もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

妊娠中はシャンプーやデオドラント製品に注意!?化学物質が生まれてくる子供に影響を及ぼすかも

f:id:shimoshi-kentaro:20181209102219j:plain

化学物質と思春期開始時期の関係を調査

カリフォルニア大学などの研究グループは、子供338人(少女179人、少年159人)を対象に、生まれる前から13歳になるまでの化学物質への暴露と思春期(第二次性徴)の開始時期の関係について調査が行われました。*1

その結果、女の子のみお母さんのお腹の中にいる時に化学物質に多く曝されているほど早く思春期(第二次性徴)が始まることが分かりました。

男の子には化学物質と思春期開始時期の関係は見られませんでした。

 

妊娠中の化学物質にちょっと注意

女の子のみ化学物質に多く曝されるほど思春期(第二次性徴)が早く訪れるという結果でした。

早く思春期が来るだけだったら良いじゃないのと思うかもしれませんが、早く思春期が来ることで乳がんや卵巣がんのリスクが高くなることが知られています。

 

ということで、無駄に早く思春期が来るのは控えたいところ。

特に近年子供の思春期が早まっているとのことで、周りにある化学物質と関係しているのではないかということで研究が行われました。

 

化学物質といっても何か危ないものではなく、フタル酸エステルというものやパラベンといったもので、シャンプー、香水、石鹸、歯磨き粉、デオドラント、化粧品、口紅、ヘアスプレー、スキンローションなどに使われています。

国によっては禁止されていたりもするようですが、とりあえず日常生活でよく使われているような製品に含まれている化学物質です。

 

そんな化学物質が、お腹の中にいる子供の思春期開始時期に影響を与えるかもしれないということですね。

子供の10年ほど先にまで影響を及ぼすというのは驚きです。

 

ただ、お母さんのお腹の中にいる時の化学物質と思春期開始時期に関係が見られたものの、化学物質が思春期開始時期を早めているという証拠まではわかっていません。

このあたりは今後の研究を待ちたいところですね。

 

まあ、化学物質を控えて損はないでしょうから妊娠中のママは気をつけると良いかもしれません。

といってもあまりに日常にありふれているので全ての化学物質を無くすことは無理でしょう。

 

とりあえず、汗もかかないのにデオドラントスプレーを吹きかけたり、出歩く予定がないのにバッチリメイクをしたりしないように気をつけてみると良いのではないでしょうか。

最近は「化学物質無添加」みたいな製品も増えていますので、妊娠中のママはそれらを使うと良いかもしれません。

シャボン玉 無添加せっけんシャンプー 泡タイプ 本体 520ml

シャボン玉 無添加せっけんシャンプー 泡タイプ 本体 520ml

 

 

参考文献