サプリメント

初心者のための失敗しないプロテインの選び方

f:id:shimoshi-kentaro:20170417195242p:plain

最も有名なサプリメントのひとつであるプロテイン。

直訳すると「タンパク質」という意味になり、タンパク質を補給するためのサプリメントです。

以前はスポーツマンとかボディービルダーとかが飲むイメージでしたが、最近では一般の方も飲まれるようになってきました。

 

最近は

プロテイン女子

なんて言葉もあるくらいで、プロテインを積極的に摂る女性が増えているとか。

 

さて、いざプロテインを飲もうとスポーツショップに見に行ったのは良いけど、

「どれを選んだら良いのかわからない…」

という方も多いのではないでしょうか。

 

プロテインはいろんなメーカーから出ていますし、そこからさらに原材料、濾過具合、添加物などの関係で物凄い数のプロテインが売られています。

これからプロテインデビューするって方にとっては、あまりにたくさんありすぎてよくわからないことになっています。

 

プロテインに慣れている方は購入するメーカーや製法を決めていたりすることもありますが、プロテイン初心者には難しいかと思います。

聞いたこともないメーカーよりも、聞いたことのあるメーカーを選んだり、目的別プロテインみたいな物を選ぶことが多いのではないでしょうか。

 

そんなプロテイン選びに悩んでいるプロテイン初心者のためのプロテインに関する解説と選び方をご案内致します。

 

プロテインとは?

「こいつ絶対プロテインやってる」

というネットスラングがあるようですが、プロテインは筋肉増強剤ではなくただのたんぱく質です。

肉や魚に含まれている栄養素ですね。

プロテインを飲むことでたんぱく質を摂っているわけです。

じゃあなんでみんなプロテインを飲んでいるの?

肉とか魚を食べても良いんじゃないの?

と思いますよね。

 

プロテインを摂るにはちゃんと訳があります。

肉や魚ではなくプロテインを飲む理由についてご紹介しましょう。

 

プロテインはカロリーが低い

肉や魚にもたんぱく質は含まれていますが、それらを摂ると同時に脂肪を摂ることになります。

鶏のささみなど一部の肉や魚にはほとんど脂肪は含まれていませんが、それ以外の食材にはどうしても脂肪は含まれています。

 

それによって余計な摂取カロリーが増えてしまうという問題が出てきます。

脂肪を摂ることでどうしても摂取カロリーが増えてしまいます。

特にダイエット中は摂取エネルギーに気をつけなければいけないわけですが、肉や魚を食べるとどうしても脂肪も摂ることにつながり、摂取エネルギーが増えてしまいます。

 

多くのプロテインの原材料は乳清というチーズを作る際の残りカスみたいなもので、そこから余計な脂肪を取り除いて作っているのでプロテインには脂肪はほとんど含まれません。

そのためプロテインを摂る場合、肉や魚に比べると摂取カロリーを低く抑えることができます。

ダイエット中のたんぱく質補給もプロテインなら安心というわけですね。

 

脂肪が少なくて摂取カロリーを抑えることができるのが肉や魚ではなくプロテインを飲む理由のひとつですね。

 

プロテインは消化吸収速度が速い

たんぱく質を一番摂りたいタイミングとして運動直後が挙げられます。

プロテインのパッケージに書かれた飲み方にも書かれているプロテインを飲むオススメのタイミングです。

筋トレの直後は筋肉発達のためのゴールデンタイムと呼ばれているタイミングです。

運動後は筋肉の修復や強化をしようとしているので、材料となるたんぱく質の必要量が増えます。

 

ここで筋肉に栄養を送り届けることで筋肉を効率よく発達させることができます。

そのため、運動後はできるだけ早く、材料であるたんぱく質を筋肉に送り届けることが大切になってきます。

 

ただし、運動直後は胃腸への血流量が減少しています。

普通に肉や魚を食べても消化吸収に2~3時間掛かってしまったりするのですが、運動直後だとさらに時間がかかってしまいます。

 

