もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

朝食を食べてから運動をすると糖質が燃えやすくなる

f:id:shimoshi-kentaro:20180819071456j:plain

朝に運動を行うという方は多いかと思います。

その場合、

朝食を食べる前に運動をしていますか?

それとも

朝食を食べてから運動をしていますか?

 

最近の研究によると、朝食を食べてから運動を行うことで糖質が燃えやすくなり、健康になれるかもしれません。

 

朝の運動は朝食後に行うと良い

イギリスで

  • 朝食を食べる前の運動
  • 朝食を食べた後の運動

この効果の違いについて研究が行われました。*1

健康な男性12人に対して

  • 朝食の2時間後に運動
  • 朝食を食べずに運動
  • 朝食を食べて運動はしない

以上の内容で効果の違いについて調べました。

ちなみに朝食はミルク粥で、運動の内容は1時間のサイクリングです。

 

実験の結果、朝食を食べてから運動をすると糖質が燃えやすくなることがわかりました。

また、朝食を食べてから運動をした場合、昼食の糖質の代謝も速くなることがわかりました。

 

血糖値のコントロールには朝食後に運動がオススメ

朝に運動を行うなら朝食を食べてから運動をした方が糖質を燃やすために良いということですね。

朝食で糖質を摂っているので糖質が燃えやすくなるというのは当然ですが、運動後に食べる昼食の糖質の代謝も良くなり、血糖値の上昇が抑えられるのはありがたい効果です。

逆に朝食を食べずに運動をすると、昼食時に血糖値が上がりやすいとのこと。

 

このあたりの結果を見ると、血糖値が気になる方は朝食を食べてから運動を行うようにすると良さそうです。

朝食で摂った糖質が良く燃えてくれますし、昼食後の血糖値の上昇まで抑えられるので良いでしょう。

 

運動後に朝食を食べたらダメかな?

個人的に気になるのが、運動をしてから朝食を食べた場合はどうなのかです。

この実験では朝食を抜いて運動をしています。

運動後に食べるのは昼食です。

となると、昨日の夕食を食べてから当日の昼食まで何も食べていない状態です。

そんな状態で昼食を食べたら当然血糖値の乱高下は起こるでしょう。

 

個人的には朝起きて運動を行い、朝食を食べるとどうなるのかが気になります。

夕食を食べてから朝の運動までは何も食べていない状態なので血糖値はそれなりに下がっているはず。

その状態で運動を行えば脂肪が燃えやすくなるでしょう。

 

また、運動をしてシャワーでも浴びてから朝食を食べれば、運動によってインスリン感受性も上がっているでしょうから、血糖値の乱高下も防げるでしょう。

 

実際、朝食前に運動を行うと脂肪が燃えやすくなるという報告があります。

個人的にはダイエットが目的なのであれば朝食の前に運動を行うのがオススメです。

血糖値は下がっているので脂肪が燃えやすくなります。

ダイエットのためなら脂肪がよく燃える方が良いでしょう。

 

運動の目的がダイエットではなく健康のため、血糖値が気になるということであれば朝食を食べてから運動を行うと良いのではないでしょうか。

朝食で上がった血糖値を使うことができますし、昼食の血糖値もコントロールしやすくなるので、血糖値のためには朝食後の運動が良さそうです。

 

朝食後に運動を行うべきか、朝食前に運動を行うべきか、目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。 

 

参考文献