もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ファブリーズとウェットティッシュを使っていると子供が太るかも?

f:id:shimoshi-kentaro:20181011055909j:plain

多くの家庭に置いてあるであろうウェットティッシュ。

サッと取り出してサッと拭けるので何かと重宝します。

我が家でも息子が何かと汚すので、ウェットティッシュでサッと拭くことが多々あります。

 

さて、そんなウェットティッシュですが、使っていると子供が太るかもしれないという報告がありました。

 

洗浄剤の使用と子供の肥満の関係を調査

2018年にカナダで家庭での消毒剤の使用と子供の肥満について研究が行われました。*1

研究は、カナダで妊娠中の女性757人を対象に、子供を出産、3歳になるまでの家庭環境と子供の健康状態について調査を行いました。

消毒剤の使用について市販の31種類の中からどれをどれくらいの頻度で使用しているかアンケート調査を実施。

生後3~4ヶ月時に子供の糞便を提出してもらい、腸内細菌の状態をチェックしました。

 

結果

週に1回以上消毒剤を使用している家庭の乳児は、消毒剤をあまり使用しない家庭の乳児に比べて腸内細菌叢のLachnospiraceae属の菌が約2倍に増加Haemophilus属の菌が約4割少ないことがわかりました。

さらに分析したところ、Lachnospiraceae属の菌が多いと子供が過体重・肥満になりやすくなることがわかりました。

 

他にも天然素材のエコ製品や合成洗剤の使用によっても腸内細菌叢に変化は見られたようですが、体重との関連は見られなかったとのこと。

 

ファブリーズを使っていると子供が太るかも

一般的に使われている消毒剤として

  • 手洗い洗剤
  • 万能クリーナー
  • スプレー式空気清浄剤

といったものがよく使われていたようで、

上から順に、

  • キレイキレイ・ミューズ
  • どこでも万能クリーナー(商品わからず)
  • ファブリーズ・リセッシュ

といった感じの物です。

 

毎日使っている家庭も多いのではないでしょうか。

カナダでも80%以上の家庭が週1回以上消毒剤を使用しているということでした。

さらに消毒剤というのは一部の乳幼児用のウェットティッシュも含まれます

ウェットティッシュで子供の手や口を拭くことも多いと思いますが、それが子供の肥満に関係しているかもしれないということですね。

 

まとめると、ファブリーズ・ウェットティッシュ・ハンドソープの使用で腸内細菌のバランスが変化し、それが子供の肥満に関係しているかもしれないということですね。

 

まあまだ腸内最近に関する研究は歴史が浅く、今回の結果をそのまま信じ切る必要はありません。

それ以外の家庭環境の違いによって結果は変わるかもしれません。

また、カナダと日本の違いもあるので、結果がそのまま日本でも当てはまるかは不明です。

さらに、今回は妊娠中から子供が3歳になるまでの研究でしたが、それ以降の使用や成人してからの使用はどうなのか気になるところです。

 

ただ、消毒剤の使用に多少気をつけるのは良いかもしれません。

子供のウンチで部屋が臭いからとファブリーズばかりシュッシュしまくるのではなく、窓を開けて換気をしてニオイを取り除いたり、子供がいる時にはファブリーズはしないという感じで若干気をつけることもできるでしょう。

他にも手を洗う時はハンドソープではなく石鹸を使ったり、手や口を拭く時は水だけタイプのウェットティッシュを使うなどの対策をすれば良いかもしれませんね。

 

小さなお子さんがいらっしゃる家庭は気をつけてみてはいかがでしょう。

 

まとめ

妊娠中から子供が3歳になるまでに家庭用の洗浄剤を頻繁に使うと子供の肥満に繋がるかもしれません。

きれい好きになることは悪くはありませんが、洗浄剤の使いすぎには少し気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献