ガンガン運動した直後にステーキを食べることを想像していただくとイメージしやすいかと思います。

想像するだけで胸がムカムカするのではないでしょうか。

確かに運動直後にお肉ガッツリはちょっと…

 

それに比べてプロテインは消化吸収がとても良いんです。

そのため、運動直後であっても胃腸への負担を抑えることができ、かつ素早く消化吸収されることで速やかに筋肉まで栄養を送り届けることができます。

運動直後のたんぱく質補給には、プロテインが良いってことになります。

 

トレーニング直後であっても胃腸に負担を掛けずに素早く消化吸収ができるというのが肉や魚ではなくプロテインを飲む理由のふたつめです。

 

プロテインの選び方

肉や魚ではなくプロテインを飲む理由について紹介を致しました。

ここからはプロテインの選び方について紹介しましょう。

 

1.ホエイプロテイン一択!

さて、プロテインの選び方です。

プロテインといってもホエイ、ソイ、カゼイン、エッグなどいくつも種類があります。

 

さらにホエイの中にもWPC、WPI、WPHと種類が分かれています。

さらにさらにメーカーや味や目的別に分かれていたりするので、わけのわからないことになってしまいます。

 

ということで、初心者の方はまずホエイプロテインを選びましょう。

プロテイン初心者は、他のソイとかカゼインとかは気にしなくて構いません。

下手にこだわりだすと余計に迷うことになります。

ホエイプロテイン一択です。

 

また瞬発力系とか持久力系とか子供向けとか増量用とかの目的別に分かれているプロテインなんかも売られていますが、この記事をご覧の方は無視しましょう。

大抵は中途半端に余計な物を添加しているだけで、どう考えてもコストパフォーマンスが悪くなっています。

 

単純に「ホエイプロテイン」って書かれているものにしましょう。

 

ホエイプロテインは他のプロテインに比べて消化吸収が速いだけでなく、含まれているアミノ酸のバランスも優れています。

他のプロテインに比べてホエイプロテインにはロイシンというアミノ酸が多く含まれています。

 

近年このロイシンというアミノ酸が筋肉の発達に大切であることがわかってきています。

そのロイシンを多く含むホエイプロテインを選んでおけばとりあえず問題ありません。

 

また、プロテインの中でもホエイプロテインが最も流通量が多いこともあり、値段も手頃なものが多くなっています。

プロテイン初心者は効果も高くて手頃であるホエイプロテインを選べばまず間違いありません。

というか、筋トレ上級者であっても基本はホエイプロテインと言えるほどホエイプロテインはオススメのプロテインです。

 

2.初心者は高い物を選ぶな!

とりあえず、筋肉を発達させる効果が高く、他のプロテインよりも価格が手頃なホエイプロテインを選ぶことは決まりました。

では、ホエイプロテインを買うためにネットで検索したり、スポーツショップのサプリメントコーナーを見てみましょう。

すると、同じホエイプロテインって書いてあるのに値段に大きな差があることに気づくかと思います。

値段が倍くらい違ったりするよね

 

メーカーによって値段が違うのはメーカーのブランド戦略とかの関係であえて高めの値段設定をしている場合もあります。

結果にコミットすることで有名な会社が出しているプロテインなんかは普通に1kg弱で6,000円くらいします。

対する私が最近購入したプロテインは2.5kgで5,000円以下です。

ぶっちゃけ中身はほとんど変わりません。

 

また、同じメーカーなのに値段が全然違う場合もあります。

そんな場合も初心者の方はとりあえず安いホエイプロテインを選ぶようにしましょう。

 

実はホエイプロテインはヨーグルトの上澄み液を濾過したものなんですが、その濾過具合で価格が違ってきます。

  • 普通に濾過したものをWPC(ホエイ・プロテイン・コンセントレート)、
  • めっちゃ濾過してものをWPI(ホエイ・プロテイン・アイソレート)

