もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

早食いは太る!ダイエットの為には20分以上かけてゆっくり食べると効果的

f:id:shimoshi-kentaro:20181005152730j:plain

  • ダイエットしてキレイになりたい
  • 痩せてカワイイ服が着たい
  • スリムになって周りからチヤホヤされたい

そんな思いをお持ちの方も少なくはないでしょう。

そんな方はゆっくりとよく噛んで食べるようにするだけで痩せてスリムになれるかもしれませんよ。

 

食べる早さと太りやすさの研究

早食いは太るって言われますが、実際に調べた研究というのは意外と少ないんですよね。

ということで、九州大学のFukudaらの研究グループは、2型糖尿病と診断された40歳以上の日本人59,717人の6年間の健康診断データを利用し、食べる速さと肥満の関係等を調べました。*1

その結果

  • 食べるのが早いと答えた人は44.8%が肥満
  • 食べる速度は普通と答えた人の29.6%が肥満
  • 食べるのがゆっくりと答えた人の21.5%が肥満

という結果が見られました。

 

早食いの人ほど太っている人が多いという結果ですね。

逆に食べるのがゆっくりな人に太っている人は少ないという結果です。

2倍以上の差があるので、思った以上に食べるスピードというのは体重と関係があるようです。

 

また、食べるのが速い人に比べて

  • 食べる速度が普通の人は肥満リスクが29%低い
  • 食べる速度がゆっくりな人は肥満リスクが42%低い

という結果となりました。

ゆっくり食べる方が太りにくいということですね。

ダイエットしたいならゆっくりとよく噛んで食べると効果的なようです。

 

痩せたいならゆっくりよく噛んで食べましょう

食事はゆっくり食べる方が太りにくく、ダイエットにも良いということですね。

研究というのは欧米人を対象とした物が多いのですが、この研究は日本人を対象としたものなので参考にしやすいかと思います。

ダイエットしたい、痩せたいって方は食べるものだけではなく食べるスピードにも気を付けましょう。

 

アンケート調査によって行われたものなので、「早い」か「ゆっくり」かは個人の感覚的なものになっています。

具体的に何分以上かけて食べたら「ゆっくり」で、何分以内に食べていたら「早い」のかはわかりません。

このあたりはこの研究の限界と言えます

 

ただ、この実験の研究者曰く

「食事は20分、間食は10分以上かけるように努力するべし」

とのことです。

 

まあ、ダイエット中に間食など食べるはずがないので間食の時間は必要ない気もいますが、とりあえず食事は20分以上かけて食べれば良いのではないでしょうか。

20分も掛けられないって人も多いかと思いますが、そんな方も普段よりもできるだけゆっくり食べるようにしましょう。

それだけでも太りやすさに差は出てくるでしょう。

もちろん時間のある時は20分以上かけるようにゆっくりと食べるようにしてくださいね。

 

ちなみに私は5分で食べ終わっております。

もう少しゆっくり食べることを目指します。

噛む回数を増やし、噛んでいる間は一度箸を置くと良さそうです。

 

 

おまけになりますが、この研究ではそれ以外の食習慣についても調べており、

  • 週に3回以上、就寝2時間以内に夕食を食べる人は肥満リスク10%高い
  • 夕食後、就寝までに間食と摂る人は肥満リスクが15%高い
  • 朝食を食べる人は肥満リスクが若干低い

ということも分かりました。

 

夜遅く、寝る前に食べる人は太りやすいということですね。

晩ごはんを食べる時間が遅く、しかも食べるのが早ければ最悪です。

めっちゃ太りやすいと言えるでしょう。

 

仕事の関係でどうしても夕食を摂るのが遅くなる場合もあるでしょう。

晩ごはんを食べてちょっとしたら寝るって生活の方もいらっしゃるでしょう。

 

夕食が遅い時間になるって場合は、できるだけゆっくり食べるようにしましょう。

夕食を食べる時間をズラしたり夕食を抜いたりするのは難しいかもしれませんが、ゆっくり食べるだけならできますよね。

少しでも太らない様に食べるスピードには気を付けましょう。

 

まとめ

  • 早食いの人は太りやすい
  • ゆっくり食べる人は太りにくい
  • 20分以上を目標にゆっくりよく噛んで食べる

といった感じです。

食べる速度を変えるだけなので何の準備も必要なく、意識するだけで始めることができます。

ダイエットしたい、痩せたいという方は食べるスピードを意識してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献