もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

22万人の健康と4兆4500億円の医療費削減のためにソーセージ、ベーコンの値段が2倍になるかも!?

f:id:shimoshi-kentaro:20181110212127j:plain

健康と医療費削減のためにソーセージ・ベーコン・ハムなどの加工肉に対して肉税が導入され、価格が2倍以上になるかもしれません。

 

肉税の導入と健康・医療費に対する影響

赤身の肉や加工肉を食べることによって心血管疾患・糖尿病・消化器系のがんのリスクが高まることが分かっています。

ということで、オックスフォード大学の研究者は肉の価格を上昇させるため税金を導入することが健康や経済的費用にどのように影響するかを試算しています。*1

 

計算したところ、死亡率を22%低下医療費が19%削減するためには、イギリスの場合

  • 赤身の肉の値段を13.6
  • 加工肉の値段を78.9

上げる必要があるとのこと。

ソーセージ・ベーコン・ハムなどの加工肉は8割値上げということですね。

 

ちなみにソーセージやベーコンが大好きという私の勝手なイメージがあるアメリカの場合、

  • 赤身肉の価格を33.8
  • 加工肉の価格を163.3

上げる必要があるとのこと。

 

ソーセージ・ベーコン・ハムなどの加工肉の値段が2.6倍にもなるようです。

これだけ値段を上げればいくらアメリカ人でも食べるのを諦めることでしょう。

まあ、肥満大国なのでこれくらい値段を上げないと健康効果も得られないってことですね。

 

 

肉税がなくても加工肉は控え気味に

まあ実際にはこんな高額な肉税が掛けられることはないでしょうけど、それくらい加工肉が健康に対して悪影響を及ぼしているということですね。

ソーセージ・ベーコン・ハムなんかは簡単に調理ができて忙しい朝の心強い味方とも言える食材です。

 

ただ、健康のことを考えるとソーセージなどの加工肉を食べるのは控えめにした方が良いでしょう。

特に朝はパン派って方だとパン+ソーセージとかパン+ベーコンエッグとかっていうメニューになるでしょうから、加工肉を食べる機会も多いはずです。

パン派の方は要注意です。

 

私もシャウエッセンとかのソーセージをボイルしたりフライパンで炒めて食べるのが好きです。

またベーコンの塊を分厚く切ってフライパンで焼いて齧り付くのも大好きです。

ついビールを飲むペースも上がってしまいます。

 

ただ、ここ数年はソーセージもベーコンも買っていません。

健康のことを考えると控える方が良いですからね。

 

私の場合、加工肉は完全に排除するってわけではありません。

外食やみんなで集まって食べるときにソーセージやベーコンが出てきたら遠慮なく食べています。

むしろ率先して食べています。

好きですからね。

 

本来であれば控えた方が良いんでしょうけど、そこまで気にしていては精神衛生上良くないでしょうし、たまに食べる程度であれば健康に対してもそれほど害はないでしょう。

気を付けなければいけないのは加工肉を頻繁に食べることです。

週2回ベーコンを食べるだけで死亡リスクが高まったりしますからね。

 

普段はできるだけ控えるようにして、たまたま食べる機会があった時には気にせずに食べるという感じで過ごせば良いのではないでしょうか。

健康のためにぜひ加工肉に気をつけてみてください。

 

参考文献