もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

朝食と夕食の食べる時間を90分ずらすとダイエットできるかも

f:id:shimoshi-kentaro:20180901063816j:plain

ダイエットしたいけどなかなか続かない…。

食事制限をするとストレスで余計に食べたくなってしまう…。

 

そんな方は、朝食と夕食の食べる時間だけを変えるダイエット方法を試してみてはいかがでしょうか。 

 

朝食と夕食の食べる時間を変えたら体重は減るのか?

英国・サリー大学の研究グループは時間制限食(プチ断食の一種)による身体の変化について研究を行っています。*1

研究は、半年間体重の変動がほとんどなく(±2kg)持病のない男女13人(29~57歳)を対象に行われました。

内容は

  • 朝食を90分遅くする&夕食を90分早くする
  • いつもどおり食事をする

以上の2つのグループ分かれて10週間の変化を調べました。

食事の内容には制限をかけず、あくまで食事の時間だけを変えています。

 

結果

朝食を90分遅く&夕食を90分早くしたグループは体脂肪率が平均で1.9%減少していました。

いつもどおり食事をしたグループの2倍以上の体脂肪が減ったということです。

 

朝食と夕食の時間を変えるとダイエットできる

朝食を90分遅く、夕食を90分早くすることで体脂肪が減るということですね。

ちなみに食事の内容はいつもどおりで良いという指示でしたが、参加者の57%は食事の量が減ったり、夜のおやつが減ったようです。

研究に参加しているということでちょっとだけダイエットにやる気が出たわけですね。

 

そういうこともあって通常通りの食事をしたグループも若干体重が減ったわけですが、時間を制限したグループの方が2倍以上体脂肪が落ちたという結果になりました。

食べる時間を変えるだけで体脂肪が落ちやすくなったわけですね。

 

また、アンケート調査を行ったところ、朝食を90分遅く&夕食を90分早くしたグループは難易度が10段階中7と評価しました。

多少難しいけどめちゃくちゃ難しくはないといった感じでしょう。

 

さらに参加者の57%は仕事や家庭の事情の関係で継続するのは難しいと答えました。

家族がいたり仕事をしているとどうしても食事の時間を制限するのは難しくなりますからね。

時間的に制限のあるダイエット方法は続けにくいというのが現実でしょう。

 

ただ、逆に言えば43%の人は続けられるかもってことなので、時間的にある程度自由の効く人にとっては取り入れやすいダイエットと言えそうです。

時間がネックなのでそれが問題なければ良いのではないでしょうか。

 

また、継続が難しいって方でも、週末やできる範囲で時間の調整を行ってみても良いかもしれません。

90分は難しいから60分だけ変えてみるって感じです。

大きな効果は得られないかもしれませんが、長い目で見ると意外と効果がありそうです。

 

ちなみに過去にも食事の時間をコントロールするダイエット方法は紹介しています。

これらの記事は食事時間を8時間ないし6時間に制限するダイエット方法なので時間の制限という意味ではかなり厳しいものでした。

それに比べると朝食を90分早めて夕食を90分遅くするのは意外と簡単かもしれません。

朝6時に朝食を食べていたのであれば7時半に、夕食を20時に食べていたのであれば18時半にすれば良いわけですからね。

 

6時間ダイエットや8時間ダイエットはちょっと難しいと感じている方は朝食を90分遅らせる&夕食を90分早める食事方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献