HIIT

HIITの効果を高めるならアミノ酸を摂ると効果的かも

短時間で効果的と今話題のHIIT。

高強度インターバルトレーニングなのでしっかりと高い強度で運動を行うことで高い効果を得ることができます。

そんなHIITの強度を高めるためにはアミノ酸を摂ると効果的かもしれません。

アミノ酸摂取のHIITに対する影響を調査

台湾・中国文化大学等の研究者らが、HIITを強度を高めるためにアミノ酸を摂取した場合の効果について調べています。*1

実験は、8人の男性水泳選手(平均年齢15.6歳、平均身長174cm、平均体重64.4kg)と8人の女性水泳選手(平均年齢15.6歳、平均身長158cm、平均体重54.0kg)の計16人。

参加者に

  • アミノ酸を摂る
  • プラセボグループ(デンプンの粉入りカプセル)

以上の2つの条件でアミノ酸もしくはプラセボを摂取して60分後に50m8本の水泳HIITを行いました。

インターバルタイムは3分で設定。

摂取したアミノ酸の内容は

  • BCAA0.085g/kg
  • アルギニン0.05g/kg
  • シトルリン0.05g/kg

の3種類です。

体重60kgの選手であれば

  • BCAA5.1g
  • アルギニン3g
  • シトルリン3g

といった感じです。

さて実験の結果、8本の平均タイムはプラセボグループに比べてアミノ酸グループで明らかに早くなりました。(30.50秒vs30.94秒)

また、16人中13人はアミノ酸を摂った場合の平均タイムが改善しました。

アミノ酸でHIITの効果がアップ

HIITを行う際にはBCAA、アルギニン、シトルリンといったアミノ酸を摂ることでハードにトレーニングを行うことができるということですね

HIITのポイントはしっかりと高い強度で運動を行うこと。

アミノ酸を摂ることで強度を高めることができれば競技パフォーマンスの向上にも繋がると考えられます。

競技パフォーマンスだけでなくダイエットにも効果的です。

ダイエットのためにHIITを行う場合も高い強度で運動を行うことで体脂肪減少効果が高まります。

アミノ酸を摂って行えば強度が高まり、ダイエットにも役立つと考えられます。

おまけにBCAAを摂ることで筋肉の分解が抑えられ、ダイエット中の筋肉の減少を最小限にすることができるかもです。

さらに、実験ではトリプトファン・BCAA比が低くなったということから、中枢性疲労が軽減される可能性があります。

身体の疲れというより脳の疲労が軽減される可能性があります。

あまりに辛いとダイエットも捗りませんが、疲労が軽減されるのであればまた頑張ることができ、結果としてダイエットも捗るかも知れません。

ということで、HIITの効果を高めるのであれば

  • BCAA
  • アルギニン
  • シトルリン

といったアミノ酸を摂ってから行うと良いかもしれません。

HIITでスポーツパフォーマンスを改善したい、ダイエットしたいという方はアミノ酸を摂ってからHIITを行ってみてはいかがでしょうか。

参考文献

関連記事
no image サプリメント

プロテインは健康に悪い?太る?骨が弱くなる?大量のタンパク質を摂った場合の身体への影響は?

2018年10月15日
もしもししもしです。
たんぱく質が大切な栄養素ってことはみなさんご存知ですよね。 私も指導中は最低でも体重1kgあたり1gのたんぱく質を摂りましょう …