もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ストレッチを6週間続けると筋力アップ&持久力ダウン

f:id:shimoshi-kentaro:20180929140612j:plain

みなさん、ストレッチしていますか?

といっても、当ブログでもストレッチに関して記事にしてきましたが、特別オススメしまくってはいませんでした。

 

運動前のストレッチはパフォーマンスは低下するし、怪我の予防には効果ないし…筋肉痛軽減効果は雀の涙程度だし…といった有様です。

むしろ運動前のストレッチはするなと言うくらいです。

 

さて、そんなストレッチに関してですが、最近の研究によると、継続的にストレッチを行った場合、筋力はアップするけど持久力はダウンすることが報告されました。

 

6週間のストレッチ効果を調査

2018年に早稲田大学などが、ストレッチを継続した場合の柔軟性・筋力・瞬発力・筋持久力への影響について研究を行っています。*1

25人の男性を

  • 太もも前の筋肉をストレッチするグループ
  • ストレッチしないグループ

以上の2つのグループに分けて実験が行われました。

 

6週間に渡ってストレッチ(静的ストレッチ)を継続して行ったところ

  • 膝の可動域の向上
  • 筋力向上
  • 筋持久力の低下

が見られました。

 

ストレッチで筋持久力は明らかに低下

6週間静的ストレッチを継続することで可動域が改善するのは当然のことですが、筋力も向上したということになります。

ただし、ストレッチによって筋持久力が明らかに低下したとのこと。

 

柔軟性が重要な競技であったり、力やスピードが必要な競技は継続的にストレッチをすると良いかもしれません。

柔軟性を高めるにはストレッチはやはり効果的ですからね。

 

逆に持久力が重要な競技をするならストレッチをしまくるのはパフォーマンスの低下に繋がる可能性が考えられます。

マラソンとかロードレースとかですね。

 

マラソンしまくっている人なんかは身体が固い人が多いのですが、競技に適応しているとも言えます。

筋肉を固くすることでマラソンにおける運動の効率を高めているのでしょう。

ストレッチをすることで適応して固くなった筋肉が柔らかくなり、持久力が低下してしまうのではないでしょうか。

 

もちろん、楽しんでマラソンに参加したりロードバイクに乗ったりする分にはパフォーマンスの低下を気にする必要はありません。

遠慮なく、好きなだけストレッチを行いましょう。

 

逆に、マラソンやロードレースでタイムタイムを狙っているという方は静的ストレッチをしまくるのは少し考えたほうが良いかもしれませんね。

この実験では筋持久力が20%も低下したということなので無視できない数値です。

むやみやたらとストレッチを行なわないようにしましょう。

 

他の研究では筋トレをしない日にストレッチをすると筋力が高まったという報告もあります。

持久力よりも筋力やパワーを必要としているのであればストレッチをしっかり行なうと良いのではないでしょうか。

ただし、運動前のストレッチはNGです。

運動前に静的ストレッチを行っても対してメリットはありません

ストレッチをするなら運動後、お風呂上がり、運動をしない日に行なうようにしましょう。

 

まとめ

継続的にストレッチを行なうと筋力アップに役立つかもしれないけど筋持久力は低下するということでした。

一般人にとってはそれほど気にしなくても良いのですが、スポーツをしている人は気をつけたほうが良いかもしれません。

 

まあストレッチも軟体動物のようにグネグネになることを目指さず、適度に行えば良いのではないでしょうか。

 

参考文献