もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

膝の痛みの軽減に最も効果があるのは●●だ!

f:id:shimoshi-kentaro:20180801140059j:plain

変形性膝関節症。

40歳以上の日本人2,500万人以上が変形性膝関節症と推定されており*1、1,000万人に痛みなどの自覚症状があるとされています。*2

膝の形が変形してしまい、痛みや腫れが出てくることで、歩行や階段の上り下りなど日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

治療として湿布を貼ったり、薬を飲んだり、注射をしたり、最終的には手術を行ったりされますが、 最も効果があるのはダイエットかもしれません。

 

変形性膝関節症患者に対するダイエット効果を調査

米国ノースカロライナ州・ウェイクフォレスト大学の研究グループは、変形性膝関節症で膝の痛みに悩む太っている人に対して体重を減らすことによる効果を調べました。*3

変形性膝関節症に悩む肥満男女240人を対象に18ヶ月間ダイエットをしてもらい、減った体重によって

  • 5%未満
  • 5~10%
  • 10~20%
  • 20%以上

以上の4つのグループに分けて変化を調べました。

 

その結果、体重の減少に伴って痛みや身体の動きなどの明らかな改善が見られました。

10%以上ダイエットすると膝の痛みは50%軽減し、膝の動きも大きく改善したとのこと。

また、20%以上ののダイエットに成功した人は、10~20%ダイエットした人よりもさらに痛みが25%減少したとのこと。

 

変形性膝関節症にはダイエットが効果的

簡単に言えば、

変形性膝関節症に悩んでいるならダイエットしろ

ってことですね。

痛みの軽減し、膝の動きや歩行速度、メンタル面にも良い影響を及ぼしたようです。

 

20%以上のダイエットが最も改善効果がありましたが、10%以上のダイエットでも十分な改善が見られるでしょう。

体重60kgある方が20%落とそうと思ったら12kgも落とさなくてはなりませんが、10%なら6kgで良いので十分可能な範囲と言えるでしょう。

明らかに生活の質(QOL)が改善が期待できるのであれば、多少努力が必要であってもダイエットした方が良いでしょう。

 

ちなみに食事療法や運動でダイエットした場合のコストに関しても研究は行われており、通常の治療に加えて食事療法&運動を加えることは中長期的に最もコストパフォーマンスに優れているという結果が出ています。*4

 

膝の痛みに悩んでいるならつべこべ言わずにとにかくダイエット!

痛みのない快適な生活が遅れることを願っております。

 

参考文献