もしもししもしです。

本当に役立つ健康・ダイエット情報をご紹介

血中のビタミンD濃度が高いとウエストは細くなる

f:id:shimoshi-kentaro:20181231061720j:plain

ビタミンDの長期的な摂取と体脂肪などの関係を調査

イタリア・ヴェローナ大学などの研究者らが長期的なビタミンD摂取が体脂肪などにどう影響を及ぼすのかを調べています。*1

実験はビタミンDが足りていない患者44人を対象に実施。

参加者にビタミンDを1日1750IU、1ヶ月で50,000IUのビタミンDサプリメントを摂ってもらいました。

18ヶ月間継続してもらい、体脂肪の変化等を調べました。

 

 

まず、実験スタートの時点で血中のビタミンD濃度とウェストサイズが反比例していることがわかりました。

普段からビタミンDが摂れている人のほうがウエストが細いというわけですね。

f:id:shimoshi-kentaro:20181231054110p:plain

また、ビタミンDは長期的に摂ることでもウェストサイズに影響を及ぼすようです。

実験開始6ヶ月の時点ではそれほど変化はなかったものの、18ヶ月経過時には明らかにウェストサイズが減少していることがわかりました。

特別な運動や食事制限といったダイエットを行っていないにもかかわらず、ビタミンDを摂ることでウェストが細くなったということですね。

 

ビタミンDは緩やかなダイエットサプリメント

ビタミンDを長期的に摂るとお腹周りの脂肪が減るという結果でした。

ただ、有意差はあったものの劇的に減るというわけではありません。

健康のためにビタミンDを摂っていたら、いつの間にかお腹の脂肪も減っていたって感じでおまけ程度に考えておくほうが良いかもしれません。

 

ちなみに今回紹介した研究ですが、骨に関しても調べており、ビタミンDを摂ることで血中のカルシウム濃度が増えたという結果も出ています。

特に女性は加齢とともに骨が脆くなりやすいので、ビタミンDとカルシウムをしっかり摂っておくことが大切ではないでしょうか

 

ビタミンDの摂取量に関しては近年見直されており、多くの日本人が十分ではないとされています。

私のように屋内で仕事をしている人であればほぼ間違いなく足りていません。

 

常夏の島であるハワイに住んでいる人ですら約半数は血中ビタミンD濃度が十分ではないという報告もあります。*2

となると、日本人も屋外で仕事をしている人以外はビタミンDが十分でないといえるでしょう。

 

ビタミンDが不足しているとじわじわとウエストサイズが大きくなっていくかもしれません。

ダイエットのため、肥満予防のためにはビタミンDを普段から摂るように意識してみてくださいね。

ビタミンD-3 5000IU 120ソフトカプセル (海外直送品)

ビタミンD-3 5000IU 120ソフトカプセル (海外直送品)

 

参考文献