もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ガムを噛みながらウォーキングするとダイエット効果アップ!

f:id:shimoshi-kentaro:20180704122936j:plain

健康のため、ダイエットのためにウォーキングをしている方は多いかと思います。

そんなウォーキングですが、ガムを噛みながら歩くことでエネルギー消費が増えるようです。

 

ウォーキング時にガムを噛むと効果アップ

早稲田大学のHamadaらの研究グループはウォーキング中にガムを噛むことがどのように影響を与えるかを調べました。*1

対象となったのは21~69歳の男女46人。

  • ガムを2粒噛みながら15分歩く
  • ガムの成分だけ摂取して15分歩く

 以上の条件で実験を行いました。

 

実験の結果、ガムを噛みながら歩くと心拍数が増加することが明らかになりました。

平均で約3%増加です。

 

また、消費エネルギーが増えることも明らかになったとのこと。

特に中高年の男性に対して効果が高かったとのこと。

中高年男性がガムを噛んだ場合、消費エネルギーは2.4%増加です。

 

ガムを噛んで歩けばダイエットできる

ガムを噛んで歩けば効果的ということですね。

消費エネルギーが増えれば体脂肪も燃えてくれるのでダイエットできますし、体脂肪が減れば健康上様々なメリットも得られるでしょう。

 

ガムを噛むだけという簡単な方法なので、普段からウォーキング(散歩)をしている方は今日からガムを噛みながら歩いてみてはいかがでしょうか。

 

余談(見てはいけません)

ガムを噛むと消費エネルギーが増えるというのは魅力的ですね。

これは今すぐ取り入れたいですね。

 

 

 

ですが、残念なことに実際のところ大した変化ではありません。

消費エネルギーが2.4%増えると書きましたが、増えた消費エネルギーは1.7kcalです。

1時間歩いた場合も同じように増えると仮定しても6.8kcalです。

統計学的には「有意差あり」となるかもしれませんが、実際のところ大したことはないと言えるでしょう。

 

また、中高年の男性は2.4%消費エネルギーが増えるということですが、「中高年の男性」に限定しないと有意差は見られなかったということです。

若者や女性に対しては「有意差なし」という結果です。

 

いや、有意差なしというより「効果なし」と言えるかもしれません。

全体の平均で見ると15分間のウォーキングで0.4kcalの増という結果です。

その場でスクワット10回(約20秒)行えば2kcal程消費するので、よっぽど効果がありそうです。

 

さらにこの研究は株式会社ロッテ中央研究所から研究資金を受け取っています。

「ガムを噛んで歩いても効果は全くありません!」とは言えないので、中高年の男性の場合、歩く際にガムを噛むと消費エネルギーが2.4%増えるという感じで半ば無理やり効果があると言ってる感じです。

 

歩くときにガムを噛んだらダイエットに良いと知ればガムを買う人が増えますからね。

ロッテといえばガム市場国内シェア50%以上を占める会社です。 

さて、ガムがたくさん売れると嬉しいのはどこの会社ですかね…。

 

百歩譲ってガムを噛みながら歩くとダイエットに効果があるとしましょう。 

ウォーキング中にガムを噛むのが一般的になれば恐らくガムのポイ捨ても増えてしまうことでしょう。

ポイ捨てが増えたら掃除も大変です。

ロッテにはぜひ道路の清掃資金も各自治体に提供することを期待しております。

 

参考文献