と分かれています。

 

もちろんめっちゃ濾過したWPIの方が価格も高くなります。

めっちゃろ過したWPIの方がさらにカロリーは低く、消化吸収も速いという特徴があるんですが、初心者の時期からそこまで気にする必要はありません。

初心者には普通にろ過したWPCで十分です

 

WPCよりWPIの方が消化吸収が速いといっても、WPCであっても他のプロテインより消化吸収は十分速いですからね。

コスパを考えれば普通にろ過したWPCで十分です。

 

手頃な価格のプロテインを手に取り、裏のラベルをご覧いただくと原材料に「WPC」って書かれていると思います。

それを選ぶようにしましょう

 

初心者はホエイプロテインの中でも安いWPCを選ぶようにしましょう。

 

3.美味しそうな味を選べ!

プロテイン初心者はWPCっていうホエイプロテインを選ぶことは決まりました。

あとは味とメーカーです。

  • どんな味のプロテインを選ぶのか?
  • どこのメーカーのプロテインが良いのか?
  • 有名なメーカーの方が良いのか?
  • よく知らないメーカーでも良いのか?

といったところを選ぶことになります。

 

まずメーカーに関してはどこのメーカーでも構いません

原材料に関してはどのメーカーも一緒なので大した違いはありません。

先述のようにブランドイメージとかで値段が変わったりするくらいです。

 

続いて味(フレーバー)は美味しそうな味を選びましょう。

プロテインはある程度続けることが大切です。

たまに飲む程度では何の効果もありません。

 

まずいプロテインを掴んでしまうと飲み切るのも苦痛になってしまいます。

私のまわりでもプロテインが不味くて結局飲まなくなって捨てたって方が結構いてます。

 

味に関してはメーカーによって大きな差がありますので、下調べをしてから買うほうが良いでしょう。

気になるフレーバーに関してまわりの声やネット上での口コミなんかを調べ、できるだけ美味しいプロテインを選ぶようにしましょう。

 

ただ、味の好みは人それぞれなので最終的には自分で飲んでみるしかありません。

メーカーによってはお試し用として1回分だけパックされたプロテインなんかもあります。

割高にはなりますが、ハズレを引いてしまうことに比べるとマシなはずです。

お試し用プロテインでいろいろ飲んでみて、自分好みのプレーバーを探してみるのも面白いかと思います。

 

完全に私の独断と偏見になりますが、バニラ系の味はアイスクリームのバニラ味を期待していると物凄くガッカリすることになります。

ストロベリー味なんかもジュースのストロベリー味を期待してはいけません。

逆にコーヒー系の味はハズレ率が低いように感じます。

 

あと、最近は「なんちゃらクッキークリーム味」とか「なんとかレアチーズケーキ味」みたいな味のプロテインもあります。

実際に美味しい物も多いのですが、どうしても飽きてしまいがちです。

飽きずに毎日飲みやすい味を探すと良いでしょう。

 

 

あといきなり大量に買うのは止めておきましょう

これ重要です。

 

大きいサイズの方が割安でつい大きいサイズを買ってしまいがちですが、初めて買うフレーバーの場合は要注意です。

もしそのプロテインの味がお口に合わない場合や、後述の体質によって合わない場合は飲むのが苦痛になってしまいます。

 

私も以前10kgのプロテイン、しかもソイプロテインを買ったことがあるのですが、あまりの不味さに閉口してしまいました。

味付けをしていない10キロ1万円くらいの格安プロテインだったから仕方ないといったら仕方ないんですけど…。

「マッ●シェイクの濃厚大豆味」みたいな味で、10kg飲みきるのが苦行となってしまいました。

 

私の様な苦行を味わいたくない方は、まずは無理なく飲みきれそうな量を選び、大丈夫であれば大きいものを買うようにしましょう。

もちろんどんな味でも我慢して飲めるという精神力のある方は大きいサイズの方がお得なので選んでも良いでしょう。

 

