もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ダイエットのためには野菜や果物をしっかりと食べると良い!

f:id:shimoshi-kentaro:20180131055103j:plain

この記事では野菜や果物の摂取量と肥満の関係について書いています。

 

ダイエットのために野菜や果物を食べる?

「ダイエットのために野菜を多く食べるようにしています」

ダイエットのために何をしている話を聞くと、特に女性でこのように答える方が多いように感じます。

 

「あとはおやつを止めて果物を食べるようにしました」

なんて声もちらほら聞きます。

 

そんな野菜や果物がダイエットと関係するのかをご紹介しましょう。

 

野菜や果物の摂取と肥満の関係について調査

カナダ・ダルハウジー大学のYuらはカナダ人26,340人(男性7,979人、女性18,361人)を対象に野菜や果物の摂取量と肥満の関係について調査を行いました。*1

 

その結果、野菜や果物を食べるほど肥満が少なくなっていきました。

野菜や果物の摂取量が1%増えるごとに

  • BMIは0.12減少
  • お腹周りが0.4cm減少

といった効果が見られたようです。

 

ダイエット中は野菜や果物をしっかり食べましょう

野菜や果物はダイエットに良いということですね。

野菜や果物に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑えたり、腸内環境を改善したり、消化吸収を遅らせて腹持ちを良くしたりするのが肥満率の減少につながっているんでしょうね。

 

ただ、この研究では野菜に「じゃがいも」なんかも含めて調べたようですが、じゃがいもばかり食べると太るという報告があるので、じゃがいもを野菜と考えないほうが良いでしょう。*2

フライドポテトを週2回以上食べたら早く死にやすくなるという報告もありますしね。

 

あとはやっぱり女性の方が野菜や果物をよく食べているようです。

日本人でもそうですがカナダ人も同じようです。

男性も肉や揚げ物ばかりではなく野菜や果物もしっかり食べるようにしましょう。

 

あとは独身の方も野菜が少ないという傾向が見られたようです。

独り身だとつい簡単なもので済ませてしまいがちです。

ただ、身体を壊してしまうと助けてくれる人がそばにいないのでむしろ独り身の方が健康に気をつける必要があります。

独身の人も野菜や果物をしっかり食べるように気をつけましょう。

 

ちなみに野菜や果物を1日800g食べると最も健康に良いという報告もあります。

野菜好きな方はむしゃむしゃと食べてみてはいかがでしょうか。

www.moshimoshishimoshi.com

 

参考文献