もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

科学的に3秒ルールを検証した結果…1秒でもアウト

f:id:shimoshi-kentaro:20180916161137j:plain

日本では誰もが知っている3秒ルール。

まあ3秒とか5秒とか若干の違いはあるようですが、食べ物を落としてもその時間以内に拾えば大丈夫というルールです。

 

これって実は日本だけのルールではなく、世界的にも認知されたルールなのです。*1

ちなみにウィキペディアには「5秒ルール」として紹介されています。

またGoogleでの日本語検索では「3秒ルール」の方が引っかかりやすいようです。

 

これまでの研究では乾いた床であれば大丈夫という結果がある一方、グミやキャンディーだと5秒以下でもダメといった結果が出ています。*2

さらにブロッコリーやカリフラワーを床に落とした場合は5秒ルールは適応されず、クッキーやキャンディーの場合は適応されやすいという報告もあります。

ちなみにこのバカみたいな素晴らしい研究が認められ、2004年にイグノーベル賞を受賞しています。

 

さて、そんな3秒ルールですが、再度きっちり検証したところ「床に落ちたらやっぱあかんやろ」という結果が出ています。

 

5秒ルールを再検証

まずはルールの確認です。

バクテリアは移動するのに時間が必要なので、食べ物を床に落としても5秒以内に拾えばセーフというものです。

この5秒ルールをより詳しくより厳密に研究が行われました。*3

 

床材の条件として

  • ステンレス
  • セラミック
  • 木材
  • カーペット

以上の4つの床が準備されました。

 

また、床に落とす食べ物として

  • スイカ
  • パン
  • バターを塗ったパン
  • グミ

以上4種類の食品が準備されました。

 

テスト時間として

  • 1秒未満
  • 5秒間
  • 30秒間
  • 300秒間

以上の4つの接触時間で実験が行われました。

それぞれの条件で合計2,560回もの実験を繰り返し、雑菌の汚染について分析が行われました。

きっちり検証を繰り返したわけですね。

 

その結果、

  • 1秒未満でも雑菌は付着する
  • 水分の多い食べ物ほど影響が大きい(スイカ > バターを塗ったパン > パン > グミ)
  • カーペットが最も雑菌が付着しにくかった
  • 食べ物の種類と床の状態が大きく影響する
  • 床に落としている時間が長いほど雑菌が付きやすい

という結果になりました。

 

食べ物は床に落ちたら食べるな!

結論は簡単です。

食べ物を床に落としたら食べるな!

ってことですね。

単純です。

 

水気の多い食べ物を落としてそのまま食べる日本人はまあいないでしょう。

スイカを落としたらせめて水道水で洗うくらいするはずです。

 

ただ、個人的には気になる部分があります。

研究が行われたのってアメリカのラトガー大学です。

アメリカって土足文化なので家の中でも床はそれなりに汚れているでしょう。

 

日本での家の中の床とは条件が全く違うわけです。

日本で言えば玄関に食べ物を落として食べるのかということですよね。

さすがに私でも玄関にスイカを落としてしまったら食べずに捨てるでしょう。

クッキーを落とした場合だったらフーフーして食べるかも…。

 

ぜひ日本で普及している3秒ルール検証のため、日本の家の中と同じ条件で3秒ルールを検証し、食中毒が起きるだけの雑菌が付着するのか調べてもらいたいところです。

誰かしてくれませんかねー。

 

最後に有名なフレーズで〆ましょう。

 

3秒ルールはだめ?

なあに、かえって免疫力が付く。

※3秒ルール適応でお腹を壊しても責任は負いかねます。3秒ルール適応はご自身の責任でお願いします。

 

参考文献