筋トレ

腹筋運動でお腹の脂肪はどれくらい落ちるのか?

い~ち、に~い、さ~ん…
あれ?何やってるんですか?

 

お腹の脂肪を落としたくて腹筋やってるんです。
でもなかなか落ちなくて…。

頑張っているところ申し訳ないんですが、腹筋運動をしてもお腹の脂肪って落ちないんですよ…。
ええーっ!?

 

お腹の贅肉を落としたい!

そう思ってまず行うのは腹筋運動ではないでしょうか。

 

腹筋運動をたくさん行えばお腹の脂肪も燃えて引き締まりそうですよね。

でも、上で紹介したように腹筋をしてもお腹の脂肪は落ちてくれないんです。

 

今回は腹筋運動をたくさん行ったらお腹の脂肪がどう変化したのかという研究を紹介致します。

 

腹筋運動で部分痩せはできるのか実験

お腹を引き締めるためにみんなが行う腹筋運動。

腹筋運動でお腹を鍛えればお腹の脂肪も落ちそうですよね。

そこで南イリノイ大学の研究者らは、腹筋運動でお腹の脂肪がどう変化するか実験を行いました。*1

 

実験は普段座っての生活が多いが週に2回は運動をしているという18~40歳の健康な男女24人(男性14人、女性10人)を対象に実施。

参加者を

  • 腹筋運動をしまくるグループ
  • 何もしないグループ

以上の2つのグループに分けて実験が行われました。

 

腹筋運動をしまくるグループは

  • 腹筋のトレーニング7種目
  • それぞれ10回2セット
  • 週に5日のトレーニング
  • 6週間継続

という内容でトレーニングが行われました。

 

回数だけで言えば、合計4,200回もの腹筋運動が行われたことになります。

結構しっかりとした腹筋運動を行ったわけですね。

ちなみの腹筋運動の効果を調べることが目的なので、食事はカロリーが同じになるよう調整が行われました。

 

結果:腹筋をしても脂肪は減らず

さて、6週間腹筋をしまくった結果

  • お腹の脂肪:変化なし
  • ウエストサイズ:変化なし
  • 体重:変化なし

という結果になりました。

いくら腹筋運動を行っても「お腹の脂肪」も「ウエストサイズ」も「体重」も変わらないということです。

一応ですが、ウエストのサイズが81.1cmから80.3cmに変化したようですが、わずか8mmの変化ということで統計学的にも有意差はなしという結果となりました。

 

 

ただし、腹筋運動が全くの無駄だったわけではありません。

腹筋運動が何回できるのかという腹筋の持久力に関しては明らかに増加したとのことです。

 

腹筋はちゃんと鍛えられて強くはなったということですね。

筋トレをしたわけですから当然です。

 

お腹の脂肪を落とすには食事の制限が必要

腹筋運動をたくさん行えば腹筋が強くなるという効果はあるものの、お腹の脂肪を落とすという効果はないという結果でした。

 

じゃあお腹の脂肪を落とすにはどうすれば良いんですか?

これはもう簡単です。

消費カロリーが摂取カロリーを上回ればお腹の脂肪も落ちます。

消費カロリーを増やすにはしっかりと運動を行うこと、摂取カロリーを減らすには食事を変えることです。

 

お腹の脂肪だけをピンポイントで落とすということはできませんが、ちゃんとお腹の脂肪も落ちてくれます。

部分痩せはできないけど、運動と食事の制限をちゃんとすればお腹の脂肪は落ちるってことですね。

 

部分痩せができる可能性もあるかも?

腹筋頑張ったのに効果ないのか…。
残念…。
そう落ち込まないでください。
もしかしたら腹筋を頑張ることで部分痩せもできるかもしれませんよ。

 

部分痩せはできないと言われてきたわけですが、もしかしたら部分痩せできるかもって報告があります。*2

ローマ大学などによる報告なんですが、よく動かした部位の体脂肪が落ちやすいとのこと。

 

もちろんなんですが、摂取カロリー < 消費カロリー というのが大前提です。

摂取カロリー < 消費カロリーとなっていて体脂肪が落ちる状態の時に腹筋運動をたくさん行うことでお腹の脂肪が落ちやすくなる可能性があるわけです。

 

もしお腹を引き締めたいとお考えであれば、摂取カロリーや消費カロリーに気をつけた上でしっかりと腹筋運動を行ってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに消費カロリーを増やすために運動を行うのであれば、ランニングやウォーキングといった有酸素運動よりもHIIT(高強度インターバルトレーニング)の方が効果的です。

ぜひお試しください。

参考文献

関連記事