もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ダイエットに効果的なのは「ゆっくり」か「速くとゆっくりの繰り返し」どちら?

 

f:id:shimoshi-kentaro:20180819164451j:plain

お馴染みヤフー知恵袋でダイエット中のランニングに関する質問がありましたので、お答えしたいと思います。 

ダイエットでランニングを取り入れています。
私は普段、ゆっくり走ってます(会話ができるぐらい)。いつも距離ではなく時間(40分~60分)で走っています。しかし、最近色々調べていて、ゆっくり走ることと速く走ることを繰り返すのが良いという情報を得ました。どちらが効率良いのでしょうか?詳しい方教えていただきたいです。お願いします。

ダイエットでランニングを取り入れています。 - 私は普段、ゆっくり走ってます... - Yahoo!知恵袋

ヤフー知恵袋で直接回答すれば良いんでしょうけど、ブログのアクセスに全然関係のないところで語ってもつまらないのでここでお答えします。

質問者様は運が良ければこのブログに気づくかもしれませんね。

 

どちらが効果的か?

ゆっくり長時間走る一般的な有酸素運動と、速く走ったりゆっくり走ったり強弱をつけて走る運動のどちらがダイエットに良いかという質問ですね。

この質問に対する回答を見てみると長くゆっくり走る有酸素運動の方が人気のようですが、私の答えは逆です。

断然強弱をつける方が効果的です。

続けやすいかどうかは別として、効果で言えば迷うことなく強弱をつけることをオススメします。

 

普通の有酸素運動は思ったより痩せない

私は普段、ゆっくり走ってます(会話ができるぐらい)。いつも距離ではなく時間(40分~60分)で走っています。

質問者様も普段は普通の有酸素運動を行っているようです。

まだまだ一般的には普通の有酸素運動がダイエットには良いというイメージをお持ちの方が多いようです。

心拍数を上げると脂肪が燃えにくくなるから、ゆっくり長く行う有酸素運動が良いという理由からです。

 

理屈上はその通りですが、それが理屈通りにいかないところが難しいところです。

通常の有酸素運動がダイエットに向いていないということは以前記事にしたことがあります。

有酸素運動を行うとお腹が空いてたくさん食べてしまい、計算通りに痩せることはできません。

また、運動後の代謝が高まっている時間も短く、運動中の消費エネルギーは多いものの、運動後の消費エネルギーなどトータルで見ると思ったほど消費エネルギーは多くなかったりします。

 

スポーツクラブのスタジオレッスンにいつも参加されている奥様達をご覧いただくとその意味がわかるのではないでしょうか。

 

女性のお腹周り・下半身の脂肪を落とすにはHIITが効果的

しかし、最近色々調べていて、ゆっくり走ることと速く走ることを繰り返すのが良いという情報を得ました。

良く調べていますね。

運動に強弱をつける方法で、HIIT(High Intensity Interval Training)と言います。

そして、このHIITはダイエットに非常に効果が高いとして近年大注目のトレーニング方法です。

特に女性のお腹まわりや下半身の脂肪を落とすにはHIITが非常に効果的です。

 

HIITを行っている時は脂肪を燃やすのに良いとされる心拍数を大幅に超えてしまいますし、時間も普通の有酸素運動に比べて短いので、体脂肪を燃やすのには向いていないように思われがちです。

回答者の内容にも

陸上競技用ですね。一般人は手を出さない方がいいと思います。百歩譲ってもダイエット用ではありません。

と書かれていたりします。

残念ながらこの回答は間違いです。

HIITはダイエット用のトレーニングとして非常に効果的で、陸上競技選手やその他スポーツ選手だけでなく多くの一般人に取り入れられているトレーニングです。

 

High Intensity(高強度)とありますが、強度は絶対的なものではなく相対的なものです。

時速何キロ以上で走らないといけないというものではなく、その人にとっての高強度という意味です。

体力のない方は体力のない方なりの高強度の運動で行うことができるので、決して陸上競技用のトレーニングとは言えません。

百歩譲る必要もなくダイエット用として取り入れてもなんら問題ないでしょう。

 

HIITは女性にオススメのトレーニング

しかも質問者様はダイエットのために40~60分ランニングを行っているということなのでそれなりに体力はあるでしょう。

それなら間違いなくHIITは行えます。

女性は男性に比べて持久的な能力に優れているので、HIITは非常にオススメのトレーニング方法です。

女性こそHIITを取り入れるべきです。

 

強弱の時間に関してはいろいろ試してもらえれば良いんですが、最初は1分速く走って2分ゆっくり走るといった感じで休憩時間を長めにとるようにすれば取り入れやすいでしょう。

そこから徐々に休憩時間を短くして、1分速く走って30秒ゆっくり走るようにしたり、2分速く走って1分ゆっくり走るといった感じで速いランニングと遅いランニングの時間を2:1の割合にしていけば良いのではないでしょうか。

もちろん強度が高くなる分、通常の有酸素運動ほど長い時間行う必要もありません。

 

HIITを行う上で大切なのはしっかりと強度を上げることで、

自分自身が限界だと思う強度で行うこと

で、大きな効果を得ることができます。

 

ダイエットのためにランニングを40~60分もされているのであれば、HIITを20分程行う方がダイエットには効果的でしょう。

限界だと思う強度で行うので当然きつい運動ですが、短い時間で終わらせることができ、なおかつ効果も高いのでぜひとも取り入れてもらいたい運動です。

ダイエットのためにぜひHIITを行ってみてください。