もしもししもしです。

エビデンスに基づいた筋トレ・ダイエット情報

朝食をしっかり食べると代謝が上がっておやつも減る

f:id:shimoshi-kentaro:20200311051535j:plain

ダイエット中は朝食をしっかり食べなさい

そんな言葉を聞いたこと見たことのある方は多いでしょう。

ただ、なぜ朝食をしっかり食べた方が良いのか考えたことのある方は少ないでしょう。

 

というわけで、今回は朝食をしっかり食べた場合と夕食をしっかり食べた場合とでの違いについて調べた研究を紹介します。

 

朝食多め vs 夕食多め

ドイツ・リューベック大学の研究者らが、食事のタイミングや摂取カロリーの違いによる食事誘発性熱産生(DIT)にどう変化が現れるのかを調査しています。*1

食事誘発性熱産生っていうのは食事をすると一時的に代謝が上がる反応のことで、食事をすると身体が温かくなったりするアレですね。

 

研究は16人の男性を対象に

  • 3日間低カロリーの朝食&高カロリーの夕食
  • 3日間高カロリーの朝食&低カロリーの夕食

という生活をしてもらいました。

1日の摂取カロリーはどちらも同じで、朝食をたくさん食べるか、夕食をたくさん食べるかで比較したわけですな。

ちなみに3日間は研究室内で缶詰状態です。

 

結果

さて、実験の結果ですが、同じ摂取カロリーであっても、朝食をたくさん食べた場合は夕食をたくさん食べた場合に比べて食事誘発性熱産生が2倍になりました。

また、血糖値やインスリン濃度も朝食をたくさん食べた場合の方が少ないという結果が見られました。

さらに、朝食をあまり食べなかった場合は空腹感、特に甘いお菓子への欲求が増加しました。

 

ダイエットしたいなら朝食は多めに食べましょう

というわけで、1日の摂取カロリーが同じであれば朝食を多めに食べる方がダイエットにも健康にも良いってわけですね。

食事誘発性熱産生によるカロリー消費は運動した時ほど多くのカロリーを消費するわけではありませんが、食事は毎日のことなので馬鹿にできません。

塵も積もればなんとやらってことで、長い目で見れば体重に大きな差が現れるでしょう。

 

また、ダイエットの大敵とも言えるおやつ。

空腹感に負けてついおやつに手が伸びてしまうという方も少なくないでしょう。

朝食をあまり食べないと空腹感が増してしまいますし、甘いおやつに対する欲求も増加してしまいます。

 

空腹感や甘いおやつへの欲求に負けない強い精神力をお持ちの方であれば問題ありませんが、そんな強い精神力を持っていればそもそも太っていません。

ということで、朝食を控えるよりもしっかり食べるほうが空腹感とおやつが減って良いかと思います。

 

 

ダイエット中は朝食を食べなさいって言われることがありますが、なかなか的を得た言葉かと思います。

ダイエット中の方は朝食はしっかり、夕食は少なめに食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

注意点としては朝食をしっかり食べれば良いだけではなく、朝食をしっかり食べたぶん夕食を減らすってことですからね。

朝食も夕食もモリモリ食べたら痩せませんのでご注意ください。

 

参考文献