とりあえず、プロテイン初心者は美味しそうなフレーバーのホエイプロテインを少なめの量で買うと良いでしょう。

 

4.プロテインで下痢になる人はWPIの選択も

ここまででホエイプロテインの美味しそうなフレーバーの物を買えば良いということはわかりました。

ところが実際に飲み始めてから

  • お腹がゴロゴロする
  • 下痢してしまう
  • やたらとガスが溜まる

といった症状が出る場合があります。

 

気にするほどでもない場合はそのまま続けていただいても構いません。

しばらく飲み続けて身体が慣れてきたら平気になることもよくあります。

ただし、お腹の調子がピーピーゴロゴロとひどい場合はWPCが体質的に合っていない可能性があります。

 

普通に濾過したWPCには乳糖が含まれます

牛乳を飲むとお腹を下すって言われるのは乳糖によるものです。

 

日本人は結構な割合で乳糖を分解する酵素の働きが低い、もしくは持っていなかったりします。

乳糖が分解できなくて先述のような症状が出てしまったりします。

 

そんな方は、めっちゃ濾過してあるWPIを選ぶようにしましょう。

ホエイプロテインの高い方のやつですね。

ラベルにももちろん書いてあります。

 

WPIはめっちゃ濾過をしているので乳糖はほとんど含まれていません。

乳糖不耐症の方でもこれならお腹ピーピーにならずに飲むことができます。

 

WPIの選び方はWPCと同じで、好きなメーカー、好きな味を選んでOKです。

ただ、残念なことに流通量はWPCよりも少なく、フレーバーの種類が少なかったり、割高だったりします。

そこはお腹のゴロゴロ感と相談して選ぶと良いでしょう。

 

ホエイプロテイン(WPC)を飲むとどうしてもお腹を壊してしまうって場合のみWPIというしっかりとろ過したプロテインを選ぶと良いでしょう。

 

5.それでも下痢する方はソイプロテインを

f:id:shimoshi-kentaro:20170418053941j:plain

「WPIにしたけどお腹ピーピーや。」

って方はホエイプロテイン自体が合わないのかもしれません。

体質は人それぞれですからね。

そんな方はソイプロテインを選びましょう。

 

ソイプロテインは大豆を原料としたプロテインで、ホエイがお腹に合わないって方でも安心して飲んでいただけます。

飲んでお腹ピーピーになることもないでしょう。

 

ただ、ホエイに比べると味が悪くなりがちというのがデメリットです。

どうしても大豆っぽい味が舌に残ってしまったりします。

 

そのため、味選びには気をつけましょう。

初心者の方は間違っても味付け無しを選んではいけません。

 

 

ソイプロテインは基本的にオススメすることはありませんが、ホエイプロテインを飲むとどうしても下痢になってしまうという場合はソイプロテインを飲んでも良いかもしれません。

ただ、味に関してはどうしても悪くなってしまうのでそこは我慢しましょう。

 

初心者のプロテイン選びまとめ

 

初心者のプロテイン選び方まとめ
  • ホエイプロテインを選ぶ
  • 安いWPCを選ぶ
  • 美味しいて飽きにくい味を選ぶ
  • 最初は少なめの量を買う
  • WPCで下痢する場合はWPIを選ぶ
  • WPIでも下痢する場合はソイプロテインを選ぶ

といった感じです。

プロテインを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

プロテインを買うならココ

マイプロテイン

紹介コード入力で500円割引されます。

紹介コード:QN4D-R1

届くまで若干時間がかかりますが、安くプロテインを買えるのでオススメです。

関連記事
no image サプリメント

プロテインは健康に悪い?太る?骨が弱くなる?大量のタンパク質を摂った場合の身体への影響は?

2018年10月15日
もしもししもしです。
たんぱく質が大切な栄養素ってことはみなさんご存知ですよね。 私も指導中は最低でも体重1kgあたり1gのたんぱく質を摂りましょう …