もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

ビタミンDはダイエットにも効果があるかもしれない

f:id:shimoshi-kentaro:20181021102725j:plain

ダイエットのためにアレコレとサプリメントを試すという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方はビタミンDを試してみるのはいかがでしょう。

ビタミンDがダイエットに役立つかもしれませんよ。

 

ビタミンDと肥満・血糖値の関係を調査

近年ビタミンDに関する研究が数多く行われていますが、ビタミンDと肥満の関係については調べられていませんでした。

ということで、2018年にビタミンDと体重、空腹時血糖値に関する関係に関する研究が行われました。*1

アジア人33人(平均年齢30歳、67%が男性)を

  • ビタミンDサプリを摂るグループ
  • 偽のサプリを摂るグループ

以上の2つのグループに分けて16週間過ごしてもらいました。

ビタミンDを摂るグループは最初に2,500μg(100,000IU)摂ってもらい、その後は100μg(4,000IU)のビタミンDを毎日摂ってもらいました。

 

結果

ビタミンDサプリを摂ったグループは

  • ウエストヒップ比が減少
  • 空腹時血糖値の減少

という結果が見られました。

 

ビタミンDがダイエットに効くかも

ウエストヒップ比が減少したということはお腹の脂肪が減ったということです。

ということは、ビタミンDサプリメントを摂るとダイエットに効果があるかもしれないということですね。

空腹時血糖値が下がったというのもインスリンが効きやすくなっているわけですから、ダイエットにもプラスと言えるでしょう。

 

ただ、

  • 16週間という短めの研究であること
  • 33人のアジア人という参加者の少なさ
  • ウエストや血糖値に対する効果の小ささ

を考えるとまだまだ研究が必要かと思います。

 

ビタミンDはこれまで骨の健康に関係していると言われる程度で軽く見られていたビタミンでした。

ところが、最近の研究で風邪の予防といった免疫強化効果や睡眠障害との関係、産後うつなどの精神面に対する効果などが報告されており、非常に注目されているビタミンと言えます。

今回の研究ではビタミンDの摂取でウエストヒップ比や空腹時血糖値の改善効果が報告されましたが、その効果がなくても摂っておいて損はないサプリメントと言えるのではないでしょうか。

 

ビタミンDの過剰摂取?

サプリメントと聞くと過剰摂取を気にする方が一定数いらっしゃいます。

テレビなどのメディアでもサプリの過剰摂取で体調を崩した~みたいな話があったりしますよね。

 

ちなみに厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準2010年版の1日のビタミンD摂取の目安は5.5μg、耐用上限量は100μgとなっています。*2

これだけ見ると、今回の研究は上限ギリギリ、最初に摂った量に至っては完全にオーバーということになります。

サプリメントを摂ることによる過剰摂取が気になりますよね。

 

ところが、ここ数年の研究でこれらの量では全く足りていないことがわかってきており、耐用上限量も大幅に変わることが予想されます。

さすがに今回の実験初日に摂った100,000IU(2,500μg)を毎日摂ると過剰摂取で体調を崩すでしょうが、普通に摂る分には何も問題ありません。

過剰摂取に関しては全く気にしなくても大丈夫でしょう。

 

まとめ

ビタミンDサプリメントを摂ることでウエストが細くなったり、空腹時血糖値が下がるといったダイエット効果が期待できるかもしれません。

ビタミンDはそれ以外にも健康効果が報告されている栄養素です。

健康が気になるという方はビタミンDサプリメントとして摂ってみてはいかがでしょうか。

 

[海外直送品] ナウフーズ ビタミンD-3 5000IU 120ソフトカプセル
 

 

参考文献