もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ブロッコリーの健康効果 動脈硬化の予防効果が!?

f:id:shimoshi-kentaro:20180408070900j:plain

この記事では野菜の摂取と血管の健康状態の関係について書いています。

  

老化は血管から

「老化は血管から」という言葉がありますが、血管の老化は脳卒中や心血管疾患のリスクを高めます。

健康を考えるのであれば血管の健康状態は切っても切れない関係と言えます。

 

血管の健康のために食生活や運動を意識しているって方もいらっしゃるでしょう。

そんな血管の健康のためにはアブラナ科の野菜をたくさん食べれば良さそうです。

 

野菜と血管の健康状態の関係を調査 

西オーストラリア大学のLaurenらは野菜の摂取と動脈の健康状態の関係について調べました。*1

70歳以上の女性954人に食べたもののアンケート調査を行い、3年後に首の動脈の健康状態を超音波を使って調べました。

首の動脈が分厚くなっていると脳卒中のリスクが高まるからです。

 

結果 

調査の結果

  • 野菜を1日2回未満食べるのに比べ、1日3回以上食べると血管が平均0.036mm(4.6%)薄くなる。
  • 1日に野菜を75g追加するごとに血管が平均0.011mm薄くなる。
  • 特にアブラナ科の野菜が効果的で、1日あたり10g追加するごとに血管の厚みが0005mm(0.8%)薄くなる。

といったことがわかりました。

野菜、特にアブラナ科の野菜を食べると血管が薄くなる(健康になる)ということです。

 

アブラナ科の野菜を食べましょう!

簡単に言えば、

血管の健康のためにアブラナ科の野菜を食べましょう

ってことですね。

微妙な数値の変化ではありますが、首の動脈の厚みが0.1mm薄いと脳卒中、心臓発作リスクが10~18%低下するとのことなので、健康にとっては大きな変化と言えそうです。

 

アブラナ科以外の他の野菜も健康に良いんですが、血管の健康のためにはアブラナ科の野菜が良いということです。

ブロッコリーとかカリフラワーとか芽キャベツとかキャベツとかケールとか菜の花とかですね。

春が旬の物が多いのでしょうか。

 

ほかのアブラナ科の野菜はこちらを見てください。

www.iris-saien.com

 

アブラナ科の野菜を食べることで血管の健康が得られます。

ついでにアブラナ科の野菜にはがん予防の効果もあるということで、ぜひ食べるべき野菜と言えそうです。

www.moshimoshishimoshi.com

 

参考文献