もしもししもしです。

奈良の加圧トレーナー下司健太郎の健康・ダイエット情報

練習後の15分間の運動が、スキル習得の効果を高める

f:id:shimoshi-kentaro:20180724061024j:plain

  • ゴルフが上手になりたい
  • 編み物が上手くなりたい
  • 車の運転が上手くなりたい
  • ピアノが上手くなりたい

何かを習っていて早く上手くなりたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

 

上手くなるためにはしっかりと練習することが大切です。

練習しないことには上手くなることはありませんからね。

しっかりと練習することに加えて、練習後に15分間運動を行うとより早く上手になれるかもしれませんよ。

 

運動と作業能力の関係について調査

これまでの研究で運動が脳に良いということが分かっていて、運動を行うことで脳が大きくなったり、勉強の後に運動をすることで記憶が定着しやすくなるという報告があります。 

最近行われた研究は、知識としての記憶能力ではなく、身体の使い方・筋肉の使い方としての記憶に対して運動がどう影響するのかを調べています。*1

技術、スキルといった能力への影響を調べたわけですね。

ゴルフのスイングであったり、ピアノの弾き方であったりです。

 

実験ではまず、ゲームのジョイスティックを使ったシューティングゲームのような作業・テストをしてもらいました。

そのあとに

  • 半数には15分間有酸素運動

をしてもらい

  • もう半数には休憩

をしてもらいました。

運動もしくは休憩をとった8時間後、24時間後に同様の作業をしてもらい、脳の活動の変化や作業レベルの変化について調べました。

 

その結果、運動を行ったグループは脳のいろんな領域を効率良く使えるようになり、少ない脳活動で作業を行えるようになりました。

ジョイスティックを使ったゲームのような作業が上手になったということですね。

 

アクション系のゲームをしたことのある方ならわかるかと思いますが、慣れるまではミスばかりですぐにゲームオーバーになってしまうと思います。

何度も繰り返すことでコツが掴めてきて上手くなるわけですが15分の運動を加えることでコツが掴めるのが早くなるということですね。

運動を行うことで脳と筋肉の接続性を高めることができるようです。

 

●●が上手になりたいなら運動をしましょう

今回の実験ではジョイスティックを使ったゲームのような作業が行われましたが、他の様々な作業にも応用が効く可能性があります。

冒頭でもありましたが、

  • ゴルフが上手になりたい
  • 編み物が上手くなりたい
  • 車の運転が上手くなりたい
  • ピアノが上手くなりたい

という方は、練習をした後に運動を行うと早く上手になれるということですね。

  • ゴルフ場で練習した後は家の周りを散歩する
  • 編み物教室で教えてもらった後は歩いて家に帰る
  • 自動車教習所で運転した後は自転車に乗って家まで帰る
  • ピアノの練習をした後は河川敷をジョギングする

といった感じで身体を動かすと上達が早くなるでしょう。

 

もちろん正しい練習を行うのが前提です。

間違ったゴルフのスイングを練習した後に運動をしてもゴルフはそれほど上手くはならないでしょう。

きちんと練習した後に運動を組み合わせれば、あなたのスキル上達に役立つことでしょう。

 

「●●が上手くなりたい」

そんな方は練習後に運動をしてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたのスキル上達に役立つでしょう。

 

参考文献