もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

話題の「きゅうりダイエット」の嘘と本当

f:id:shimoshi-kentaro:20180617114844j:plain

巷では「きゅうりダイエット」というものが流行っているそうです。

今回はそんなきゅうりダイエットの嘘と本当の事についてご紹介していきます。

 

きゅうりダイエットのやり方

まずはきゅうりダイエットとは何かを見ておきましょう。

きゅうりダイエットとは、食前や空腹時にきゅうりを1~2本食べるという簡単な方法です。

一応ポイントとして

1)きゅうりは過熱せずに、生のままで食べること。
2)一口入れたら、最低20回ほどモグモグし、よく噛んで食べる。
3)味付けもカロリーを考えて行うこと。マヨネーズよりは味噌などで。

とのこと。

ポイントといっても難しいことではなく、誰でも簡単に始めることができそうです。

 

きゅうりダイエットが流行ったきっかけもあるようで、

近年、きゅうりのステータスを一躍飛躍させたのが、“やせる成分”「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素が、きゅうりから発見されたことでした。現在も研究が進められているホスホリパーゼ。なんときゅうりに含まれるホスホリパーゼは、他の野菜やフルーツに含まれるものより脂肪分解力が強いことがわかっているのです。
 その効果は主に、以下の二つ。

<ホスホリパーゼに期待できる効果>
・脂肪の燃焼と代謝を高めてくれる効果
・体内の老廃物や毒素の排出効果

どうやら「ホスホリパーゼ」という脂肪分解酵素がダイエットに良いようですね。

ホスホリパーゼを壊さない様に加熱せずに生のままで食べることがポイントのようです。

 

食事の前や空腹時にきゅうりをかじるだけなので簡単に行えるのが良いですね。

畑などできゅうりを育てていれば夏場は毎日のようにきゅうりが収穫できますし、スーパーで買ってもきゅうりは比較的安いので助かりますね。

きゅうりが嫌いって人もそれほど多くはないので、きゅうりダイエットを試してみようって方が増えるのも分かります。

 

きゅうりダイエットの是非

きゅうりダイエットで痩せるか?

「痩せます!」

続ければまあ痩せるでしょうね。

長いこと続ければ結構体重は減るのではないでしょうか。

ということで、ダイエット効果は本当です。

ただ、ホスホリパーゼという酵素は全く関係ありません。

 

世界一栄養価の低い野菜であるきゅうりを食前や空腹時にむしゃむしゃ食べていればそりゃお腹は膨れて余計な物を食べなくなりますよね。

一本丸々食べればそれなりにお腹は膨れます。

 

お腹が空いたからおやつにケーキやドーナツを食べるところできゅうりを食べたり、いつもならご飯をおかわりしているところを食前にきゅうりを食べたことでお腹がいっぱいになっておかわりせずに済んだり。

きゅうりを食べると摂取カロリーを減らすことができるのでダイエットができるといった感じです。

 

きゅうりの栄養でダイエットができるのは嘘です。

ダイエットはできるのですがツッコミどころ満載なのでそれらを見ていきましょう。

 

酵素は何の役にもたちません。

1)きゅうりは過熱せずに、生のままで食べること。

ホスホリパーゼという酵素を壊さない様に加熱せずに生で食べるのがポイントということでした。

たんぱく質である酵素は加熱すると変性するので加熱せずに生で食べましょうってことですね。

きゅうりダイエットに限らず、生で酵素を摂りましょうって謳っているダイエット方法は多いでしょう。

 

ところが、生の酵素をいくら口から摂っても効果はありません。

胃酸できっちりアミノ酸に分解されるので酵素の働きは完全になくなります。

 

百歩譲って酵素のまま吸収されたとします。

すると身体でアレルギー反応が起こります。

酵素=たんぱく質であり、自分以外のたんぱく質が体内に入って来たら「異物」とみなして免疫細胞が攻撃しまくります。

蜂に刺された時も針で毒が直接体内に打ち込まれますが、異物なのでアレルギー反応が出たりするわけですね。

ということで、脂肪分解酵素のホスホリパーゼが体内に吸収されることはありません。

 

よく噛むのはきゅうりに関係なし

2)一口入れたら、最低20回ほどモグモグし、よく噛んで食べる。

よく噛んで食べることは大切ですね。

よく噛んで食べるだけで消費エネルギーを増やすことができ、ダイエットに役立ちます。

また、よく噛むことで満腹中枢が刺激されるという効果もありますね

ダイエットのためにはよく噛むことが大切です。

 

ただし、これはきゅうりと関係ありません。

普通の食事でもよく噛んで食べれば消費エネルギーを増やすことができますし、満腹中枢も刺激されます。

よく噛んできゅうりを食べるのではなく、よく噛んで食事をするようにしましょう。

 

やっぱりカロリーを減らすことが大切

3)味付けもカロリーを考えて行うこと。マヨネーズよりは味噌などで。

やっぱり最終的には摂取カロリーを減らすことが大切ですね。

マヨネーズが高カロリーなのは誰もが知っているところです。

いくらきゅうりのカロリーが低かろうと、マヨネーズを付けまくっていてはカロリーは跳ね上がってしまい、ダイエットすることができません。

 

摂取カロリーを減らすためにマヨネーズは控える。

摂取カロリーを減らすためにおやつをやめてきゅうりを食べる。

 

まとめ

きゅうりダイエットは痩せます。

ただ、きゅうりで痩せるのではなく摂取カロリーが減って痩せるだけです。

摂取カロリーを減らすことができれば良いので、きゅうりじゃなくてもこんにゃくを食べても良いわけです。

 

夏場であればトマトダイエットも良いでしょう。

食事の前や空腹時にトマトを1個食べるだけ。

マヨネーズではなく塩をかけて、しっかりよく噛んで食べるようにすればダイエットできます。

 

まあ、きゅうりダイエットならトマトよりも嫌いな人は少ないでしょうし、トマトよりも安いでしょうから続けやすいというメリットもありますね。

ほとんど栄養のないきゅうりを毎日食べたところで害になることもほとんどないでしょう。

 

冬場はきゅうりの値段も高くなるので、安く買える夏限定ダイエット方法としてきゅうりダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。