もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

加圧で有酸素運動を行うと筋肉も増えて体力も向上する

f:id:shimoshi-kentaro:20180804215327j:plain

運動が大切なことは分かっているけど嫌い。

そんな方は多いことでしょう。

 

とはいえ、運動しなくて良いですよーとは言えません。

運動しないと健康にいろいろと悪影響が出てきてしまいます。

 

そんな運動が嫌いな方にとっては、いかに少ない努力で効果を得るかというのが重要なのではないでしょうか。

そんな方には加圧で歩いたりバイクをこいだりする加圧で有酸素運動をしてみてはいかがでしょうか。

 

通常の運動と加圧サイクリングの効果を比較

筋肉をつけるために筋トレもしないといけない…。

体力をつけるために有酸素運動もしないといけない…。

運動が嫌いなのに筋トレと有酸素運動両方するなんて無理!

 

そんな方にオススメなのが加圧での有酸素運動です。

最近の研究で加圧状態でバイクこぎをした場合の効果について調査が行われています。*1

 

  • 加圧でバイクをこぐグループ
  • 筋トレをするグループ
  • バイクをこぐグループ

以上の3つのグループに分けて実験が行われました。

運動の頻度はどのグループも週に4回8週間実施しました。

 

加圧でバイクをこぐグループは加圧ベルトを太ももに巻いた状態で最大酸素摂取量の40%強度で30分間バイクをこいでもらいました。

最大酸素摂取量の40%強度というのはウォーミングアップくらいか気持ちだけ強めといった程度の強度です。

運動としては相当低めの強度です。

 

筋トレを行うグループは、レッグプレスを70%1RM強度で4セット、セット間インターバルは60秒という内容です。

ごくごく一般的な筋トレの内容と思ってください。

 

最後の加圧なしで普通にバイクをこぐグループは、最大酸素摂取量の70%強度で30分間バイクをこいでもらいました。

これは一般的な有酸素運動の強度です。

 

さて、その結果ですが、加圧でバイクをこいだグループと筋トレをしたグループは同じように下半身の筋肉が付き、筋力がアップしました。

また、加圧でバイクをこいだグループは普通にバイクをこいだグループよりも体力が付きました

 

楽したいなら加圧ウォーキングがオススメ

加圧でバイクをこいだら筋肉もついて体力もついて一石二鳥だったという結果ですね。

筋トレと有酸素運動、両方を行うとそれなりに時間がかかってしまいますが、加圧で有酸素運動を行うのであればひとつで済むので時間の短縮につながります。

強度自体も低いので、気分的には思ったよりも楽に感じるかと思います。

運動が苦手な方にはうってつけのトレーニングと言えそうですね。

 

この実験では加圧状態でバイクをこいでもらっていますが、それ意外の有酸素運動でもOKです。

オススメが加圧ウォーキングです。

加圧ベルトを太ももに巻いた状態でウォーキングを行うというものですね。

 

特に日課としてウォーキングをしている方にはオススメです。

普通のウォーキングでは筋肉がつくことはありませんが、加圧状態でウォーキングを行えば筋肉を増やすことができます。

同じことをするなら効果が高いと嬉しいですよね。

 

私も基本的に有酸素運動は嫌いで、いかに楽して体力をつけるか考えてしまいます。

最近はもっぱら加圧ウォーキングという感じです。

実験では加圧でバイクをこいでいますが、個人的にはベルトがサドル部分にすれて動きにくいのであまり好みではありません。

それよりも加圧ウォーキングや軽く走る加圧ランニングの方が好みです。

 

同じように楽して体力をつけたい、楽して筋肉をつけたいって方は、加圧ウォーキングなどの加圧有酸素運動を試してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献