もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

「汗をかいてデトックス」はウソだったはウソだ!

f:id:shimoshi-kentaro:20180416115148j:plain

 汗をかいてデトックスは嘘?

衝撃のニュースが目に入りました。

natgeo.nikkeibp.co.jp

ヤフーのトップページにも出ていましたし、非常にキャッチーなタイトルなので目にした方も多いことでしょう。

さて、内容としては

 インベルト氏と研究仲間が調べた結果、普通の人が1日45分間の激しい運動を行ったとしても、1日の発汗量はせいぜい2リットルほどだった。これには、運動していない平常時の発汗も含まれる。そして、それだけの汗をかいても汚染物質は0.1ナノグラム以下しか含まれていない。

 言い換えると、「普段の食生活で体内に取り込む汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%に過ぎません」と、インベルト氏は言う。さらに運動を激しくしたとしても、0.04%程度までしか増えない。

 つまり、どんなに大量の汗をかいたとしても、その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できないということだ。

ということです。

汚染物質は汗からほとんど出てこないので、汗をかいてデトックスというのは嘘ってことですね。

 

基となる文献は? 

記事の基となる文献へのリンクが貼られていなかったので探すのにちょっと手間取ったのですが、なんとか見つかりました。

学術誌「Environment International」に掲載された研究報告という文献がこちら↓

Can POPs be substantially popped out through sweat? - ScienceDirect

「POPsは汗で出ていくのか?」ってタイトルですね。

 

この記事の内容はタイトルにもあるとおり、残留性有機汚染物質(POPs)がどれくらい汗に出ていくかという内容です。 

読んでみると確かに残留性有機汚染物質は汗でほとんど出ていかないようです。

 

ただし、それで汗をかくことがデトックスに効果がないというわけではありません。

残留性有機汚染物質だけが問題というわけではありませんからね。

 

金属は汗から出ている

残留性有機汚染物質は汗で出ていかないようですが、ヒ素、カドミウム、鉛、水銀などは汗から排出されるという報告はあります。*1

いずれも誰もがご存知の通り身体に悪い物です。

 

残留性有機汚染物質は汗から出なかったとしてもヒ素、カドミウム、鉛、水銀が出ていっているのであれば十分デトックス効果はあると言えるのではないでしょうか。

 

塩も出ていく

また、汗はしょっぱいですよね。

塩(ナトリウム)が出ていってるわけです。

 

ご存知の通り塩分は多すぎると高血圧の原因となったりする物です。

汗をかくことはナトリウムの排出を促し、健康に役立つと言えるのではないでしょうか。

 

適度な汗でデトックス

個人的にはデトックスという言葉で商品、サービスを売りつけている状況は好きではありません。

何でもかんでもデトックスデトックス言うのは反対という立ち位置なんですが、「汗をかいてデトックスはウソだった」という内容に関してはウソだと言えそうです。

汗をかくことはデトックスに繋がります。

 

ただし、デトックスのためには汗をかきまくるというのは気をつけましょう。

極端に汗をかくことは熱中症の危険が増します。

記事にもあるように長時間汗をかくことで熱中症になり死んでしまうこともあります。

 

サウナやホットヨガなんかは汗をかくことで有名ですが、やりすぎて熱中症にならないように気をつけましょう。

汗をかくことによるデトックス効果以外にも健康効果はあるので、適度に行ってくださいね。 

www.moshimoshishimoshi.com

www.moshimoshishimoshi.com

  

参考文献