もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

女性は大豆を食べると骨が強くなり健康になれる

f:id:shimoshi-kentaro:20180826180955j:plain

女性に多い病気の代表として挙げられるのが「骨粗しょう症」ではないでしょうか。

骨が脆くなって折れやすくなってしまう病気です。

特に閉経後女性はホルモン量の関係もあり、骨粗しょう症になる人が多くなります。

 

もし骨が折れてしまうと生活に大きな支障をきたしてしまいます。

まあ腕の骨を折るくらいであれば何とか生活はできます。

これが太ももの骨が折れてしまうようなことがあれば大変です。

まともな生活はできませんし、長期間の入院は避けられません。

 

その間にどんどん筋肉はやせ衰え、骨が治ったとしても歩き回るのがやっとの状態に。

そんな状態では出歩くことも少なくなり、さらに筋肉は衰えて寝たきりに…。

なんてことになりがちです。

 

このような恐ろしい状態にならないためにはしっかりと骨を強化しておくことが大切です。

牛乳や小魚を意識して食べるようにしているって方もいらっしゃることでしょう。

 

最近の研究によると、そんな骨の強化のために「大豆」が良いとのことです。

 

大豆の骨に対する影響を調査した研究

閉経後の女性は骨粗しょう症をはじめ、身体活動の減少や体重増加など健康に悪影響を及ぼす危険に曝されています。

Journal Bone Reportsに掲載された研究によると、大豆製品に含まれる大豆たんぱくが閉経後女性の骨の健康や代謝に良い影響を及ぼす可能性を発見したとのこと。*1

さらに、閉経前の女性に関しても骨密度にプラスの影響を与える可能性があるとのことです。

 

研究はラットを使って行われ、

  • 若いラット+大豆ベースのエサ
  • 若いラット+とうもろこしベースのエサ
  • 閉経ラット+大豆ベースのエサ
  • 閉経ラット+とうもろこしベースのエサ

以上の4つのグループに分けて30週間の身体の変化について調査が行われました。

ちなみに摂取カロリーはどのグループも同じように調整が行われています。

 

その結果、とうもろこしベースのエサを食べたラットに比べ、大豆ベースのエサを食べたラットの骨は強いことがわかりました。

また、大豆ベースのエサが閉経前、閉経後かかわらずラットの代謝機能を改善することもわかったとのこと。

 

閉経後女性の骨の健康に大豆製品が良い

大豆が女性の骨の健康に良いということですね。

閉経後女性はどうしても骨が脆くなりがちなので、大豆製品を食べることで骨粗しょう症を予防することができるというのは大きな効果です。

おまけに大豆にはたんぱく質も多く含まれているので、筋肉の減少を防いだり、代謝を高める効果もあってとても良い食材と言えるでしょう。

 

特に日本人は大豆製品に慣れ親しんでいる方が多いでしょう。

大豆製品をいつもよりちょっと意識して摂る様に心がけるだけでも長い目で見れば大きな違いに繋がるのではないでしょうか。

 

ダイエット中の若い女性にも大豆はオススメ

また、若い女性の骨も強くなったというところもポイントです。

若い女性は「痩せたい」「ダイエットしたい」という要望を持つ人が多いでしょう。

中には食事を大幅に減らして体重を減らそうとする女性もいらっしゃいます。

 

そのように無茶なダイエットを行うと若いにも関わらず骨が脆くなってしまいます。

もちろん骨粗しょう症と診断されるほどまで脆くなることは少ないでしょうけど、若い時点で骨が脆くなっていたら閉経後はほぼ間違いなく骨粗しょう症になるでしょう。

そんなことにならない様に若い時から骨の健康には気をつけたいところです。

 

豆腐などの大豆製品であればダイエット中であっても取り入れやすいかと思います。

他の大豆製品であるおからなんかも食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエット中になりやすい便秘の予防にも効果が期待できるでしょう。

 

ついでに骨が脆くなるのも予防できて一石二鳥です。

さらにダイエット中特に大切なたんぱく質も摂ることができるので一石三鳥です。

若い女性も意識して大豆製品を摂る様に意識しましょう。

 

まとめ

大豆製品は年齢にかかわらず女性の骨の健康に良い食材です。

普段の食生活で意識して摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

きっと健康的な身体が手に入りますよ。

 

参考文献