もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

軽い糖質制限は健康に最も良いかもしれないという研究

f:id:shimoshi-kentaro:20180823161049j:plain

近年糖質制限ダイエットが流行っており、多くの人がダイエットに成功しています。

ダイエットだけでなく糖質制限食の健康効果も注目されており、糖尿病やてんかんを持つ人の食事としても取り入れられるようになりました。

 

一方、極端な糖質制限は健康を害するという声も未だに多いの事実。

昔ながらの日本食のように、摂取カロリーの6~7割は糖質で摂ると良いという声もあります。

 

さて、そんな糖質の摂取量に関してですが、最近の研究によると適度な糖質摂取が一番健康に良いとのことです。

 

糖質摂取の量と健康に関する研究

アメリカのフォーサイス群・ジャクソン群・ミネアポリス・ワシントン郡の4つの地域に住む45~64歳の15,428人の食生活と健康について調査を行ったところ、

  • 糖質摂取の割合が40%以下
  • 糖質摂取の割合が70%以上

どちらの場合も死亡リスクが高くなり、

  • 糖質摂取の割合が50~55

の場合に最も死亡リスクが低くなったとのことです。*1

さらに北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの計432,179人の食生活と健康に関するデータを分析したところ、やはり同じような傾向が見られました。

 

動物性食品ばかり食べる糖質制限はダメ!

糖質が多くても少なくても健康に悪いとのことです。

極端なことはダメってことです。

 

ただ、糖質制限の場合はすべてダメというわけではなく食べるものによって結果が全然違うようです。

牛肉・ラム肉・豚肉・鶏肉・チーズなど動物性たんぱく質&脂質ばかり摂っていると健康に悪いということです。

 

逆に、野菜・豆・ナッツなどの植物性たんぱく質&脂質を多く食べると健康に良いという結果が出ています

糖質制限が悪いというより、肉や乳製品など動物性の食品を大量に摂りまくることが悪いということですね。

 

研究者曰く

「糖質を植物性たんぱく質、脂質に置き換えることは長期的には健康を促進する可能性がある」

と述べています。

 

軽い糖質制限は万人にオススメ!

ということで、最近流行りの軽い糖質制限(通称ロカボ)は健康に良いと言えそうです。

日本人なら普段よりもちょっとだけ糖質を控えるように意識すれば良いでしょう。

それで十分健康的な食事に変わります。

 

軽い糖質制限程度であれば大きな影響はないかと思いますが、一応、糖質制限をする時には肉や乳製品ばかり摂るのではなく、豆類などの植物性の食べ物からたんぱく質を摂るように意識しましょう。

 

また、魚をしっかり食べるのも良いでしょう。

魚も動物性の食べ物ですが、魚の油は身体に良い成分が含まれているので健康に良い食べ物です。

糖質制限をする際には積極的に食べたい食べ物です。

 

ダイエットしたいってことで軽い糖質制限ではなくガッツリ糖質を制限する場合には植物性のたんぱく質と魚の摂取を意識するようにしましょう。

できれば肉と魚を交互に食べるくらいにすれば健康に役立つのではないでしょうか。

 

ただ、野菜をたくさん食べるのは良いけど、魚の調理は面倒で嫌だな…って方もいらっしゃることでしょう。

魚をさばくのも難しいですし、魚焼きグリルを使うと洗うのが面倒ですよね。

気持ちは分かるんですが、やっぱり魚は食べて欲しいところ。

 

そんな方は調理の必要がないお刺身を食べるか缶詰を買ってきても良いでしょう。

どちらもそのまま食べることもできますし、調理するにしてもそれほど手間はかかりません。

 

最近は「鯖の水煮缶」が流行っているようで、いろんな鯖の水煮缶が販売されています。

中には500円を超えるプレミアム鯖缶もあるので、いろいろと食べ比べてみても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

適度な糖質制限は健康に良い食事と言えます。

ぜひ普段から軽い糖質制限を意識してみてはいかがでしょうか。

 

しっかりとした糖質制限をする場合は肉や乳製品などの動物性食品よりも豆類など植物性の食品を食べるように意識しましょう。

また魚を食べることも健康のために重要です。

お気をつけください。

伊藤食品 美味しい鯖水煮 190g×4缶

伊藤食品 美味しい鯖水煮 190g×4缶

 

 

参考文献