もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

スタンディングデスクを使うとダイエットができて健康になれる

f:id:shimoshi-kentaro:20180214074501j:plain

こんにちは。

奈良の加圧パーソナルトレーナー下司健太郎です。

 

立っているだけで体重増加を防げる

座っている時間を減らして立っている時間を増やすことで消費エネルギーを増やすことができますが、どれくらいの違いになるのかはきちんと調査が行われていませんでした。

そこで、米国メイヨークリニックのSaeidifardらの研究グループが過去の研究をまとめる研究を行いました。*1

過去に行われた658件の研究から情報としての価値の高い46の研究、1,184人の参加者の情報をまとめました。

 

座位から立位に変えるだけで0.15kcal/分消費が増える

その結果、立った状態で過ごすことは座って過ごすことに比べて1分間で平均0.15kcal多く消費するとのこと。

もちろん体重などでも違いが出てきます。

  • 男性で平均0.19kcal/分
  • 女性で平均0.1kcal/分

といった感じです。

 

わずかな違いに感じるかと思いますが、”塵も積もれば山となる”ということわざ通り、座ってばかりの生活を立っての生活に変えるだけで無視できない数字になってきます。

 

1日のうち座っている時間は結構長いと思います。

デスクワークの人であれば8時間勤務のうち6時間以上は座っていることでしょう。

その6時間を立った状態で作業を行うようにするだけで、1日あたり54kcal多く消費することができます。

365日で19,710kcalにもなり、体脂肪に換算すると2.7kgに相当します。

 

年々ちょっとずつ体重が増えていってる方であれば、立つことを増やすだけで体重の増加を食い止めることができます。

計算どおりいけばむしろ体重は減っていきます。

 

デスクワークが多い方である程度自由が効くのであれば、座って作業するデスクをスタンディングデスクに替えるというのもありです。

こんな奴ですね↓

IKEA(イケア) SKARSTA デスク 昇降式, ホワイト (79084964) (790.849.64)

IKEA(イケア) SKARSTA デスク 昇降式, ホワイト (79084964) (790.849.64)

 

スタンディングデスクで調べたらIKEAのデスクが人気なようです。

 

まとめ

体重が増えてメタボになると健康に悪影響を及ぼします。

健康を害してしまってからでは手遅れになってしまうこともあり、健康の維持のために体重の増加を食い止めることが大切です。

 

毎日の座っての作業を立って行うだけで体重の増加を食い止めるどころか体重の減少にまで繋がります。

体重の増加が防ぐことで健康にも役立ちます。

可能であればぜひスタンディングデスクを導入してみましょう。

 

はてなブログのスタンディングデスク記事もあったので参考にしてみてください。

nogunori.hatenablog.com

teamspirit.hatenablog.com

 

スタンディングデスクにしたら作業が捗った、スタンディングデスクを止めたら作業効率が悪くなったという記事です。

こういう記事を見るとスタンディングデスクにしてみたくなりますね。

 

この記事の書き始めは座って書いていたんですが、途中から中腰姿勢で書いています。

さすがに中腰姿勢は辛いので、私もスタンディングデスクを買おうかしら。

IKEA(イケア) SKARSTA デスク 昇降式, ホワイト (79084964) (790.849.64)

IKEA(イケア) SKARSTA デスク 昇降式, ホワイト (79084964) (790.849.64)

 

 

参考文献