5対策には葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が良いようなので、それらが多く含まれている食べ物をご紹介します。

 

葉酸

名前の通り葉っぱ系の野菜(葉菜類)に多く含まれているビタミンで、妊娠初期に重要なビタミンで有名ですね。

ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、ニラ、大根葉、ブロッコリー、かぼちゃなどの野菜に多く含まれています。

 

また野菜以外にも

海苔、納豆、レバー、アボカド、いちご

などにも多く含まれているので、それらを食べると良いでしょう。

 

ビタミンB6

筋肉作りにも大切なビタミンです。

ビタミンB6を添加したプロテインなんかも売られていますね。

 

動物性の食べ物に多く含まれているビタミンで、

かつお、まぐろなどの魚類や、レバー、肉

などに含まれています。

普段から肉や魚をしっかり食べているとそれなりに摂れているであろうビタミンです。

 

動物性の食べ物以外はそれほど多く含まれていないのですが、

ニンニク、酒粕、ピスタチオ、バナナ

などには比較的たくさん含まれていますので、肉や魚が苦手って方はこれらを食べるようにすれば良いのではないでしょうか。

 

ビタミンB12

ビタミンB12は”造血ビタミン”と呼ばれ、血液を作るために必要なビタミンです。

このビタミンB12も植物性の食べ物にはあまり含まれておらず、動物性の食べ物である

肉・魚介類・レバー・卵

などに多く含まれています。

 

ただひとつ例外があります。

日本の食卓でも馴染み深い

海苔

は植物性の食べ物であるにも関わらずビタミンB12が豊富に含まれています。

普段の食卓に海苔を並べるだけでビタミンB12をしっかり摂ることができます。

 

さて、海苔といえば有明海です。

海苔の生産量日本一を誇ります。

九州地方は隣の国に近いことからPM2.5が大量に飛んで来やすいんですが、有明海名物である海苔を食べることで、自然とPM2.5対策ができていると言えそうです。

佐賀県、九州にお住まいの方は海苔にかぶりついてください。

 

まとめ

P2.5対策にはビタミンB、特に葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が良いという内容でした。

PM2.5には曝されないのが一番ですが、普通に生活をしているとなかなか難しいのが現状です。

できるだけPM2.5対策を行い、PM2.5の悪影響から身体を守りましょう。

 

特にPM2.5の多い都市部や、隣の国からいろいろと飛んで来やすい中国・四国地方の方は意識的にビタミンBを摂るようにし、PM2.5から身体を守るようにしましょう。

 

参考文献