スポーツパフォーマンス

ランニング後のプロテインでケガの予防とパフォーマンスアップに効果

プロテインって筋トレ後だけに飲むものと思っていませんか?

実は、マラソン・陸上長距離の練習後にプロテインを飲むとケガの予防やパフォーマンス向上に効果があるんです。

今回はランニングなどの有酸素運動に対するプロテインの効果についてご紹介致します。

陸上長距離選手にプロテインの飲んでもらう実験

プロテインを摂ることによる効果は非常に高く、スポーツ選手や筋トレ後に飲まれるなど多くの方が利用しています。

ただ、ランニングなどの有酸素運動に対するプロテインの効果について調べられた研究はそれほど多くありません。

 

そこで、台湾・国立台北護理健康大学の研究者らが有酸素運動に対するホエイプロテインの効果について調べました。*1

実験は国立台湾体育運動大学の男子陸上長距離の選手12人を対象に実施。

 

参加者を

  • プロテインを飲むグループ
  • プロテインを飲まないグループ

以上の2つのグループにわけて普段どおりの練習を5週間行ってもらい、プロテインを飲んだ場合と飲まなかった場合とでの変化を比較しました。

 

5週間の実験の結果、プロテインを飲むことで

  • 筋肉量が増加
  • 体脂肪量は差なし
  • 12分間走のタイム改善
  • 筋肉等身体のダメージ軽減
  • 身体の回復速度アップ

といった効果が見られました。

プロテインで持久力パフォーマンスとケガの予防に

ランニングなどの有酸素運動と併せてホエイプロテインを飲むことで、怪我の予防とパフォーマンスの向上に効果があるということですね。

 

筋肉量の増加や体脂肪量に変化がないのは予想通りです。

筋肉量の増加に伴って体重も若干増加していますが、12分間走という持久力パフォーマンステストの結果は改善しているので問題はないでしょう。

ホエイプロテインはマラソンや陸上長距離のパフォーマンス向上に効果があると言えるでしょう。

 

また、実験では運動後の血中CKやASTなどの増加がプロテインを飲むことで抑えられたということで、プロテインを飲むことで筋肉などのダメージが少なく済んだと言えそうです。

さらに、ホエイプロテインを飲むことでマラソンで上昇したCKやASTの数値の回復が速くなったとのことで、筋肉などのダメージからの回復が早くなったとも言えるでしょう。

 

ダメージも繰り返し加わるとケガに繋がる恐れがあります。

回復が遅れてダメージが積み重なることでもケガに繋がります。

プロテインを飲むことでランニングなど有酸素運動を行うことによるケガの予防に効果があると言えそうです。

 

ということで、プロテインは筋トレをする人だけの飲み物ではなく、マラソンや陸上長距離など持久系競技の人にとっても有効な飲み物と言えるでしょう。

陸上長距離選手や、マラソンのために普段からランニングをしているって方はホエイプロテインを飲むようにしてみましょう。

きっとパフォーマンスが改善し、ケガもしにくくなることでしょう。

参考文献

関連記事
スポーツパフォーマンス

プールでのプライオメトリクストレーニングでジャンプ力が上がるが筋肉や関節への負担は少ない

2019年5月24日
もしもししもしです。
スポーツパフォーマンスを高めるトレーニングの代表として プライオメトリクストレーニング が挙げられます。 プライオメトリッ …