もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

週3回パスタを食べるとダイエットができることが最新研究で判明!

f:id:shimoshi-kentaro:20180408081117j:plain

最近は低糖質ダイエットが流行っていることもあり、ダメな食べ物としてのレッテルが貼られたパスタ。

パスタは太るというイメージになっていますよね。

 

さらに近年グルテンフリーダイエットの流行りもあり、グルテンだらけとも言えるパスタはダイエットする人の「目の敵」にされています。

まさに踏んだり蹴ったり状態です。

 

さてそんな冷遇されているパスタに朗報です。

週に3回パスタを食べるとダイエットができるという報告があります。

 

パスタのダイエット効果を調査

カナダ・トロント大学のChiavaroliらはパスタの体重増加・ダイエット効果について調査を行いました。*1

研究は、パスタもしくは低GI値の食べ物と体重の変化について調べられた過去の研究32件、延べ2,448人のデータをまとめました。

 

その結果、週に3回パスタを食べると3か月で平均0.63kg体重が減ることがわかりました。

特別カロリーの制限をしたわけではなく、あくまでパスタを食べただけです。

 

低GI値のパスタでダイエットができる!

パスタを食べるとダイエットができるという結果でした。

理由として、

  • 低GI値なので食後に血糖値が急激に上がったりしない。
  • 低GI値なので腹持ちがよく、お腹が空かないので余計な間食が減った。

といったことが挙げられます。

 

ちなみにGI値というのは血糖値の上がりやすさを示した数値です。

GI値が高いと食べたらすぐに血糖値が上がります。

逆に低いと食べたあとは緩やかに血糖値が上がります。

 

この血糖値が上がるほど太りやすいとされています。

パスタは白米やパンに比べてGI値が低いので血糖値が上がりにくく、ダイエットに役立つということです。

 

ちなみにパスタのゆで具合でもGI値は変わります

柔らかめにゆでればGI値は高くなり、固めにゆでればGI値は低くなります。

パスタをゆでるときはアルデンテにするとダイエットに役立つということですね。

 

アルデンテにゆでたパスタを食べて、ダイエットに役立てましょう!

 

余談(本編)

さて、ここからは余談です。

低GI値のパスタを食べたらダイエットできるという内容でした。

 

実は「低GI」がポイントなのでパスタである必要は別にありません。

パスタ推しの理由として、イタリア最大の食品メーカーであるBarilla(バリラ)から研究資金、実験用のパスタの現物支給、旅行資金を提供されているからです。

接待を受けたからにはその会社の商品を薦めないといけませんね。

 

そんなこともありパスタ推ししていますが、別にパスタでなくても構いません。

低GI食品であれば良いわけです。

 

日本食でいえば「玄米」も低GI食品のひとつです。

玄米ご飯を食べたらダイエットできるということです。

玄米ではなく他の雑穀でも良いので好みに合わせて選びましょう。

 

また、GI値は他の食べ物の影響も受けます。

例えばパスタであればオリーブオイルをかけるとさらにGI値が下がります。

油は消化が遅いのでそれに合わせてGI値も下がるといった感じです。

 

油以外なら「食物繊維」や「お酢」なんかも消化スピードを遅くしてくれます。

ダイエットを考えたらカロリーの高い油を使うよりも食物繊維やお酢の方が良いですよね。

 

白米を食べても食物繊維が豊富な「ごぼう」をしっかり食べたり、おかずに1品「酢の物」を加えるだけでもGI値を下げることができます。

ということは毎日のおかずに「酢ごぼう」を加えたらダイエットができるということです。

 

週に3回もパスタが食べられないって方は、玄米ご飯と酢ごぼうでダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

週3回パスタを食べるよりも間違いなくダイエット効果は高いでしょう。

 

参考文献